宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2017年10月

こちら指宿に転居してから、初めて行ってきました。(苦笑)
イメージ 1

ウチの宿の売りは、「屋根付きの駐輪場有り」と この「砂蒸し温泉 砂楽 まで歩いて2~3分って事。
転居前には何度も入った事があるけど、本日転居後に初砂蒸しへと。(笑)

砂蒸し温泉 砂楽:営業時間8:30~21:00
外の砂蒸し温泉とその後の大浴場温泉で、入浴時間はトータルで1時間以上掛かります。
だから、一泊のみの場合のレイトチェックインは、お勧めしていません。
チェックイン当日に入浴希望者は、遅くとも19:00前にチェックインする事をお勧めします。
ココが一番混み合う時期は、GW期間中
GW期間中は整理券が出るので、19:00前のチェックインでも厳しいです。
GW期間中で砂楽へ入浴希望者は、できるだけ早めにチェックインしてください。
GW以外の連休中でも早目のチェックインをお勧めします。


俺の場合はいつでも行けるんで、本日は朝砂蒸し温泉と洒落込んでみます。
朝風呂で砂蒸し温泉って、俺は一体何様なんでしょうか?(笑)
始業が8:30からで、しかも平日なんで、ゆったりと堪能できます。

ウチから出て海方面を目指します。
イメージ 2
この海岸ベタの道でも砂蒸し温泉通りからでも、どちらからも行けるけど、折角ならば、この海岸ベタの道をお勧めします。
海の向こうに うっすらと見えている陸が、対岸の大隅半島ね。

T字を右折してください。
イメージ 3

左折すると指宿湊港、知林ヶ島方面。
イメージ 4

こちらの道をお勧めするのは、見ての通り景色が良いからですよ。
橋から先は、板張りのボードウォークになってます。
ここをプラプラ散歩するのも、気持ちが良いよ。
イメージ 5
左側の屋根付きの櫓が、砂蒸し温泉の常設会場。
雨が降っても入浴できるようになってます。
この対面が、砂蒸し会館。

足湯、足湯+手湯は2箇所あって無料。
イメージ 6

砂浜からの湯気が見えますか?
イメージ 7
この辺の砂浜は、下から温泉が湧き上がってます。
冬季の早朝に行けば、もう少し湯気が明確に見える。
パンフ等の写真によく写っているのが、この砂浜でやる砂蒸し温泉ね。
こちら側で入るのが、本来の天然砂蒸し温泉
外でやっているのは、よほど条件が揃った時期で、外で入れる人は運が良いです。
何度も入った事があるけど、俺は外で入った事は無いです。(苦笑)

大体は、こちらの屋根付き常設会場へと誘導されます。
イメージ 8

知林ヶ島が、見えますな。
イメージ 9
あの島は、干潮時に自然の砂洲が出てきて、渡ることが出来ます。

ハイ、こちら側から階段orエスカレーターを使って、2階で受付してください。
イメージ 10
1階のロッカーで、服を全部脱いでから全裸の上から渡された浴衣に着替えて、タオルを持って、サンダル履いて、外の砂蒸しへと。
くれぐれも全裸で出てこないでくださいね。(笑)
以前に浴衣を着ずに真っ裸で出てきたオヂサン居て、俺慌てて中に誘導した経験ありますから、ハイ。(笑)
砂蒸し終わったら、出てきた道を戻って、砂蒸し会館の中へと。
まず、借りた浴衣を所定の位置に投げ入れます。
それからシャワーで、よく砂を落としてから、中の大浴場へと。
こんな感じなんで、入浴時間は やっぱり1時間以上は、見ておいた方が良いですよ。

さて久々の砂蒸し温泉(多分3年以上振り?)でしたが、朝風呂って良いね。
基本10分って言われるけど、30分程蒸されてまいりました。(笑)
全身から汗と共に老廃物が出ていくんで、体が軽くなって疲れが取れます。
まぁ、宿が暇なんで疲れてませんけど・・・。(苦笑)
サウナ効果と似てるけど、砂蒸しの場合は温泉砂の重みで、体全体が脈打つのが、体感できますよ。

ウチの宿泊者で、指宿初訪問なのに入らない人が結構居ますが(特に欧米人)、良きにせよ、悪きにせよ、話しのネタにはなると思う。
俺個人は、疲れが取れて良いと思うし、是非体験してもらいたい。
宿が暇な時期には、また朝砂蒸し温泉行ってみよう。(笑)
天然の砂蒸し温泉ってのは、世界でもココ指宿だけです!!
(指宿に、2箇所有り。)
気候的には、今時期から冬も良いですよ。
って事で、温泉目的の宿泊、お待ちしとりまーす!!

台風22号過ぎ去りましたが、大した被害もなくて良かったです。
週末台風で、キャンセル勧告してたんで、折角の予約も流れてしまって散々でしたが・・・。
そんな最中でしたが、飛込みでバイカーが1台入って来てくれました。

GS750
イメージ 1
昔のバイクって、趣が有って良いね。

綺麗に維持されてました。
バックステップは、ワンオフ物!!
玉数が出てないから、このバイクのアフターパーツは、少ないだろうね。
イメージ 2

この方が、入ってきたのは、日曜日。
日曜日にお客さん来ると、何気に困ります。
ウチの周りには、飲食店、居酒屋、ショットバー等々結構有りますが、それらが日曜日に横並びで、一斉に休みます・・・。
ココって、一応温泉地だけど、何故店休日が、日曜日なのかね?
横並びで飲食店が一斉に休むってのは、商売っ気が無いなぁと思う。

指宿駅周辺の飲食店は、営業してるんで、このお客さんを連れ立って行ってきました。
俺が、指宿で一番美味しいと思える飲食店の「青葉」へと。
鹿児島の郷土料理は、わざわざ鹿児島市天文館に行かなくても、ココで全て食えます。
ココは、結構良いお値段しますが、何食っても美味いです!!
中でも超お薦めは、「黒豚しゃぶしゃぶ」ね。
もうね、これメッチャ美味いです!!
行きたい人は、俺に伝えて下さい。
ご要望とあらば、お付き合いしますよ。
但し、割り勘ね。(笑)

この日は、チト飲みすぎました・・・。(苦笑)
宿泊者のもう一名の香港人が、たまたま後で入って来たんで同席させて、宿まで3人で帰宿。
しこたま飲んできたけど、3人でまた宿飲み・・・。(苦笑)
いや、GSのお客さん(Mさん)が、黒豚叉焼と地鶏刺、芋焼酎を買ってきてくれてたんで、ついつい・・・。
Mさん、おみやげありがとうございました。
何時まで飲んでたのか、記憶無し・・・。


10月30日
酷ぇ二日酔い・・・。
まぁお客さんの前では、平静を装ってましたが・・・。(苦笑)

パッキング中。
イメージ 3
この方は、特殊な職業。
日本に何人くらい居るのかね?

この商売って、色んな職業の人に会えるのが、面白い所かな。
多分、今後この職業のお客さんに会う事は無いと思う。
イメージ 4
性格が出てますな。(笑)
バイクの状態、パッキングの仕方を見ると、メッチャまめです。(笑)

良いお顔立ちしてたんで、勿体ないと思うけど、恥ずかしいんで、ヘルメッコ被ると・・・。(苦笑)
イメージ 5

ワンオフのバックステップの位置が、良い感じやね。
イメージ 6

宿泊&おみやげ ありがとうございました。
道中気を付けて!!
イメージ 7
またのご来宿お待ちしとりまーす!!

10月27日(金)
イメージ 1

台風22号前ですが、気候が良かったんで近場へと。
連続週末台風に不貞腐れていても仕方が無いし、憂さ晴らし。(笑)

この日の滞在は2名で、2名とも早朝にチェックアウトしてくれたんで、バタバタ シーツ替え、洗濯、掃除を済ませて、定番ルートへと。

本当は、この日は、3名宿泊だったけど、1名がブッチギリでね・・・。
ブッチギリを得意とするOTAのB社受け・・・。(苦笑)
外人は慣れてるけど、日本人から初めてやられた。
ブッチギリ(無断キャンセル、NO SHOW)なんぞ、良い年をした大人がやる事じゃないやろ!!
まぁ良い、いづれは日本人からもやられるだろうと思ってたし、メッセージの返信が全く無かった時点で、来ないだろう事は予測してた。
B社の予約ってのは、予約者(宿泊者)の良心に委ねる様な仕組みだからね。

さて、近場なんで遅めの10時スタート。
久々に「野間池 磯」で刺身定食を食らおうかと。

指宿から広域農道(頴娃の茶畑)使用で、一気に南さつま市まで。
高崎山展望所で休憩。
イメージ 2

イメージ 3

良い所やろ?
イメージ 4
ココは、番所(監視塔)が、薩摩藩時代にあった所。
見晴らしが良いんで、不審船を見つけると狼煙等で知らせてたんでしょう。
薩摩藩ってのは、鹿児島県だけではなくて、今の宮崎県まで領地だったんです。
九州北部の細川藩、黒田藩とは、敵同士。
これら国内からの侵入防止の意味もあったんだろうけど、中国等の外国からの侵入防止の為でもあったんだろうね。

薩摩藩島津家ってのは、戦国大名の中でも名門中の名門。
関ケ原の戦いで、豊臣方(西軍)についたのに、唯一減石も移動も免れた藩。
ただ、中央(お江戸)の言う事を昔から ちっとも聞いてきてないからね、この藩は。(笑)
薩摩鹿児島のこういうトコ大好きです。(笑)
薩英戦争なんか、今で考えると有り得んやろ?
日本の一国 鹿児島県 vs イギリスの戦争って、凄いと思う。
薩摩藩の様に「ブレず、流されず、己の道を行く。」俺もこういう風に生きてみたいと海を眺めながら、ボンヤリと考えてました。

さて、昼食タイムになったんで、「野間池 磯」を目指します。
が、何故か臨時休業・・・。
俺の場合、このパターンが非常に多いね。(苦笑)

して、今日はココへと。
イメージ 5
野間池定食なる物を頂きました。
これが、まぁ物凄い品数でして・・・。
ただでさえ、品数が多いのに、お店のオバチャンが、更に2品をサービスで付けてくれました・・・。(苦笑)
頼んだ物、出された物は、礼儀として全て平らげるのが、俺の流儀です。
よく頑張ったよ、俺。
完食後は、苦しくて しばらく動けず・・・。(苦笑)
好みの問題だろうけど、お味は「磯」の方が良いです。
でも、オバチャン達の対応が非常に気持ち良くて、お薦めですよ。
まぁ、チト過剰サービスの様な気もしますが・・・。

湾の前は、笠沙恵比寿
イメージ 6


食い過ぎて、昼食後に長目の休憩を取った後は、定番のココへと。
イメージ 7
いつの間にやら、綺麗に整地されて、ベンチまで設置されとりました。

こんな物まで設置。
イメージ 8
前に見える沖秋目島は、007は二度死ぬ(1967年制作)」の撮影現場。
これ見た事あるけど、随分と古い映画やね。


こちらの石碑は、結構前からあった筈。
ショーン・コネリーと丹波哲郎のサインが、あります。
鑑真記念館の前。
イメージ 9


普段ならば、ココから指宿まで直帰ですが、今回は後3ヵ所回ってみます。
鹿児島の良い所、特に指宿周辺南薩地域の良い所をPRしていきます。
鹿児島って、観光資源が凄く豊富やし、温泉も色んな種類のものがあって、良い所たくさんあるけど、PRが物凄く下手クソな県やと思う。
微力ながら、鹿児島の良い所を発信していきます。

さて、次に向かったのは、釜蓋神社
イメージ 10
変わった神社やろ?
蓋を頭に載せて参拝するらしいけど、詳しい事は分かりません。
ウチの外人宿泊者によく聞かれるんで、来てみました。(初訪問)

晴れ渡っていれば、左手に開聞岳が綺麗に見えるけど、生憎の曇り空。
イメージ 11

可愛い黒猫が。
イメージ 12
人懐こくて、撫でてやると 「ニャ~ニャ~」とヒザの上から離れません。
腹減ってたのかね?

にゃ~
イメージ 13
俺の後をずっと憑いてくる・・・。
生憎食い物持ってなかった、今度食いモン持ってきてやろう。

さて、お次はタツノオトシゴハウス
イメージ 14
昨年、ウチに泊まったスイス人カップルから「タツノオトシゴハウスに行きたいけど、どうやって行けば良いの?」って聞かれてね。
当時初耳で、タツノオトシゴハウスなんぞ俺は知りませんでしたが、実在しました。
商売柄、一回は行ってみらんとね。

営業時間は、短い様です。
でも、無料って良いね。
イメージ 15

お、早速。
イメージ 16

不思議な生き物やね。
イメージ 17

大きな水槽の中には、気味が悪いくらいのタツノオトシゴが・・・。
棒に巻き付いてるの見えますかね?
右下にも大量に巻き付いとります。
イメージ 18

フグも居ます。
イメージ 19
もう少しゆっくり見たかったけど、天候がどうにも怪しくて早々に退散。
出てきた時は晴れとったけど、どんどん雨雲が来ててね・・・。
今度、ゆっくり来てみよう。

番所鼻自然公園
イメージ 20
非常に残念な景色・・・。
晴れた時に来れば、開聞岳が綺麗に見える事でしょう。
遊歩道が整地されてるんで、ぷらぷら散歩してみても良いと思う。
タツノオトシゴハウスは、この番所鼻自然公園内にあります。
でも、やたらとカップルが多いけど、何故に?
どうやら、ココは縁結びの聖地みたい。
その場に、恐ろしく不釣り合いなオッサンが一人・・・、ハイ俺ね。(笑)
取り敢えず、何組かのカップルに背後からどす黒い念を送っておきました。(笑)


イメージ 21
さて、雨に遭わない内に、ココから猛ダッシュで帰ります。
広域農道に入ってから、少しパラパラ来ましたが、本降りには遭遇せずに無事帰宅。

南薩地域の一通りの観光案内は、お任せあれ。

この辺りを一泊で周るのは無理があります。
観光拠点、温泉は多数あるけど、其々が散らばってますからね。
南薩地域全域を周りたいならば、最低でも2泊は必要です。
且つ、のんびりした地域だから、あまりバタバタ周らずに、ゆっくり見て行って欲しい。

ただ走り回るのが好きといったバイカーに関しては、ココは天国です。
薩摩半島側、大隅半島側、霧島・・・等々、鹿児島は全体的にワインディングパラダイス!!
しかも、今時期がベストシーズンです。

って事で、台風明けの宿泊、絶賛お待ちしとりまーす!!

先週の21号に引き続き、また台風来てますな・・・。
何で、嫌がらせの様に週末に来るんだよ!!

はい、台風22号ね・・・。
イメージ 1
2週連続で、週末に来るなよな~。
天気に腹立てても仕方がないけど、流石に頭に来るね。
平日ならば、ウチはガラガラやし、台風来るなら平日にしてほしい。

台風って、こうやって曲がって日本列島を舐めていくルートが大半。
中には、稀に例外もあるけど、極端に曲がるのは、偏西風地球の自転の影響らしいです。
曲がらずに、彼(か)の国に全て逝ってしまえば良いのにと、いっつも思います・・・。(苦笑)

週末の台風は、入っている予約のキャンセル勧告しなきゃイカンので、非常に面倒なのよ。


台風が来る前には、雨戸全て閉めますが、ウチには雨戸がない箇所も数点あります。

共有スペース(リビング、ダイニング)
イメージ 2
右側の大窓は雨戸有り、左側のキッチンは出窓なんで雨戸無し。

キッチン出窓
イメージ 3
ココは強化ガラスなんで、恐らくは大丈夫だと思う。

貸切部屋
イメージ 4
左側は雨戸有り、右側は出窓で雨戸無し

男女混合ドミトリールーム
イメージ 5
右側は雨戸有り、左側は出窓で雨戸無し


この通り、「貸切部屋」と「男女混合ドミトリールーム」には、雨戸がない窓が有ります
しかも裏手が、廃墟の宿泊施設なんで、台風時にこの部屋にお客さんが居る時には、非常に気ぃ遣います。
昨年の台風16号の時には、ココの廃墟の宿泊施設から、鉄錆がマシンガンの様にウチに降り注いで来たからね・・・。
これ、さっさと解体して更地にしてほしいよなぁ。

男性用ドミトリールーム
イメージ 6
この部屋は、窓が1つしかないし、この窓には雨戸が有ります。
9月の3連休の台風時に飛び込みで入って来たヒッチハイカーな お嬢ちゃん2名には、ここに入ってもらった。
本来ココは男性用やけど、上述の通り男女混合ドミトリールームは危ないし、他にお客さん居なかったからさ。

今年は、週末に台風が連続で来てくれるおかげで、ただでさえ少ない売上が激減です・・・。
幼少の時には、台風って9月だったと思うけど、ココ最近の台風時期は1ヶ月遅れの10月ですな。
しかも規模が以前よりも大きいよね。
地球温暖化の影響だろうと思ふ。

週末に台風22号が接近中なんで、皆さんご安全に!!
南九州でのバイクのベストシーズンは、今時期の10月、11月。
って事で、台風明けの宿泊 絶賛お待ちしとりまーす!!

10月17日
XLR BAJA
イメージ 1
懐かしい赤エンジン。(エンジンは、本人が載せ替えてます。)

秋雨前線が停滞しているおかげで、全国的にしばらく雨模様やね。
都合良く、この間の予約は入ってなかったし、のんびりしようと思ってました。
したら、13:00過ぎにバイクのエンジン音が。
完全飛び込みで、1台1名が、「今日、泊まれますか?」と・・・。
カッパ着てたけど、びしょ濡れでね・・・。(苦笑)
本来、チェックイン時刻は、15:00からだけど、可哀想だったんで、受け入れましたよ。

10月19日チェックアウト
イメージ 2
雨をウチでやり過ごすか、屋久島&種子島に行くか、悩んでた様子だけど、結局は2泊してから、北上する事に。
週末にまた台風来とぉし、こんだけの長雨だと待ってるのも勿体ないし、賢明な判断だったのかな?(笑)

バッテリーレス仕様にしてるんで、中々掛からない ご様子・・・。
イメージ 3
エンジン停止期間が長いと中々掛からんみたいやね。
ウチに丸2日間寝かせてたんで、始動に梃子摺ってましたが、数度のトライ後に無事掛かりました。

この日の降水確率は、低かったけど、カッパ着込んで、スタート。
イメージ 4


人生の洗濯中だそうです。(苦笑)
イメージ 5
詳細は、触れません。
色んな話したけど、自分の中で、何かが見つかると良いね。
色々と応援しとぉよ。

2泊、ありがとう。
道中気を付けて!!
イメージ 6


前にも書いたけど、何でこちらの台風って狙いすました様に週末なんですかね?
確実に受注(売上)に影響します。
台風さん!!、平日に来てくださいな!!

台風21号が接近中なんで、週末、週明け、皆さんご安全に!!

↑このページのトップヘ