宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2016年11月

11月18日
午前中にシーツ替え、洗濯、掃除してると、宿の周りを行ったり来たりしてるバイクの排気音が、聞こえてくる・・・。(苦笑)

今日は、バイク1台がチェックインしてくる予定やけど、チェックイン予定時刻は夜なんで、飛び込み客だろうかと、外に出て見ると、いかにもって感じの格好をしたバイカーが、内部看板を眺めてまして・・・、ハイ。(苦笑)

鹿児島市のバイク乗りから、ウチを紹介されたV魔乗りでした。
今日は、他所に宿泊予定があるんで、ウチには宿泊しないって事だったけど、一応、宿の中を見せて、コーヒーでお相手をば。
まぁ、次に繋がれば良い。

和歌山からのV魔乗り。
イメージ 1
強面だったけど、メッチャ低姿勢の良い人でした。
このV魔、オドメーター2回転目だと!!
ハイ、20万km超えです。(苦笑)
俺のは、ようやく7万km超えなんで、まだまだ「お子チャマ」やね。(笑)
エンジン2回オーバーホール実施だそうです。
そうまでして乗るって事は、半端ない愛着があるんやね。
大事に乗って、3回転目(30万km超え)を目指してください!!(笑)

次は、ちゃんと泊まってやってくらさい!!(笑)
宿泊、待っとりますよ~。
イメージ 2
メッチャ、良い笑顔やね。
道中、気を付けて!!


ハイ、夕方に予約があったバイクが1台チェックイン。
その後に当日電話予約で、もう一名がチェックイン。
この日は、金曜日なのに2名のみ・・・。
ほんっと、暇々です。(苦笑)


11月19日
大阪からのお客さんチェックアウト
イメージ 3
彼は、比較的休みが取りやすい職種。
この職種は、ウチでは2人目。
大学が、こちら鹿児島県内だったとの事。

今度は、ゆっくりおいで。
イメージ 4

対岸の大隅半島 佐多岬へと。
イメージ 5
当然、「フェリーなんきゅう」の割引チケットは渡しましたよ。


この日も、週末の土曜日なのに予約は、2名のみ・・・。
マヂに副業でもせんと、宿業だけじゃメシ食って逝けんな・・・。(苦笑)


11月20日
香川からのお客さんチェックアウト
イメージ 6
彼は、若いのに元気がなくてさ・・・。(苦笑)
総じてテンション低かったけど、そういうキャラクターなんやね。(笑)

対岸大隅半島(佐多岬)へと。
イメージ 8
バイクの人間って、つくづく突端(岬)が、好きやね。(笑)
彼にも当然、「フェリーなんきゅう」の割引チケットは渡しました。
そ、ウチに泊まってから行けば、お得です。
割チケは、残29枚と、まだまだ沢山残っているんで、予約の際に言って下さい。

ポーランド人チェックアウト
イメージ 7
ポーランドって、共産圏で旧東欧の国やね。
俺が長旅してた頃の15年以上前って、東欧の旅行者って、まず旅先で会わなかったけど、最近は、こちらの国々の人間も旅行するんやね。
ポーランド、ハンガリー、ルーマニア等の旧東欧諸国からも、ちらほら来てくれたりしてます。
今は共産色が随分と薄くなったし、生活も豊かになったんやろうね。


少ないながらもウチに来てくれた皆さん、ありがとうございました。
また、来てやってください。

ハイ、暇なんで、バイクのメンテでもします・・・。(苦笑)
本当は、副業でもせなイカンくらいの状況やけど、一人でやってるんで、その副業すらできん・・・。
どなたか、在宅で できる仕事があれば、教えて下さい。

さて、タイトル通りにメンテでもします。
実は、キャリパーピストンの揉み出し&洗浄は、今月上旬にやってたんだけど、見事に失敗してまして・・・、ハイ。(苦笑)

左キャリパー揉み出ししてる最中に、ピストンの1個が飛び出して、すっぽ~んどっくどっくどっく~と、ブレーキフルード撒き散らかして・・・。
あぁぁぁ~!!っとさ。(苦笑)

慌てて、ピストンをキャリパーに押し込んで、組み込んで、そこからエアー抜きです。
右キャリパー、リアキャリパーのピストン揉み出し&洗浄は、この時既に終了してたけど、左キャリパー失敗で、ほったらかしてたんで、本日実施。
ブレーキフルードって塗装面に付着すると剥離するやろ?
前回、エアー抜きに手間取って、水洗いする迄に時間が掛かってしまった。

して、塗装剥離確認と再度の左キャリパー揉み出し&洗浄を実施。

左下の赤丸部分が、前回飛び出したピストン。
イメージ 1
この純正キャリパーって、いっつもこうやって、ピストン出代が異なるね。
前にピストンとシール交換をバイク屋でやってもらったけど。

右側が出過ぎて、左側が全く出てこないんで、布テープで固定して、揉み出しをば。
イメージ 2

ハイ、前回抜けたピストンが出てきました。
だけど、今度は左上が全く出ない・・・。
イメージ 3

ならば、下に「キャリパーピストン押さえ」を固定して、右上ピストンが出てこない様に手で押さえて、ブレーキレバーをニギニギします。
イメージ 4

ハイ、ようやく出てきました。(赤丸部位)
イメージ 5

何か打痕があるような気が・・・。
イメージ 6

しばらく ぬるま湯につけておこう。
イメージ 7

後は、ピストン一個一個揉み出して、中性洗剤と歯ブラシでピストンをゴシゴシします。
イメージ 8


揉み出し&洗浄が終わった所で、仮組みしてから、レバーにぎにぎします。
圧が掛かった所で、再度外して、状況確認。
中立が出て無いみたいやね。
左と右でピストンの出代が異なる・・・。
パッドの方減りが無いから良いのか?
イメージ 9
心配してた、左下のピストンのカジリ、ピストンシール破れは無かった。
ブレーキフルードが、ダダ漏れで、前回慌てて組んだからね・・・。(苦笑)
ブレーキフルードによる塗装面剥がれも無く、無事終了。
ダイマグホイールに大量に掛かってしまったんで、心配だった。
エアー抜き後、しばらくしてからの水洗いだったんでね・・・。(苦笑)

自分でメンテやる人間は、知ってるだろうけど、ご参考までに。
ブレーキフルードのエアー抜き。
マスターシリンダーをラジポンに変えてる場合は、キャリパー側からエアー抜きしても、全く抜けませんよ。
キャリパー側エアー解放部位。(赤丸部分)
イメージ 10

ラジポンに変えてる場合には、マスター側からエアー抜きした方が良い。
マスター側エアー解放部位。(赤丸部分)
イメージ 11
マスター側エアー抜き ⇒ 左右キャリパーエアー抜き
左右キャリパーのエアー抜きは、どちらが先でも構わない。
要はマスター側を先に抜かないと、キャリパー側からでは、いつまで経ってもエアーが抜けません。

何度もやってるんで、勝手知ったるだけど、別のバイクで、初めてラジポン付けた時に、いつまで経ってもエアーが抜けなくてさ・・・。(苦笑)

ブレーキのメンテは、しっかりしとかんとね。
以前にキャリパーピストンが、戻らない悲劇があったし・・・。
走行中だったら、すっ転んでたと思う。

では~。

今月は予測通り、かなりお客さんが少ない・・・。(苦笑)
少ないながらも、バイクで来てくれたお客さんをば。
ブログアップ承認もらって、写真まで撮ったけど、このまま埋もれて行きそうだったんでね。(笑)


Kawasaki ER-6
イメージ 1
このバイクのコンセプトは何なのかね?
レプリカっぽいけど、そうじゃない。
カテゴリーは、ツアラーになるんだろうか?


名古屋から。
平日に来てくれたけど、遅い夏休みだそうです。(笑)
イメージ 2
11月上旬で、夏休みって・・・。(苦笑)
彼は、チェックイン後に疲れ果てて、何故か爆睡。(笑)


もう一丁!!
イメージ 3
中々の好青年やろ?
長期休暇が取得しにくい職業だけど、次回はゆっくりおいで。

また、来いよぉ~!!
イメージ 4

少ないながらも、お客さんは来てくれてるけど、何か俺の方が閉塞気味でね。
ま、気分入れ替えて、頑張りますよ・・・。(苦笑)

宿泊、お待ちしとりま~す。

11月某日

イメージ 1
夕暮れ前の肝付町にて


先月10月の売上も酷かったけど、今月は もっと酷い事になりそうな予感が・・・。
昨年の12月開業なんで、経験していない月の観光客動向が全く掴めてない。

10月って観光、温泉、開聞岳登山には一番良い季節だと思うけど、この時期は意外と少ないんやね。
それと10月は雨が多かったなぁ。
前にも書いた通り、指宿を始めとする南薩地域の夏の観光はお勧めしない。
指宿の目玉は、何と言っても砂蒸し温泉だと思う。
夏の暑い時期に砂蒸しになんぞ入る気にならんし、開聞岳登山も然りやろ?

前置きが長くなったけど、客足がしばらく遠のいてたんで、標題の通り日南方面にでも行ってみるかと前日にざっくりとしたルートを。
行きは、鹿児島市から高速(九州道⇒東九州道)で、曽於弥五郎インター ⇒ R71 ⇒ R222 ⇒ 日南 ⇒ サンメッセ日南鵜戸神宮都井岬佐多岬 ⇒ 南大隅町根占港フェリー ⇒ 指宿

で記載してる所が、寄るポイント。
本来、観光地には極力寄らずに、ワインディングを自分の速度域で走るのが、俺のバイクの楽しみ方
だけど、今は商売柄、情報求められるからね。
サンメッセ日南以外には、行った事あるけど、佐多岬以外は全て地元の福岡からで、こちら指宿に転居してから指宿側から行くのは初めて。
サンメッセ日南って、最近出来た観光スポットやろ?(モアイ像)
入場料取られるみたいやけど、ウチから行くお客さん多いんで、一応寄ってみるかと。
周辺のルート探索も含めて行ってみる事にした。
佐多岬は、どうせ「フェリーなんきゅう」使うんで、ついでに組み込んでみた。
割引チケットも使ってみないとね。(笑)

前日は、香港からのお客さん2名が宿泊していた。
急遽、飛び込みで入って来たけど、翌日は走りに逝く予定だったから、チェックアウト何時にしてくれるのかが問題だった。
私用だから、催促する訳にもイカンしね。(苦笑)
結局は、8時過ぎにチェックアウト。
お見送りしてから、バタバタ準備するもスタートは9時過ぎ・・・。
当然、シーツ替え、洗濯、掃除は、する暇無しで、ほったらかしね。(笑)

鹿児島市までは広域農道で一気に駆け抜ける。
走り出して、気付いたけど、スタート時刻が遅過ぎた。(苦笑)
九州道までは順調に距離を稼げたけど、東九州道入ってから、ノロノロ運転の先導車に捕まる・・・。
東九州道って、高速道路やけど、対面交通でね。
追越車線出てくる度に追い越してきたけど、ちっとも進まない・・・。
ようやく曽於弥五郎インター降りて、R71へと。
遅れた時間を取り戻すべく、初ルートだったけど、開け開け状態。(苦笑)
と言っても、ココは、タイトコーナーだし、民家を擦り抜けて行く様な道だったんで、当然自主規制はしてます。
路面も荒れてたし、取締りポイントも全く分からずだったんでね。
路面状況は良くなかったけど、このR71は面白かった。

その後、R222で一気に日南市まで。
ココも初走行ルート。
ココは、道幅も広くて高速コーナーが続く。
途中で、飫肥って言う城下町を通過。
時間の関係上、寄りはしなかったけど、落ち着いた良い雰囲気の所やね。
今度、寄ってみよう。
この時点で、時間がかなり押してて、サンメッセ日南と鵜戸神宮は諦める事にした・・・。
日南からだと帰路と逆方向になるからね。
折角なんで、都井岬だけは、行っておこうと日南からR448で南下。
だけど、都井岬方面 全面通行止めだと・・・。
恐らくは、台風16号の影響だろう。
事前情報を入れなかった、俺が悪いわな・・・。

南郷からR220の迂回ルートで串間市まで。
串間市からR448で都井岬へは、アクセス可能。
どうしようか迷ったけど、今回は諦めた。

串間市のファミマで休憩。
イメージ 2
この時点で、時刻は15時前・・・。
当然、佐多岬も諦めて、フェリーなんきゅうの最終便17時に乗るべく、帰路を急いだ。
陸路で指宿まで帰る気力がなかったし、割引チケットを使ってみたかったしね。
R448をそのまま使用して、志布志へと。
ココ志布志から、鹿児島県ね。

R448で内之浦宇宙観測所まで。
ココも初走行ルート。
鹿屋側からのアクセスが、いつものルートだけど、こちら側からは外海のタイトコーナー。
景色を楽しむ余裕もなく、フェリーに間に合う様に 開け開け。(苦笑)
ココは狭いけど、走っていて楽しかった。


夕暮れ前の肝付町にて
イメージ 3
折角の逆光じゃない写真やけど、太陽が雲に隠れていて、光量不足やね。

角度を変えて、もう一丁
イメージ 4

バタバタ写真撮って、ノンストップで一気に根占港へと。
内之浦宇宙観測所手前から根占港は、何度も走った事のある勝手知ったるルート。
それよっか、最終便に間に合うかどうかだった。

16時30分前に根占港到着。
割引チケットは当り前だけど、使えましたよ。
しかしながら、俺が乗船した直後に出航???
只今の時刻16:30・・・。
11月から冬ダイヤとなっていた様子で、16:30発最終便です。
17時発と思ってたんで、危なかったね。(苦笑)


船上から眺めた開聞岳
イメージ 5
夕日やけど、何か月みたいに見えるよな。

帆船が・・・。
イメージ 6

帆船よね?
イメージ 7
観光船なのかね?

ハイ、今回は、ほぼノンストップの走りっ放し状態で疲れたけど、楽しめました。
ルート情報収集だけで、どこにも寄れなかったんで、次回リベンジしに逝こう。


フェリーなんきゅう割引チケットですが、残2枚となっていたんで、追加申請で、貰ってきました。
30枚追加!!
イメージ 8
残2枚+追加30枚ー今回使用分1枚=31枚
まだ、たっぷり残ってるんで、予約の際に言って下さい。
期限は2017年1月31日迄です。

ウチに寄ってからではないと、割引対象にはなりませんので、ご注意を!!

11月末くらい迄は、こちら指宿はまだ暖かいんで、バイクには良いシーズンだと思います。
車も割引対象ですが、自転車は対象外です。
では、宿泊お待ちしてます。

↑このページのトップヘ