チューブレス化&ブロックタイヤ装着後の本日試走。
定番所にて。
PC230394

の前に昨日の続きから。
タイヤ前後取り外しに当たって、フレームスタンドを使用。
PC220372
フレームスタンドを使用するに当たって、スキッドプレートを外してました。

前回交換から、まだ3000km走って無いけど、スキッドプレート取り外してたので、ついでにオイル&オイルフィルター交換を実施。
PC220382
ドレーンボルトが2箇所有るので、相変わらず面倒臭いです。
今回は、オイルフィルターも交換なので、3箇所からオイルが出てきます・・・。

前回オイルを抜き切れておらず、アッパーレベルを超えていた教訓を活かして、ある程度オイル抜いた後にセンタースタンド外して、車体を傾けてキッチリ抜きます。
PC220383
この状態ならば、オイルぽい捨てパックがダイレクトに使えますが、センタースタンド外すとローダウン車なので、箱の外からオイルがダダ漏れ・・・。
面倒だけど、オイルパンで受けてから廃油パックに移し替えた方が良いね。
次回からは、そうします。

銘柄は、前回同様にコレ。
PC220384
オイルフィルター交換無しで3.9L、交換有りで4.0L。
今回はフィルター交換したので4.0Lで、新品購入ならば、このまま入れれば良いです。
ただ入れにくかったので、オイルジョッキに2.0Lずつ分けて注入する事に。
これって、新品未開封で容量4.0Lの筈だけど、オイルジョッキで計量した結果、実質3.8L弱しか入ってない・・・。
キッチリ抜いたので間違い無いと思うけど、コレって良いのか?(苦笑)
オイル補充⇒暖機⇒放置5分で、レベルゲージで確認した結果、今回はLOWERレベルとUPPERレベルの中間だったので、結果オーライとします。(笑)

して、本日試走!!
知覧ゆとり館にて。
PC230389
ここは、ランチバイキングやってます。
税込¥1100とお安く、デザート、コーヒー/お茶/ソフトドリンクも飲み放題で、お薦めです。

茶畑の中にあって、開聞岳も望めます。
PC230391

ブロックタイヤは見栄えが良いね。PC230390
宿を出た直後、メッサ滑ってました・・・。
新品タイヤのワックスに依る物かと思ったけど、それにしても滑る・・・。
危ないんで、トラコンを最大限に上げて、そのまま試走。
タイヤワックスではなくて、恐らくは昨日オイル交換の際にブチ撒いたオイルがタイヤに付着してた様です・・・。

皮むき後は、全く問題無し。
ランチバイキング後は、定番のホームコースでココへと。
PC230395

ブロックタイヤと言っても、ブロックが低く、且つ間隔が狭いので、オンロード走行には何の問題もありません。
ロードノイズも全く気にならず、倒し込んでもオンロードタイヤと遜色なくグリップします。
PC230392

場所を変えて坊津手前の立入禁止区域へと。(笑)
PC230399

このブロックタイヤは、かなりオンロード寄りです。
PC230403
9割以上がオンロードで、1割弱がオフロードなので、これは意図した通りです。
ビッグオフ向きのブロックタイヤと言えるでしょう。

今回は、オフロード走行はしませんよ。
前回ロングダート走行後に洗車したばかりなので、汚したくなかったんです。(笑)
PC230401
年明けにオフロード走ってみて、またインプレしましょう。
ただ、これだけブロックが低くて、ブロック間隔が狭いので、ヌタヌタのマディやフカフカのサンドなんかは、無理やと思います。
排泥性が多分良くないだろうね。

最終休憩ポイント 池田湖えぷろんハウスにて。
PC230404

オンロードでのインプレは以上です。
オフロード走行でのインプレは、また年明けにしますね。
PC230405

チューブレスキット
OUTEXについて。
記載通り、タイガー800XC/KTM990AD/CRF1000アフリカツイン 用です。
PC170363
スポークホイール(チューブタイヤ)のチューブレスキットとして、凄いラインナップが、あります。
国産ならば、殆どの車種をカバーしてるし、外車のラインナップもあります。
だけど、欠点は昨日書いた通りでね。
アフリカツインの様にオフロードバイク向けの物もありますが、このキットはオンロードバイク用だと思う。
オフロードバイクの場合は、スポークに掛かる負荷が相当に大きいので、恐らくは短期間でエアー漏れするのではなかろうかと思います。
エアー漏れの耐久性が、どのくらいあるかは、分かりません。
本当は、別の物でチューブレス化しようと考えてました。
適合せずに諦めましたが、オフローダー必見の画期的な物。
こんな良い物が、何故かあまり普及してません。
って事で、
オフローダー必見、乞うご期待!!
これについては、また後日改めてブログアップします。


してチューブレス化に伴って、こんな物を装着してみました。
エアモニバイク
PC230414
空気圧とタイヤ温度をモニタリングできて、スローパンクも直ぐに発見できます。

フロントタイヤ用センサーA
PC230411

リヤタイヤ用センサーB
PC230412
センサーにフロント用A、リヤ用Bの記載があるので、そのまま取付。

レシーバー。
PC230413
取付は、至って簡単!!
オフロードバイクでチューブレス化した場合には、付けておいた方が良いと思います。
お高いですけどね・・・。
ほぼ、全てのバイクにポン付けできます。