ハイ、長引く中国武漢ウィルスのおかげで、宿が暇過ぎてネタが無いので、以前にやったメンテでも上げておきます。

エアフィルターを社外品のK&Nへ変えました。
P2130573

このバイクは、一応ダートも走る事を想定して設計された筈だけど、エアフィルターが何故か乾式・・・。
土埃の中を走ったりする事を考えてないのかね?
乾式フィルターの清掃はエアガンで吹き飛ばすのみ。
左)純正乾式フィルター 右)K&Nリプレイスメントフィルター
P2130567
V-MAXの時も、このK&N
リプレイスメントフィルターに変えてました。
これはクリーニングキットを使えば、何度でも使えます。

クリーニングキット
P2130565
このクリーニングキット、V-MAXを廃車にした際に他のV-MAXオーナーにあげてしまったけど、取っておけば良かった・・・。(苦笑)
まさかアフリカツインのエアフィルターが、乾式とは思いもしなかったのでね・・・。
まぁ、そんなに高い物では無いので、良いです。

このバイクのエアフィルターは、何とタンクの下に左右2箇所・・・。
P2130574
オフロードバイクは、通常シートの下にあって、湿式フィルターです。
清掃をマメにする箇所なので、通常はその位置でしょう。
して、タンクを外すのにカウルもバラさなければなりません・・・。
以前に何度も書いたけど、このバイクは恐ろしく整備性が悪い
で、色々ググってみても、タンクの外し方は、どこにも上がってないので、一応上げておきます。
ご参考までに。

カウルを外す為に、まずはクラッシュガードをズラします。
P2130551
わざわざクラッシュガード外さなくても、こういう風にズラせば、カウルは外せます。

してカウルばらし。
P2130552
このカウルがパズルの様で、バラすのに恐ろしく時間が掛かります。

カウルばらしは、この動画が分かりやすいです。

やっぱ動画は、分かりやすいね。
上げてくれた方に感謝!!

ようやく、ココまで。
P2130553

お次は、タンク。
まずは樹脂カバーの取り外し。
赤丸部分を突ついて外します。
P2130594

このタイプの樹脂ホルダーは、カウルにも相当数使われてますな。
P2130593

今度は、シートを固定する金具の取り外し。
赤丸部分のM10ボルト×2
P2130557
外すのはボックスレンチで難なく外せますが、ボルトを斜めにネジ込んで行くので、付ける時は梃子摺ります・・・。

して、タンクを固定しているボルトに、ようやくご対面!!
赤丸部分のM10ボルト
P2130590

ガソリンホース3本電装カプラ2本を取り外せば、タンクは外せます。
赤丸部分が、インジェクションにいってるメインホース。
P2130559
画像では、白い部分を下にスライドさせてますが、白い部分を上に押しながら引き抜きます。
外し方が分からずに画像付きでディーラーに聞きました。(苦笑)

こちらのドレーンホース2本は、難なく外せます。
P2130577

外したカプラ。
P2130578
最近のバイクのカプラって、爪がどこなのか分かり辛いです・・・。
昔の電装カプラの爪は目視で、直ぐにそれと分かりますが、このカプラはパッと見では、爪の位置が全く分かりません。

タンクは左右2箇所で引っ掛かっているので、手前にズラせば外れます。
ココは、一般的な形ですな。
P2130588

ようやく外したタンク。

P2130581
恐ろしくデカい。(笑)

両左右のエアクリーナーで吸った空気が真ん中に集められて、インジェクションへと。
P2130582

タンクは外さなくても、こうやってズラすだけで、エアフィルターの取り外しはできます。
まぁ一度は、タンク外しておこうかと今回実施。
P2130561

エアフィルターダクトは爪で引っ掛かっているので、車体の前方へ押し込めば外れます。
P2130560

植物の種やらトンボが吸い込まれてたけど、さほど汚れてないね。
P2130568

はい、サクサク交換。
P2130573

エアフィルターカバーには、K&Nフィルターの注記ステッカーを貼り付けます。
P2130575
捨てるな、洗える、再利用可能なエアフィルターと書いてます。(笑)

前述してますが、エアクリーナーの取り外しはタンクを外す必要は無く、ズラすだけで行けます。
以上、どなたかのお役に立てれば、嬉しいです。

さて、次はタイヤ交換とプロでも嫌がるアフリカツインのプラグ交換やな。(笑)
一通りは、自分でやっておかないと。
とある事を計画中。(笑)