愛機V-MAX1200が逝ってしまったのは、過去記事の通りです。
先に経過報告。

俺の新しい相棒の
アフリカツイン アドベンチャースポーツが、6月某日ようやく納車となりました!!
P6240206
顔立ちがデストロイヤーみたいで、カッチョイイ~っす。(笑)

貰い事故で簡単にコイツへの買い替えを考えた訳では無い。
V-MAX1200には、俺なりの強烈な拘りがあった。

二個一車輛を製作するに当たって、自分なりの積算を行いました。
保険屋のロクでもない支払い補填分以外が、自分の手出しだけど、積算結果は、かなりの手出し金額が必要でした。
嬉しかったのは、V-MAX1200から1700へ買い替えた人間が、1200の車輛を無償提供するって言ってくれた事。
気持ちは凄くありがたかったけど、タダで譲り受ける訳にはいかないし、彼も1700への購入資金に補填しなきゃイカン訳だしね。
V-MAX1700は、1200と違って受注生産だったし、販売期間がかなり短かったので、中古でもそれ相当な購入金額になります。
提示してくれたV-MAX1200車輛が、保管されてる遠方の倉庫まで見に行きました。
俺のは2003年式で、彼のは2000年式。
型落ちだったけれど、程度はかなり良かったし、このバイクならば最低限この金額を払わなイカンという自分なりの見立てが、ありました。

俺は、良くも悪くも
完璧主義者だからね・・・。(苦笑)
どうせ二個一車輛を製作するならば、事故以前の物を求めようとします。
そうした結果、積算の手出しが、かなりの金額になったんです。

だから、
苦渋の決断だったけど、諦めて廃車にする事にしました。
改めて嬉しかったのは、自分のV-MAX1200車輛を提示してくれたS君!!
残念な結果にはなったけど、感謝以外の何物でも無いよ。
本当にありがとう!!
それと車輛引取りに当たって純正リヤホイールの無償貸出しとオークション後の車輛を引き取ってくれたI君、その他V-MAXオーナー、俺にアドバイスを頂いた全てのバイカーに感謝です。

廃車決定後の決断は早かった。
何故、アフリカツインなのか?
それは、下記の
過去記事を参照してください。
http://oboucyama.livedoor.blog/archives/303608.html

今、漠然と妄想しているのは、海外をロングツーリングする事。
どこまでも広がる大草原、砂漠、岩漠地帯を延々と走ってみたい。
海外ロングツーならば、テント泊も必要で、積載量が求められる。
オフロードバイクの選択は必須、尚且つ積載量が求められるならば必然としてこう言ったビッグオフのカテゴリーになると思ふ。

若い時分には、この手のビッグオフには、1mmたりとも興味が無かった。
だけど人間の趣向性なんか、年齢と共に変わって来るね・・・。(苦笑)

長くなるので、このバイクのインプレッションは、また改めて書きます。
取り急ぎ、乗り替えのご連絡まで。
P6240204
いつの日にか、コイツで海外のロングツーに出てやろう!! と
妄想しとります。(笑)