宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2016年10月

10月25日
このお客さんは、弾丸で来てくれました。
大阪からバイク2台でご来宿。
行きも帰りもフェリーで、ウチに一泊のみ・・・。(苦笑)
ま、一般の社会人の場合は、休みが中々取れんから、仕方がないね。
でも、暇なこの時期に来てくれて、嬉しかった。

チェックイン後は砂蒸し温泉へと、その後「ゆのはまバル」へ行きたいとのご要望で、お供してきましたよ。(笑)
このお客さんは、ブログ読んでくれてたみたいで・・・、ハイ。(笑)
ほんの微々たるものだけど、地域貢献できてるのかね。

翌日がフェリーなんきゅうで対岸の大隅半島の始発だったんで、早目帰宿の早目解散。
フェリーなんきゅうの割引チケットは渡しました、(残2枚
フェリー割引チケットは、残2枚です。
希望者は、予約の際に伝えて下さい。


10月26日
チェックアウト
イメージ 1
職場の先輩、後輩だそうです。
職場で同じ趣味って良いね。

もう一丁!!
イメージ 2
レプリカとアメリカンの組合せ・・・。(苦笑)
速度域が全く異なるだろうから、お互い疲れるだろうに。
ワインディング入ったら、別れるとさ。(笑)
GSX-R1100のお客さんは、俺と同い年でした。
てっきり、俺の4~5つ下だろうと思ってたけど、見た目随分と若い。


Walter Wolf仕様 GSX-R1100
イメージ 3
Γでこの仕様は何度か見た事あるけど、GSX-Rでは初、カッチョイイ~ね。
この時代のレプリカは良い。
スズキ車に定番のヨシムラ、爆音でした。(笑)

対岸大隅半島佐多岬へと
イメージ 4
道中気を付けて。
ご丁寧に、この後に画像付きのメールありました。
中々良い写真が撮れてたね。

今回は、弾丸だったけど、次回はゆっくりと来てやってくださいまし。
ありがとうございましたー!!

10月22日
この日の予約も0・・・。(苦笑)
シーツ替え、洗濯、掃除を終えて、一段落してると、全身ずぶ濡れのチャリダーが入って来た・・・。
只今の時刻午前10時。
「飛び込み客だな。」と思って話してみると、日本語のイントネーションが何か変。
韓国人でした。

断る理由は無いけど、全身ずぶ濡れの姿を見たら、正直な所「面倒臭いなぁ。」とね。(笑)
荷物もずぶ濡れだったし・・・。
でも、可哀想なんで受け入れる事にしました。
バスタオル貸して、濡れた荷物を干してあげて、コインランドリー、コンビニまで車で連れて行って、もう至れり尽くせり。

この日は、大雨洪水注意報が出てたくらいの土砂降りだった。

韓国人の対応を済ませて、まったりしてると、当日宿泊希望者から電話が入る・・・。(苦笑)
しかも、この土砂降りの中を日南(宮崎)からバイクで来ると・・・。
九州のバイク乗りでは無い様子だったから、ウチまでの最短ルートを案内して受け入れる事に。
予測していた時刻通りにチェックイン。
こちらもずぶ濡れ・・・。(苦笑)
ココからは、韓国人と同じく、バスタオル貸して、濡れた荷物を干してあげて、コインランドリー、コンビニまで車で連れて行って、もう至れり尽くせり・・・。(苦笑)
こちらは、関東からのガールズバイカーでした。


ガールズバイカーと韓国人。
宿飲みちう。
イメージ 1
韓国人のI君とは、最初英語でやり取りしてたけど、「ココは日本なんで、日本語で喋って下さい。」とさ。
日本語ペラペラでは無かったけど、意思疎通には支障が無いレベル。
彼は、英語、中国語(普通話)、日本語、韓国語の4カ国語ができます!!

彼女は、いつもニコニコしていた。
イメージ 2
いつも笑顔で居られるって、良い事やね。
見た目の可愛さとは異なって無計画に九州に来たとさ・・・。
しかも、関東⇔九州間を行きも帰りも陸路(高速)だと・・・、う~ん真似できん。(苦笑)


イメージ 3
翌日も雨だったから、バスで観光&温泉に行って来るように、ご提案。
バイクも自転車も濡れないから、こういうのもアリです。
「折角だから、二人で行ってきたら良い。」って言ったけど、どうやら行き先が、全く異なるようで、翌日は個別行動・・・。(苦笑)


10月23日
この日は、一名のご予約。(バイクでのお客さん)
2泊目の2名とこの日入ってくるお客さんで、計3名。

この日も土砂降り・・・。(苦笑)
二人は、朝からバスで観光へと。
バイクなんで、多分ずぶ濡れで来るだろうと、予定チェックイン時刻前に対応準備を済ませて、待ち受ける。
ハイ、予定チェックイン時刻通りに、ご到着。
イメージ 4
しっかりしたカッパ着用だったんで、このお客さんはずぶ濡れでは無かった。

KTM 1190 アドベンチャーR
イメージ 5
随分とお高いバイクやね。

ウチでは初の北海道からのバイカーでした。
鹿児島で札幌ナンバー!!
イメージ 13
BMW GS1200といい、この手のバイクって、決まってでっかい弁当箱(パニアケース)付けて来るね・・・。(苦笑)
まぁ、今は暇な時期なんで良いけど、GW、盆休みのバイクのお客さんが混みあう時は、このサイドパニアで俺の車庫割が狂ってしまう。
サイドパニアがある場合には、予約の際にその旨、伝えてもらえると助かります。
この手のバイクは言われなくても、今後は両左右に弁当箱が付いてくる物として、車庫割するようにします。(笑)


この日は、お客さん3人だけだったんで、定番の立ち飲み屋「ゆのはまバル」へと。
韓国人I君も誘ったけど、風邪引いてるから行かないって事で、3名で。
飲み過ぎました・・・。(苦笑)
泥酔して、北海道のバイカーMさんとバルの店長に絡んでしまっていた様子・・・。
お二方、不快な思いさせて、申し訳なかったです。


10月24日
この日は快晴!!
ガールズバイカー チェックアウト
イメージ 6
バイクで旅するなら、カッパとブーツカバーは、良い物を買った方がいいよ。
あんなテロテロカッパだと、着ても着なくても同じだからさ。(笑)
おぢさんからの提案です。

暗くて よく見えん、只今の時刻5時50分。
日の出前。
イメージ 7
2泊してくれて、ありがとね。
道中気を付けて、また来いよ!!


北海道のバイカーMさんは、延泊で対岸の大隅半島へと。
当然、フェリーなんきゅうの割引チケットは渡しました。(残4枚

韓国人I君は、更に延泊で、自転車で枕崎方面へと。

この日は、オランダからの一名で、計3名。
OTAのA社からの予約。
ココは、100%事前決済だから、B社のようにブッチギリは無いけど、予約票はB社と同様に情報が少な過ぎる・・・。
チェックイン時刻も性別の記載も無し。
何時に入ってくるのか分からないまま、結局、規定チェックイン時刻前の13時に自転車で入ってきた・・・。(苦笑)

夕方に二名が帰宿。
この日は、前日に飲み過ぎたんで、おとなしくしとりました。(苦笑)
オランダ人と韓国人は、早目にご就寝。


10月25日
オランダ人 お父さんチェックアウト
イメージ 11
お父さんって言っても、俺より随分と年下ね。(笑)
彼は、中々の強脚のようで、色んな国を自転車で旅してました。
4ヶ月の休みを利用して、日本とその他の国への自転車旅。
4ヶ月も休みがあるんやね?、羨ましい。
道中気を付けて!!

韓国人チェックアウト
イメージ 12
1泊の予定だったけど、3泊してくれて、ありがとう。
最終目的地の屋久島 楽しんでこいよぉ!!

Mさんチェックアウト
イメージ 8
彼は、身長190cm超え!!
このバイクって相当にデカいけど、バイクが全然大きく見えんやろ?
外人は、この身長はザラだけど、バイク降りた時に俺驚いたモン。(笑)

う~ん、羨ましい体格やね。
イメージ 9
遠い北海道から、2泊してくれて、ありがとう。
頻繁には、来れんやろうけど、またおいで!!

道中気を付けて
イメージ 10

この間に宿泊頂いた皆さん、ありがとうございました。

10月21日
この日は、4名の直予約。(男性1名女性3名
内、1名(男性)が当日キャンセル・・・。
まぁ、ちゃんと連絡くれたから良い。

女性3名の内、2名はバイクでのご来宿。
はい、ガールズバイカーって奴です。(笑)

1名は、屋久島からトッピーでご来宿。
前にも書いたけど、ココ指宿って、やっぱり「○○ついでの観光地」やね。
鹿児島市観光か、屋久島観光のついでに、たったの一泊していく人間が大半・・・。
屋久島ついでに寄る人間が圧倒的に多い。
指宿周辺は、観光地も温泉も沢山あるのに、勿体ないなと思う。
俺も微力ながら指宿周辺の良い所は、ブログで発信してるけど、中々貢献できてないね・・・。

バイクの2名は、予定チェックイン時刻より大幅に遅れるとの連絡アリ。
この2名は、それぞれ別個のお客さん。
屋久島からのお客さんが最初にチェックイン。
その後にバイクのお客さんが、それぞれチェックイン。

ZX-25R、ホーネット250
イメージ 1
ZX-25Rは、レンタルバイク。
ウチでは、バイクのお客さん初の東北からだった。
社会人の場合は休みが少ないんで、仕方が無いね。
レンタルでもバイクで来てくれて、嬉しかったよ。

ホーネットは自前で、京都から。
イメージ 2

3名共、チェックイン後直ぐに「砂蒸し温泉 砂楽」へと。

その後の宿飲み。(笑)
イメージ 3
皆さん、温泉上がりのすっぴんだけど、大丈夫なのかね?(笑)
あ、ブログ掲載の了承は、ちゃんと取ってますよ、ハイ。
ウチでのこの状況は、非常に珍しい。(女性客のみ)

・・・。(笑)
イメージ 4
思いっ切りピンボケ・・・。
焼酎の一升瓶持って、吠えてる彼女は、下戸ね。(笑)
ほんの少しだけ飲んでました。(苦笑)

お三方とも お疲れの様で、この日は早目にご就寝。


10月22日
朝から土砂降りの雨・・・。
バイクの二名は、ウチからフェリーなんきゅうで対岸の大隅半島佐多岬へと。
二人は、知り合いでは無かったけど、行き先が同じだったんで、一緒に行ってもらう様に提案した。
雨で危ないしね。
当然、割引チケットは、二人に渡しました。(残5枚


リアル ガールズバイカー チェックアウト
イメージ 5
何がリアルかは、聞かないでね。(笑)
彼女は、この日記で紹介したバイク雑誌「ガールズバイカー」を見て、ウチに来てくれました。
初の雑誌掲載効果。(笑)
ZOUKEISYAさん、ありがとぉぉぉ~!!

イメージ 6


初の東北からの女性バイカー
イメージ 7

時間見つけて、次は自分のバイクで来てくれると、嬉しい。
イメージ 8
おみやげ、ありがとね。

土砂降りだから、気を付けてなー!!
イメージ 9
ガールズバイカーは、大歓迎します。
あ、ヤングオールドは、一切問いませんので、ハイ。(笑)
、バイク乗りは、歓迎します。


バックパッカー姉さんチェックアウト
イメージ 10
世界一周後にとある外国に住んでます。
カッチョイイ~姉さんでした。

一時帰国して、国内を旅行中。
イメージ 11


この間、ご宿泊の3名様、ご宿泊ありがとう。
また来てやってくださいまし~。

10月20日
はい、この日の予約は0・・・。
「まぁ良い、のんびりしよう。」って思ってたら、飛び込みで1名ご来宿。

予約無しでも全く問題ない。
飛び込みは大歓迎。
俺自身が旅する時は、飛び込みが常だし、宿の予約なんかしないからね。

俺が予約でチェックイン時刻を必ず聞くのは、予約入れられると待たなイカンやろ?
これは、当日/前日の電話予約も同じ事。

24時間受付のホテルじゃないんやし、対応は俺一人やけんね。
予約を入れておいて、チェックイン時刻の連絡が無い場合には、来ない物と見なして、一切待たないし、外出してる可能性もアリです。

予定チェックイン時刻通りに来ないと駄目などと、俺は一切言ってない。
連絡を受けたチェックイン時刻の前後1時間は見てますよ。
2時間以上前後する場合には、再度連絡してください。

飛び込み客に対しては、一切待ってないから、気が楽なんです。


飛び込み客は台湾からのチャリダーだった。
台湾⇒鹿児島まで飛行機に自転車積んで、約1ヶ月掛けて大阪まで。
関空から台湾へ帰るってさ。
それよっか、会社員でよく1ヶ月も休み貰えるよなぁ。
日本人は、働き過ぎなんだよ。
その割には、ちっとも経済状況良くないし、効率が悪いね。(苦笑)


10月21日
チャリダー チェックアウト
イメージ 1

この日は、土砂降り。
イメージ 2
延泊勧めて引き留めても良かったけど、予報ではずっと雨だったから、行かせました。
最近雨が多いね。
秋雨前線やろか?


道中気を付けて!!
イメージ 3

10月19日
この日は一名のみのご予約・・・。
当日、宿泊希望者から電話が入って、計二名でした。
当日宿泊希望者は、バイクでのご来宿。

先にバイカーがチェックイン。
ほぼ、聞いていた予定チェックイン時刻通りにご来宿。


えげつないマフラーの音が、宿の前を一度通り過ぎて行った・・・。
聞いていた車種通りやね。(笑)
Kawasaki GPZ900R
俺の中では、Ninjaって言われて想像するのは、ズバリこの車種。
今のカワサキは、殆どNinjaって名付けられてるけど、Ninjaの定義って何なのかね?
イメージ 1
どこのマフラーだろうか?
バッフル入って無いんで、爆音でした・・・。(苦笑)
要所要所にカスタムされていて、綺麗な車体だった。
チェックイン後に「砂蒸し温泉 砂楽」へ。

彼がチェックインした後に予約してた屋久島経由からのお客さんが、ご来宿。
こちらのお客さんは、指宿初訪問なのに砂蒸しには行かないってさ・・・。
ま、俺が強制する何者でもない。
でも一度は経験した方が良いし、勿体ないなとは思う。
このお客さんは、チェックイン後に駅方面へと。


Kawasaki乗りのYさんが、温泉後に飲みたいって事だったんで、二人で定番の「ゆのはまバル」へと。(笑)
満足してた様で何より、俺も連れて行った甲斐があったよ。
帰宿後は、また宿飲み。(笑)


10月20日
横浜からのバイク乗りチェックアウト
イメージ 2
ナンバーの角度が年齢の割には、やんちゃやね。(笑)

もう一丁!!
イメージ 3
リフレッシュ休暇を利用しての陸路での強行軍。(笑)
荷物が随分少ないなとは、思っていたけど、旅程を聞いて納得。
頻繁には来れないだろうけど、またおいで!!

対岸の大隅半島佐多岬へと。
イメージ 4
当然、フェリーなんきゅうの割引券は渡しましたよ。
彼で3人目で、残数7枚。
また来いよ!! 宿泊ありがとう。

↑このページのトップヘ