宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2017年08月

8月30日
該当日の予約者は、1名のみ。
当日宿泊希望者からの電話で2名追加の計3名。

3名の内、2名はバイカー。

NC750Xだそうです。
イメージ 1
このNCって700ccと750ccがあるみたい。
このシリーズは、てっきり全てがギヤ無しだと思ってたけど、これはギヤ付き。(選択できる様です。)
見えますかね?左ステップに通常のギヤが付いてるのが?
余計なお世話だけど、ギヤ無しバイクって面白いのかね?(苦笑)
ウチに来てくれる車種では、このNC700,NC750が、一番多い様な気がする。
電話予約の際に車種を確認するけど、これを聞いた時に思ったのが、多分おぢさんだろうって事。(笑)
でも、来たら20代の若者でした・・・。(苦笑)

次は、こんなのがチェックイン
新型V-MAX1700
イメージ 2
電話予約の際に排気量聞いてなかったんで、V-MAXって聞いた時には旧型V-MAX1200だとばかり思ってましたが・・・。
まぁ、ご存知の通り、私めのバイクは、旧型V-MAX1200でございます。
この車種も圧倒的におぢさんが多いからね・・・。(苦笑)
でもヘルメッコ脱ぐと、NC750と同様に20代の若者でした。(笑)
20代で、新型V-MAX所有できるって凄いね。
フルローンだそうです。
何年ローンなんだろうか?(笑)

バイカーは2台のみ。
イメージ 3
新型V-MAXは、USインターカラーが施されていた。
60年記念モデルの様で、カッチョイイ~ね。
USインターカラーも良いけど、俺は白赤のストロボカラーが大好きです。

公共交通機関で、ご来宿のお客さんと、俺のお薦めに外飲みへと。
料理も焼酎も喜んでくれて、連れてった俺も嬉しかったよ。
帰宿後には、バイカー2名を含めて宿飲みへと突入・・・。(苦笑)
1名がお眠になってたんで、規定時刻で解散。(笑)

8月31日
バイカー2名チェックアウト!!
イメージ 4
当然ながら、二人は個別の旅行者ね。
この2名、年齢は近いけど、居住地は全く異なります。
同時刻のチェックアウトだったんで、一緒に撮影。(笑)

NC750の若者が先に出ます。
若いから多少は反骨精神があっても良いけど、もう少し世渡り上手になった方が良いよ。
俺からのアドバイスな。
イメージ 5

別府へと。
イメージ 6

慌ただしい滞在だったけど、砂蒸し温泉に入れて良かったな。
次回は、もう少し余裕を持って来たら良い。
イメージ 7

熊本へと。
イメージ 8


この期間に滞在の3名様、宿泊ありがとうございました。
またの宿泊お待ちしとりまーす!!

表題の期間で、V-MAX CLUB九州支部の南九州エリアの面々が、宿泊に来てくれましたー!!
ハイ、俺の夏休みね。(笑)

8月21日のチェックアウトは、直前の日記の通り14床分・・・。
10床以上のシーツ替え、洗濯&取り込み、掃除、片付けとなると、1日仕事です。
しかもこの日は、雨で洗濯物が干せずに、コインランドリーへのピストン輸送でね・・・。
気合い入れまくって、やってると14:00過ぎにV4の爆音が・・・。
早過ぎやろー!!、まだ全然終わっとらんし。(苦笑)

1番乗りのMT-00が。(笑)
イメージ 1
相当にイジってる2003年式V-MAX
俺のと同年式やけど、オーバーレブで、エンジン乗せ換えてます。
どんだけ、回してますか?(苦笑)
ダミータンクに貼られたMT-00のマークが、オサレ。(笑)

平日なんで、皆さんバラバラに来られる様です。
わざわざ、休暇取ってまで来てくれた方が、大半でして、ありがたい限りでした。
簡単な受付を済ませて、俺は残務を片づけます。

この後、半休上がりの1名が来た所で、お薦めの居酒屋へ3人で向かいました。
後の3名は仕事終わりに ご来宿で、計5名での宿泊でした。
2名以外は初顔合わせだったけど、楽しかったね。
居酒屋での画像は、非常にお見苦しいので、自主規制します。(笑)
翌日に走りに行く予定だったんで、早めに上がりました。
帰宿後にチョイ宿飲みした後は、早目の就寝を促しましたよ。

チェックアウト!!
イメージ 2
ドカ パニガーレは女性でした。
宿泊当日に女性が1名来るって事、聞いてさ。(苦笑)
前もって、言ってくださいね、部屋割りがあるんで。


トライク!! ネット上ではよく目にするけど、V-MAXのトライク初めて見た。
イメージ 3


朝一のフェリーなんきゅうで、対岸の大隅半島へと。
企画者の計画では、こちらの薩摩半島側を走る予定だったけど、盆を過ぎたというのに、こちら側は何せ暑くてね・・・。
最高気温も落ちないけど、それよりも半端ない湿度の高さ。
って事で、俺が勝手に行先を変えました。(苦笑)
ゴメン、きちへる丼。

涅槃城(ねはんじょう)にて
イメージ 4
お客さん5台で、俺の1台を入れると計6台なんですが、1台居ませんね・・・。
トライクの方が、バッテリー上がりで、涅槃門で停車したままでした。
この後、皆で何度か押し掛けするはめに・・・。(苦笑)
この猛暑の中のトライク押し掛けは、正に訓練やったね。(笑)

トライク登場で6台
イメージ 5
この日は、開聞岳に雲が掛かっていて、残念な景色だった。
色んな角度から開聞岳眺めたけど、俺の中ではココから見た開聞岳が、一番綺麗やね。
この景色を見せてあげたくて、涅槃城に来たけど・・・。

ココでトライクの大試乗会。(笑)
俺も乗せてもらったけど、コレでよくバイクに付いて来れるなと感心。
車と同じでハンドルで曲がるんだけど、コレが気合いを入れないと曲がってくれません。(笑)
して、直線ではハンドルがブレてるし。
ステダン付けた方が良いと思うけど、ステダン付けると余計に曲がらんよね?(苦笑)

さて、ココからは来た道を根占まで戻ります。
俺が先導なんで、ボチボチペースでね。
トライクが居たんで、無茶な行為は控えましたよ。

根占から先は、高速ワインディング。
其々に速度域が違うんで、ココからはフリー走行。
皆、一気にカッ飛んでいきました。(笑)
さて、俺は最後尾から追い上げます。

全員無事に内之浦宇宙観測所に到着
イメージ 6
ココで1台 新型V-MAXが合流で、計7台でした。

ココって、高地だけど、鬼の様に暑い・・・。
イメージ 7

V-MAXのカスタムも人其々やね。
今回一番俺の目を引いたのは、このMT-00。
イメージ 8


昼食は、バッテリー上がりの車体があったので、スタンドが近くにある街中の飲食店へと。
イメージ 9

昼食後のトラブル談義。
イメージ 10


ココで解散です。
宿の片付け一切やらずに来てますからね。(苦笑)
俺は、垂水フェリーで薩摩半島側に戻ります。

今回、宿泊頂いた皆さん、本当にありがとうございました。
宿主の俺が一番楽しまさせてもらった様な気がします。(笑)
こうやって、平日に企画してもらえれば、俺自身も付き合えますんで、またの企画をお待ちしとりますよー!!
特に企画者のきちへる丼、いつもありがとぉぉぉ~!!

最大で16名宿泊可能なんで、また利用してやってください。

バタバタしとりまして、更新が遅れました・・・。

8月19日
おや?以前に見た事のあるバイクが・・・。
イメージ 1
ハイ、前回トラブルで来れなかった1台が、リベンジで来てくれました。(笑)


8月20日
チェックアウト!!
イメージ 2
内1名は、3回目のリピート。
バイカーで3回目のリピーターは、彼が初です。
本当に嬉しかった。
T君、ありがとね。

最近は、カブリ物が流行ってるんですかね?(笑)
ショッカーが増殖中の様です。(笑)
イメージ 3
前回トラブルで来れなかったNinja1000
かなり、やんちゃな仕様でしたが、職種を聞いてびっくり!!
お堅い業種のお偉いさんでした。
今回は、早目のチェックイン⇒砂蒸し温泉⇒外飲み⇒宿飲みと十分に堪能頂けた様で、何よりでした。
宿飲みでは、お三方とバイカー以外のお客さん2名と俺も混ざりました。
楽しかったね。

ありがとうございました。
イメージ 4

道中気を付けて!!
またの宿泊お待ちしとりまーす!!
イメージ 5


さて、この日は、バイカー9台の14名でした。
本当は、バイカー10台だったけど1台1名減で9台。
車が来なければ、最大収容人員の16台は停車できると思う。
イメージ 6

1台、3台、5台の組合せ。
後列の5台が、苦手なOTAのB社受けでね・・・。(苦笑)
何度経由メールを流すも、一向に返信無しでさ。
前日に電話があって、バイカーって事が判明・・・。
ちゃんと返信してくれよな!!
ココの予約票は、名前の記載しかないんでね・・・。
大学生の5人組でした。
イメージ 7

ピンボケでごめんなさい。
イメージ 8

これもピンボケ・・・。
全体像を撮りたかったけど、車が邪魔で・・・、ハイ。(苦笑)
イメージ 9

この日は、バイカーを含めて、14名だったんで、随分と賑やかでした。
5名が若い大学生やったしね。
でも、若い子達が、こうやってバイクに興味を示してくれるのは、俺としては嬉しい。

翌日、それぞれのバイカーをメインボードサインの下で撮ろうと思ったけど、雨でね・・・。
其々に早目のチェックアウトを促しました。

14名の皆さん、宿泊ありがとうございました。

昨年の盆休と比較して暇と書きましたが、飛込みで入って来てそれなりにバタバタしてて、ブログアップが遅れてました・・・、ハイ。

この期間のバイカーは、何故か全てOTA受けでね。
まぁ、HP直受けとOTA受けで、その対応に差別化はしてないけど、やっぱバイカーは、直予約で来て欲しいのが本音です。(苦笑)
この期間のバイカーは、一切写真撮ってません。
その代わりに大学生の自転車グループをば。(笑)

直近の日記で書いたけど、同一大学からウチに3グループが来てくれました。
全て、男女の組合せの1グループ6名。
イメージ 1
このグループは、女の子がリーダー。
彼女は中々のまとめ役でした。

前泊した2グループと同様にこのグループも一泊のみの予定だったけど、実はトラブルがあってね・・・。
一名が具合が悪くてダウン。
して、2泊となりました。
イメージ 2


具合が悪くて、ダウンしてた人間は、2泊目一日中寝て、無事に回復。
でも、残りの5名は、翌日しっかりと観光できて、良かったやろ?(笑)
ちゃんと指宿の観光情報を彼らに伝えましたよ。
イメージ 3

予期せぬ延泊だったけど、無事にチェックアウト。
イメージ 4


体調が回復して良かったな。
イメージ 9
この大学は、男女の組合せのグループが定番の様です。
バイカーは、圧倒的に男の比率が高いけど・・・。
俺も自転車に転向しようかね?(苦笑)

猛暑の中を漕ぎ出します・・・。
イメージ 5

可愛いらしいお嬢ちゃん達やろ?
イメージ 6


ありがとう。
イメージ 7

道中気を付けて!!
イメージ 8

自転車に拘らず、個人的にでも、また来たら良い。
どうやら話を聞くと、男女の組合せの6名で、計5グループだったそうな。
5グループの内の3グループは、ウチに来てくれたけど、他の2グループは何処へ?(笑)

まぁ良い。
3グループ共に、ありがとうございました。

ハイ、盆休やね。
今夏の盆休は、比較的ゆっくり気味・・・。(苦笑)
もう焦っても仕方が無いんで、マイペースでいくとしましょうか。
期間中に来てくれたゲストさんの一部をば。

関東のとある大学の自転車部?サークル?だそうです。
イメージ 1
う~ん、若いって良いね。

大学の自転車のグループは、決まって自炊したがるよな。(苦笑)
イメージ 2

パープル、グリーン、オレンジって、これは一体?・・・(笑)
イメージ 3

実は、同一日に別口で大学の自転車グループの6名がもう一グループあってさ・・・。
両方とも直受けだったけど、同じ大学でした。
同一大学の2グループならば、予約フォームのメッセージに一言記載しといてくれよな・・・。(苦笑)


日を変えて、この時は、バイクのお客さん3名と外人の予定でしたが・・・。
イメージ 5

WRのお客さんは前日からの2泊、後ろの2台は1泊。
イメージ 6

したら、何故かバイクが4台に・・・。(翌日の画像)
イメージ 4


こんなのが、規定チェックイン時刻を随分と過ぎて入って来まして・・・。
KTM 125
イメージ 7
バイカー3名とリビングでまったり話してると、20:30過ぎにAirbnb経由で当日宿泊希望メッセージが入ってきてね・・・。
して、現在地が枕崎近辺って・・・。
受理するか、蹴っ飛ばすか、迷ったけど、受けましたよ。(苦笑)
バイカー4台+外人2名の僅か計6名だけだったけど、この日は何か疲れまちた・・・。

神奈川からのバイカー チェックアウト
イメージ 16
折角の長期リフレッシュ休暇だったなら、もう少しゆったりと旅程組めば良いものを何だか慌ただしくてね・・・。
まぁ、人それぞれなんで、とやかく言うまい。

次回は、もう少し余裕を持っておいで。
イメージ 8

道中気を付けて!!
イメージ 9

この二人は、個別のお客さん。
イメージ 10
翌日の旅程聞いて、俺が強権発動で、くっつけました。(笑)
強権発動ってのは嘘、ちゃんとお二方に了承取った上での事。
対岸大隅半島へと。
俺からの始発フェリーなんきゅうの情報は、バッチリ!!(笑)


福岡と大阪からのバイカー チェックアウト。
イメージ 11
ドカST2、これ久々に見た。


大阪らかのWRのバイカーは、3台持ち。
対岸大隅半島の高速ワインディングは、WRじゃキツイやろ。
次は、ロードのリッターバイクでおいで!!
佐多岬~内之浦~志布志へと。
イメージ 12


Airbnb経由でのレイトチェックインの彼は、台湾からの留学生でした。
イメージ 13
留学4年目で、最後の夏休みを利用しての日本一周中。

60L程の重たいバックパックを背負っての、バイク旅って・・・。(苦笑)
イメージ 14


荷物が多過ぎる様な気がするが・・・。
イメージ 15
昨夜がレイトチェックインだったんで、砂蒸し温泉には逝けずで、翌日朝一発目で、砂風呂へと。
彼もフェリーなんきゅうで、対岸大隅半島佐多岬を目指す予定だったから、2発目の10時発に乗せるべく、早目に帰ってくるように伝えていたにも関わらず、入浴時間1時間オーバーで、9:40に帰宿・・・。
10時発の便に間に合ったのかね?
まぁ、何とかなったでしょう。


期間中に宿泊してくれた皆さん、猛暑の中ありがとうございました。
又の、宿泊お待ちしとりまーす!!

↑このページのトップヘ