宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2017年12月

多分、今年最後のバイカーのお客さんだろうと思う。
イメージ 1

前に書いた通り、年末年始は、ウチは暇です。
まぁ、クリスマスも正月もその他年間行事とは、関係なく営業してます・・・。(苦笑)
ウチは、シーズナリティもしてないんで、価格は年間通して同じ。
年間行事に対してのイベントは特に何もやってません。
イベントは、あくまでも その時のお客さんのリクエストによります。

寒くなってメッキリ減ったウチのメインターゲットのバイクのお客さんで、嬉しかったよ。
イメージ 2
KONICA MINOLTAカラーのCBR600 カッチョイイ~ね。
しかし、超ださい防寒ハンドルカバーが・・・。(笑)
あの、カブぢゃないんやし、この手合いのレプリカには、これはイカンと思うよ。(苦笑)
高いかもだけど、グリップヒーターに替えましょう!!
この2台は、お友達でした。


12月29日
バイカー2名チェックアウト!!
イメージ 3
VFR800の彼は、リピーターでした。
3月の卒業旅行で、一人でウチに来てくれて、今回は友人連れで来てくれました。
4月からの新社会人。
バイカーのリピーターは、俺にとって何より一番嬉しい!!
ありがとう。

朝日を長崎鼻から写真に収めたいとの事で、早朝のチェックアウトでした。
でも、長崎鼻からだと開聞岳と朝日は撮れない筈。
長崎鼻からだと開聞岳と夕日は撮れるが・・・。
イメージ 4
写真撮ってやろうと早朝に1階で、待ち構えてると既にヘルメッコ着用で、降りてきました・・・。(苦笑)
二人とも、イケメンなのに勿体ないよ。(笑)

ありがとう。
また来たら良い。
イメージ 5
来年まで、宿を継続できているか微妙やけど・・・。
来年の2018年12月末迄は、頑張って継続させるから、それまでにまた おいで!!

道中、気を付けて。
ありがとう。
イメージ 6

それでは皆さん、良い年を!!
飛び込みでバイカーが入ってくれば、年内にもう一度ブログアップするけど、多分これが今年最後のブログになると思います。
今年一年、ウチの様な宿に泊まって頂いた皆さん、ありがとうございました。
2018年が皆さんにとって、良い年になりますように!!

12月22日(金)
イメージ 1
大隅半島R448頂上付近より太平洋を望む。

師走真っ只中で、皆さん忙しい時期かと思います。
年末時期は皆さん仕事が忙しくて旅行者動ないんで、ウチは暇ですね。
年末年始休暇で、ちょぼちょぼと予約が入って来るくらい。
2月、6月、12月は、閑散期。
まぁ、ウチに関して言えば、繁忙期はたがが知れてます。(苦笑)

一人でやってると色々と鬱屈も溜まるし、閑散期ってのもあって、売り止め掛けて、昨日今年の走り納めへと。
行先は、表題の通り。

朝一の始発便(8:00発)のこれで、対岸大隅半島へと。
イメージ 2
割引チケットは、追加オーダー掛けたんで、手元に沢山あります。
宿泊時に欲しい方は、伝えて下さい。
自動車1000円割引、バイク500円割引なんで、かなりお得です。
割引期間は、2018年2月末迄

ついでに、これもやってみようかと。
イメージ 3
3箇所でスタンプつけば、お勧めの食べ物ゲットできる様です。
指宿山川港か大隅根占のチケットカウンターで1つ。
指宿山川港 道の駅山川港活お海道で1つ。
大隅根占港 なんたん市場で1つ。
指宿山川港の始発便に乗ると、道の駅が開いてないんで、スタンプ押せません・・・。
道の駅山川港活お海道開業時間:8:30~


全国的に今年は寒いみたいで、ココ南国鹿児島指宿も昨年よりも寒い。
つい最近まで、暑い、暑いって言ってた様な気がするけど・・・。
今年の指宿の夏は、強烈な湿度を帯びた猛暑だった。
何か、寒いか暑いかのどちらかで、一番心地の良い秋、春の期間が、毎年短くなってる様な気がする。

寒くなると、めっきり客足が遠のくのが、ウチのメインターゲットのバイカー。
まぁこれは仕方がない、寒いと中々バイク乗る気にならんモンね。(苦笑)
昨日は、比較的、寒が緩かった。

フェリーなんきゅうからの定番の景色。
イメージ 4
開聞岳(薩摩富士)
どの角度から眺めても絵になる山やね。
海から立ち上がった、こんだけ綺麗な円錐型の山を俺は他には知らない。

到着後、なんたん市場でスタンプついて、コンビニで時間潰して、R448で志布志まで抜ける。
気温が上がるのを待ってます。(笑)
9:00過ぎにスタート。
痺れる様な寒さではなくて、バイクで走るには適度な寒さだった。

定番のR448頂上付近で一服。
イメージ 5
ボンヤリと海を眺めながら色んな事を考えてみる。


以下灰色表記部分は、長文になるんで、興味が無い方は、読み飛ばしてください。
早いモンで、開業から丸二年が、経過しました。
今、外国人旅行者が急増してるのと、東京オリンピックが決まった事で、ホステル、ゲストハウス、違法民泊等の安宿が、全国に急増してます。
開業する所も多いけど、実は1年足らずで廃業する所も多いんです。
廃業理由は様々だろうけど、二年間やってきて、それが何となく分かる。
この商売は、不特定多数の人間を相手にせなイカンでしょ?
安宿なんてのは、クレーマーが、多く混ざってきますよ。
俺みたいに一人で運営してる所ってのは、多分嫌気がさしてくるんじゃないのかな?
廃業理由が、金銭的な問題ってのも上位を占めるだろうけど、この理由もかなり上位に来ると思う。

インターネットってのは、諸刃の剣。
ウチも酷評は、散々受けてますよ。(苦笑)
同業者の評価も見るけど、大体ウチと似たり寄ったり。
会社経営で複数のスタッフ抱えてる所の評価は当たり前に良いけど、ウチみたいに個人経営で尚且つ一人で回してる所は酷評が多い。
自分が全て正しいなどとは、一切言いません。
自分自身も、クセが強くて、悪い所が沢山あって、指摘の中では、確かにこれは改善すべきだなと思うコメントも多々頂きます。
だけどね、納得できない物が大半ですよ。
この商売は、お客さんとの距離感が、非常に難しい。
こちらは、そのつもりもないのに、色々と不平不満を抱えて帰っていく人間は外人、日本人共に居ます。
それをいちいち相手にしてると疲れるだけ。
納得のいかない評価は、無視しておけば、良いんです。
レビューを見て、集客率が確かに落ちるかもしれません。
でも酷評を見て、来ない人間は、来なけりゃ良いじゃないですか?
逆に、酷評が多ければ、クレーマーが減って良いかもしれません。(笑)
俺は、こういう風に考える様にしてます。
開業3年目は、今までの様に誰でも彼でもと言った集客の仕方は、止めます。
少し気を抜いた感じで、のんびりとやっていきます。
ここまで来て焦っても仕方が無いし、自分に余裕がないと、それが接客に出てしまうからね。
それで、赤字になろうが、悔やむまい。
丸3年となる来年の12月迄に2019年1月以降をどうするか決めよう。
以上、長々と書いてきましたが、海眺めながら考えていた事。(笑)


バイクは、やっぱり良いね。
己をリセットできる。

ふと木の上を見上げると、鳶だろうか?
イメージ 6
ココは、物凄い高低差なんで、獲物を探してるんだろう。

都井岬、到着!!
イメージ 7
都井岬名物の野生馬が、迎えてくれた。

居ない時には、本当に一頭も見当たらなかったりするんで、今日はラッキーだったんでしょう。
イメージ 8

この御一行様は、家族だろうか?
イメージ 9

都井岬には、何度も来た事があるけど、ココは初訪問。
御崎神社。
イメージ 10
鳥居から、随分と下にくだります。

して、辿り着いたのが、コレ・・・。
イメージ 11

イメージ 12

手前の物は、賽銭箱でした。
崖の上に祠が見えるけど、あれが本殿だろうか?
どちらも物凄く小さい。
イメージ 13

多分、マイナースポットなんだろうけど、景色が良くて、ボンヤリ考え事するには良いよ。
イメージ 15

崖の上の祠まで行ってみようと思ったら、この通り通行止めでした。
イメージ 14

都井岬灯台。
イメージ 16
みやげ物でも買ってあげようと店舗を覗いたら、店休日・・・。

都井岬南側
イメージ 17

都井岬北側(日南海岸)
俺が九州内で、一番好きな岬。
イメージ 18
写真では、暖かそうに見えるけど、この日は風が冷たかった。
ここに冬来るのは二度目だけど、前回も寒かったね。
鹿児島大隅半島の方が、暖かかったよ。

帰りしなにもう一枚。
イメージ 19
奥に見える斜面が、野生馬が多い箇所。
以前は、猿も居た筈だけど、今は皆無。
最初にここをバイクで訪れた10代の頃は、猿が沢山居た筈。
俺の思い違いかな?

さて、帰りは垂水フェリーで、薩摩半島側に戻ります。
ここから垂水までが、何気に遠い。
途中の志布志で休憩していきます。
V-MAX CLUBメンバーの職場があるんで、ノーアポ突撃訪問です。(笑)
I君、コーヒーご馳走様でした。
また、突撃させてくらさい。(笑)

垂水フェリーから眺めた桜島。
イメージ 20
この山は、いっつもモクモクと噴煙上げてますな。
鹿児島県のシンボルなんだろうけど、俺は開聞岳の方が好きです。
活火山が目の前にある様な県庁所在地は、鹿児島市だけ。
鹿児島県って、真ん中が海で、活火山が街中の目の前にあって、つくづく、面白い場所だと思う。
文化も独特やしね。

垂水フェリーから眺めた開聞岳。
イメージ 21
このフェリーには、何度も乗船した事があるけど、こうやって桜島と開聞岳の両方が見れるんやね。

志布志でまったりし過ぎて、薩摩半島側(鹿児島市鴨池港)に到着したのは、夕暮れ前でした・・・。
ココから指宿までが、遠いんですよ。
このフェリー、もう少し下(南)の谷山港に着いてほしい。

結局、指宿に辿り着いた時には、真っ暗でちた・・・。
冬場は、日が短いんで、近場にしとかなイカンね。(苦笑)
疲れたけど、良い息抜きになりました。

して、本日12月23日。
昨日、押せなかったスタンプラリーをしにココへ。
道の駅山川港活お海道
イメージ 22
暇やね俺も・・・、ハイ暇なんです。(笑)
お勧めの食べ物を確かめに。

結果は、コレ1コでした・・・。
タダで貰えるんで、文句は言いませんよ。
イメージ 23
たい焼きの型をこの辺名産のかつお型にした、かつお焼きでした。
中の餡をあずきか安納芋か選べます。
選んだのは、安納芋。
お上品な自然の甘さで、正解でした。
美味しかったです。
対岸の大隅根占港 なんたん市場では、何が貰えるんだろうか?
来年、調査に行って来ます。(笑)

さて、まだ残す所ありますが、今年度2017年に宿泊してくださった皆さん、ありがとうございました。

来年は、焦らずゆっくりボチボチで逝きます。

↑このページのトップヘ