宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2018年06月

先日のスマホ ホルダーの具合を確かめるべく、本日ソロツーへと。
あと、南薩のホームコースを先導せなイカンので、その下見も兼ねてます。

曇り空で、ココで初めて逆光じゃない写真撮れた。(笑)
イメージ 1


スマホ ホルダー付けた後に各方面から、ご指摘受けまして・・・。
固定バンド付けてないと、スマホが飛んでいってしまうそうです。
それは、イカンなぁと、バイク用品店で、こんな物を購入。
イメージ 2
頂き物のRAM MOUNTS専用の携帯バンドです。
ただのゴムバンドだけど、専用品なんで、高いね・・・。(苦笑)

コレ本当はホルダー本体の裏から携帯を止めるんです。
本来の付け方は、こうでは無いけど、着脱が面倒よね?
イメージ 3

んで、こうやって携帯だけ固定して様子見る事にしました。
裏面
イメージ 4

正面
イメージ 5

右側面
イメージ 6
俺の携帯は、右側面に画面ONボタンが、あるので、ココは避けます。

左側面
イメージ 7
こちらは、充電用のマイクロUSBが、あるので、同じくココも避けます。

こんな感じで装着
イメージ 8
バンドとホルダーのゴムマウントの4つ全てが当たる様にしたかったけど、上述の通り、上の2箇所は、こうやって逃がさないとダメでした。

結果は、速度出しても、ギャップに乗っても、未舗装路走っても、全く問題無しでした。
携帯バンド自体要らないカモしれません・・・。(苦笑)
今度、バンド無しでトライしてみましょう。

して、アプリの方は、確かに使えるんだけど、コレってブルートゥースと併用しないと意味が無いです・・・。
じ~っと画面見続ける訳にはイカンしね。(苦笑)
インカムも安いチャイナ製が沢山出てるけど、周りのインプレ聞くと、やっぱりB+COM(ビーコム)が、良いみたい。
信頼の日本製やしね。
だけど、価格が高過ぎる・・・。
導入は、しばらく見送りやね。

して、先導予定の昼食場所へと。
野間池 磯
イメージ 9
定休日でした・・・。(毎週水曜定休日)
しばらく大将の具合が良くなかったみたいで、ひょっとしたら閉鎖してるかと思いきや、営業していて一安心。
丁度、大将が出て来たんで、予定日と人数を確認したら、10人以上ならば、受けられないとの事でした・・・。
養殖物は一切出さずに、天然物オンリーなんで、直前ではないと漁の具合が、分からないかららしいです。
悪気は無いんだろうけど、ココの大将いっつも無愛想でね。(笑)
別に機嫌が悪い訳では無くて、昔ながらの職人気質なんですよ。
俺は、何度も行ってるんで、慣れっこです。(笑)
さて、予定日の昼食処は人数次第やね、どうしたものか?
主催者に、確認しておきましょう。

お次は定番のココへ。
イメージ 10
今日は、梅雨らしい天候でした。
晴れ予報だったけど、一発目の指宿スカイラインでは、濃霧&小雨・・・。
それから、走行中に何度かパラパラとね。
走ってると、それほど暑さを感じなかったけど、一旦止まると、湿度がまとわり付いてきて、汗が噴き出してきます。

山の方は、どんよりとした雲が、掛かってますな。
イメージ 11

小雨に遭ったり、止んだりと今日は終始こんな感じでした。
イメージ 12

スマホ ホルダーの装着確認、アプリ確認、昼食処確認の全てが終了したんで、帰りましょう。
ドコドコ、ポコポコ、ドコドコ、ポコポコ・・・。
ポコポコって・・・、何だか排気音が変。
マフラージョイントのスプリングが飛んだかな?と思って、確認するとマニホールドの特殊ナットが無くなってます・・・。
マフラーがエキパイから、半分外れとりました・・・。
イメージ 13
後藤鼻の休憩所まで、戻って応急処置。
残っていた片方のナットを締め上げます。

見つからないとは思いつつ、辺りを探してみると、この直ぐ手前の道路に落っこちてました。
俺って、バカ付き!!
こんなトコで、運を使い果たしてます。(笑)
最近カチカチとエンジンから音がしてたんで、てっきりタペット音かと思いきや、こんなトコが緩んでました・・・。(苦笑)
2コ共、キッチリ締め上げて帰宅。

帰ってから、更に増し締め。
前バンクの2箇所は、何とかレンチが入るけど、それでもアダプターの厚み分が上手く入らないんで、六角レンチとメガネレンチで締め上げます。
イメージ 14

しかし、後ろバンクは、手持ちの工具では入らずに、増し締め断念。
サブフレーム外さなイカンな。
後ろバンクの増し締めは、また今度にしましょう。
イメージ 15

ついでにコイツも変えます。
この間、USB配線する際にサイドカバー外したら、取付穴が折れてしまってね。
赤丸部分
イメージ 16
アロンアルファで応急処置してました。
アロンアルファって、意外とくっつかんよね?
今回は珍しく、付いてました。(苦笑)

ココは、共締めなんです。(赤丸部分)
イメージ 17
そんなバカみたいに締めてないけど、俺の場合は、後付けの電装品付ける度にココを何度も開け閉めしてたからね・・・。
取付、取り外しを何度も繰り返してたんで、疲労折損でしょう。

そんなに高い物ではないので、新品を購入しました。
YAMAHAは、ネットでパーツリストが確認できるんで、助かります。
して、俺みたく田舎に住んでると、バイク屋までが遠くて、取りに行くのが面倒です。
webike(ウェビック)は、純正部品も発注できるんで、便利ですな。
右側が新品。
イメージ 18
赤丸は、以前にLEDバラスト設置の為に切り取った部位。
ファンレスLEDに変えて、以前のLEDバラストは、既に撤去してます。
バラスト撤去すると、配線がココから落ちます・・・。

はい、バッチリ。
イメージ 19


ホームコースの先導なんで、下見なんぞしなくても良かったけど、マシントラブル発見できて、良かったです。(苦笑)

今日の格言「増し締め大事!!」(笑)
このバイク(V-MAX)は、振動が大きいんで、尚の事やね。

本日6月24日 V-MAX CLUB 写真撮影会のお手伝いへと。
イメージ 1
この日が撮影最終日で、スタッフとしてのオファーが前日にあったので行って参りました。

しか~し、一発目の撮影組が、何と朝の6:00だと・・・。
撮影会場は、対岸の大隅半島側。
始発の垂水フェリー5:20に乗るべく、前日は早目に就寝して、本日4:00起きね・・・。
眠い目を擦りながら、車で撮影会場へ向かうと、指宿過ぎて何と土砂崩れで全面通行止めだと・・・。
指宿は、連日豪雨だったからね。
迂回路で鹿児島市へ向かったが、始発の垂水フェリーには、乗れず・・・。
垂水フェリーは、1時間に1本しかないんで、桜島フェリーに変更。

5:40発桜島フェリー乗船
イメージ 2
俺にとっては、鬼門の桜島だけど、今回は車なんで、良しとしましょう。(笑)

鹿児島市は、こうやって各航路の長い港があります。
イメージ 3

6:40撮影場所到着
イメージ 4
1組目は、既に撮影終了しとりました。

今日は、桜島に雲が掛かって無く、綺麗に見られた。
本日は、良い写真が、撮れた事でしょう。
イメージ 5

60thアニバーサリーモデル 新型V-MAX
イメージ 6
USインターカラー カッチョイイ~ね。
ダクトは、アルミ無垢よりも、こうやって黒塗装された方が、良いと思う。

お二方、これから仕事だそうです・・・。
イメージ 7

朝一の撮影、お疲れ様でした。
仕事、頑張って!!
イメージ 8
色んな職種の人間居るんで、撮影スタッフも大変やね。(苦笑)

2組目到着
イメージ 9
随分と金の掛かったカスタムV魔。

撮影風景1
イメージ 10

撮影風景2
イメージ 11

3組目到着
イメージ 12

撮影風景3
イメージ 13

撮影風景4
イメージ 14

4組目到着
イメージ 15
撮影は、今回見送りで、見学だけの様でした。
それでも良いんです。
次回に飲みか走りで、お待ちしとりますね。

撮影終了して、帰宅。
お疲れっした。
イメージ 16


イメージ 17

この場所が、借りられるのは、午前中まで。
告知はしてたけど、意外と集まらずに、チト残念。
しかし、今日は梅雨の中休みで、バイクで走るには、最高の天気だったと思う。
タイムオーバーで解散!!
皆さん、お疲れ様でした。

最後の二名を送り出す。
この二名、帰り先が、たまたま一緒でした。(笑)
イメージ 18

道中、気を付けて
イメージ 19

イメージ 20



さて、帰りも桜島フェリー利用で、薩摩半島へと。
の前に
思ひ出のサイン会場。(笑)
イメージ 21
バイカーは、気を付けてください。

早朝からだったんで、疲れたけど、楽しかったね。
運営者、参加者の皆さん、お疲れ様でしたー!!

先週までは雨が少なくて、梅雨にしては湿度が少なく過ごしやすかったけど、今週は梅雨らしい天候やね。
ひったすら雨で、湿度高くてベタベタ。
こちら鹿児島南薩地域は、大雨/雷注意報が出てる様なので、お住いの方は気を付けて下さい。

長雨でする事ないんで、スマホ ホルダーでも付けてみようかと。(笑)
ハイ、こんな感じで、取り付けました。
イメージ 1
これ、人からの貰い物やけど、買うと凄く高いと思う。
わざわざ自分のバイクから外してくれたけど、良かったのかね?
ありがとう、I君。

う~ん、ハンドル周り、ゴチャゴチャ・・・。
イメージ 2
本当は、スマホ ホルダーなんぞ、付ける気は無かったんです。
きっかけは、この間の事があって、色々ググってたら、便利なアプリを発見してね。
公開ブログでは、書かない方が良い内容なんで、知りたい方は、直接「内緒機能」でコメントかメッセージください。
折角、スマホ ホルダー貰ったんだし、暇だし、アプリも使ってみたいしって事で、本日取付をば。

取付前に このアプリが本当に使えるかどうかを車でチェック。
確かに使えるけど、携帯バッテリーの消耗が激しい事と携帯の契約でネット制限掛けてるんで、あまり外出先で、繋げっぱなしには、できない事が判明。
って事は、充電器が別に要るよなぁって事で、安物のUSB充電器も購入。
RAM MOUNTS(スマホ ホルダー)下の赤丸部分
イメージ 3
充電器も色々あるけど、殆どはチャイナ製で、これもそうです。
電圧計、ON/OFFスイッチ付きの物もあって、どうしようか迷ったけど、今現在付けてるPOSH製アナログ電圧計は気に入ってるんで、シンプルな物を購入。

ON/OFFスイッチ無しなんで、キーONで通電するアクセサリーから取り出します。
イメージ 4
取り出しクリップだらけやね・・・。
後付けのタコメーター、電圧計、ブーストコントローラー、ファンスイッチ・・・etcその他諸々付けてるんで、配線がこんな事になっとります。

久々にこんな物を引っ張り出しました。
イメージ 12
最近、富に老眼が進んでおり、圧着端子を3コほどダメにしてしまいました・・・。
最初から老眼鏡掛けてやれば、良かったけど、普段は眼鏡掛けないんで面倒だったんですよ。(苦笑)
たかだか、こんな簡単な作業に数時間を費やしました・・・。
ま、暇々なんで、良いんです。(笑)

配線後は、動作チェック。
イメージ 5
キーONで、USBポートのLEDが光るんで、通電はOK~。

ケーブル繋げて、スマホの充電LED確認OK~。
イメージ 6
実際の使用勝手は、雨が上がった時にでも試してみましょう。

試しにエンジン掛けてみます、ウン大丈夫やね。
イメージ 7

右側
イメージ 8

左側
イメージ 9

正面
イメージ 10

スマホ セット時 全体
イメージ 11


スマホ ホルダーをバイクに取り付けるのを今まで、頑なに拒んできたけど、これからは、多分コレが無いと困る様になるんでしょう・・・。(苦笑)
土人から文化人へと進化してみました。(笑)
その内、ブルートゥースなんかにも触手を伸ばしそうな気がする。
あんまり暇過ぎると、こんな事ばっかりして、イカンですな。(笑)
ま、導入したアプリが使えれば満足です。

人間 年齢と共に好奇心(欲)が、薄れてきて、物事に対してどうでも良くなってくると思う。
それ考えると、〇〇のドンファンなんて、凄いと思う今日この頃。(笑)
大体、ドンファンって何だよ。(笑)

かく言う俺自身も年齢と共に好奇心が、薄れていってるけど、人間幾つになっても欲求は必要だと思う。
物欲、食欲、金銭欲、出世欲、性欲・・・etc。
欲って言うと、イヤらしく聞こえるけど、生きるのに必要な糧だと思う。
人に迷惑を掛けなければ、欲求は持っていた方が良い。
俺自身は敢えて欲を持つようにしてます。

って事で、今猛烈に欲しい物。ハイ物欲ね。(笑)
イメージ 7
新型アフリカツイン。これ欲すぃ~。
買えもせんのに、ディーラー(ホンダ ウィング)に行って、カタログ貰ってきました。(笑)
現車も見てきたけど、益々欲しくなったよ。

キャッチコピーも、いちいち格好良い。
「タフな旅になる。頼れるのは本物の道具だけだ。」
イメージ 1

「ルートに制約はない。」
イメージ 2

コイツを買って、こういった環境の海外を無期限の旅に出てみたい。
イメージ 3
今抱えてる全てを放り出して、国際ナンバープレート取得して、新潟からフェリーでロシア~モンゴル~中央アジア~ヨーロッパへと。
それからアフリカへ渡って、南米~北米へと。
本当は、中国にも行ってみたいけど、彼(か)の国は国際ナンバープレート認めてないからね・・・。
中国の沿海部(都市部)には、全く興味ないけど、シルクロード(アジアンハイウェイ)をコイツで走ってみたい。
妄想は、タダなんです。(笑)
皆さんも どんどん妄想しましょう。(笑)

アドベンチャースポーツが、ハイグレードモデル。
買うならば、コイツだけど・・・。(カラーリング選択無し。)
イメージ 4

スタンダードモデルは、こちら。(カラーリング選べます。)
イメージ 5

アドベンチャースポーツのトリコロールもホンダらしくて良いけど、俺の好きなカラーリングは、ホンダレッドのスタンダードモデルのこっち。
イメージ 6
アドベンチャースポーツで、このカラーリングがあれば、絶対にコッチです。

ところで、ホンダは昨年からディーラー(ホンダ ウィング店)以外に新車を卸さなくなった様ですね。
本田宗一郎が生きてたならば、そんな事望んだろうか?
カワサキは、昔からそういう体制やね。
ブランド力 強化体制って売り方も分かるけど、バイク不況の最中、こういった売り方は、してほしくない。
残るは、ヤマハとスズキだけやけど、国産トップブランドであろうホンダがこういった販売形態にするならば、他の2社も追従するんじゃなかろうか?
ディーラー(直営店)のみの新車販売にするのではなくて、卸価格をダブルスタンダードにしたら良いんじゃないのかね?
まぁ俺がグダグダ言っても しょうがないか、世の中の流れですな。(苦笑)

元気が無い俺と同様のオヂサン世代に捧げます。
欲求(好奇心)を失わないで、是非妄想してください!!
生きる糧になります。
どこかに大金落ちてないですかね?(笑)
こんなアホな事ばかり、考えておりますです・・・。(苦笑)
では~。

表題の日程で、V-MAX CLUB九州支部南部エリアの写真撮影会&前夜祭があったんで、逝ってきました。

桜島をバックに本格的な撮影。
イメージ 1

6月11日が、雨だったんで前夜祭は止めて、12日の撮影会だけ顔出そうと思ってたら、運営者から電話が掛かって来てね・・・。
雨雲レーダー確認すると夕方には上がりそうだったんで、逝く事にしました。
折角電話くれたんで、無下に断るのも何だし、両日とも予約入ってなかったんで、バタバタ用意して出発。

いや~、前夜祭楽しかった。
いつもの如く、泥酔して撃沈・・・。(苦笑)
ごめんなさい、皆さん。
バイク乗りらしく、終始バイクの話オンリーだったかと記憶してますが、何分記憶が曖昧で、よく覚えておりません・・・。

今回は、メンバーのお家に宿泊。
人のお家に泊まるのも良いね。
今回お世話になった御宅。
イメージ 2
ココの娘っ子が、人見知り皆無の実に可愛らしい子でね。
俺もこのくらいの年齢の娘が、欲しくなりました。
あ、変な意味ではないよ。(笑)

家主を入れて3台で、撮影場所へと。
イメージ 3

撮影場所到着
イメージ 4

結局5台でした。(今回は平日組)
イメージ 5

週末組は、また改めて撮影するそうです。
大半は、会社員だろうから、週末組の方が台数集まるでしょう。
イメージ 6

撮影風景
イメージ 7
鹿児島県民のシンボルであろう桜島をバックに1台1台、撮影していきます。

My V魔
イメージ 8

場所を変えて、また撮影。
イメージ 9

凄い角度で撮るモンだ。(笑)
イメージ 10
プロカメラマンみたいやけど、この方もCLUBメンバー。
カメラも凄く高そうだったし、その他機材も良い物使ってます。
今回は撮影の為に、バイクではなく車で来てました。
Yさん、ありがとうございました。

色んな角度から、撮ります。
バイク乗りならではの感覚なのかな?
イメージ 11

兎軍団が・・・。(笑)
俺もお下がり貰いました。
ありがとね、きちへる丼!!
イメージ 12
撮影者の腕が良かったんで、きっと良い写真が沢山撮れてる事でしょう。
全国の各支部からの写真が全て出揃ってからなんで、恐らく発行されるのは随分と後になると思う。

一通りの撮影を終えて、桜島(二次撮影場所)へと移動。
最後尾について、メーター確認すると、リザーブの警告灯が・・・。
途中離脱して、スタンドへ給油。
これが、今回マズかった・・・。
給油終了してから、二次撮影場所まで一人旅。

桜島で、何とサイン会に遭遇。
サインなんかしたくないのに、紺色の制服の方が、どうしても俺のサインが欲しいと言うのでしましたよ・・・。(苦笑)
まぁ、赤い紙ではなくて、青い紙だったんで、良しとせなイカンね。

バイクは、しばらく封印しましょう、シクシク・・・。
こういうのって、続く時には続くんでね。

二次撮影場所まで安全運転で向かって、撮影終了後に俺はココこから桜島フェリーで帰る事にしました。

実は桜島に上陸するのは、今回お初だったんです。(笑)
桜島って、いっつも噴煙上げてるんで、路面が火山灰で滑りやすいイメージが、あって敬遠してたんです。
それが、見事に俺にとっては、鬼門になりました・・・。(苦笑)
点数が戻る1年後迄は、絶対に来るまい。(笑)
イメージ 13

当然、桜島フェリーもお初でした。
この距離で、¥600って高くないですか?
イメージ 14
あっという間に対岸の鹿児島市へ到着。

さて、明日、国庫金を収めてきますよ。(苦笑)
最後に変なオチが付いたけど、初撮影会 楽しかったね。

↑このページのトップヘ