宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2016年07月

7月30日
朝方、今週最後の宿泊者のベルギー人を送り出してシーツ替え、掃除、洗濯を終えて、一段落してると とある方よりフェイスブックのメッセージが入ってくる。

おや?今からウチに来るご様子。(笑)
突撃訪問するのは慣れてるけど、されるのは慣れて無い・・・。(苦笑)
でも、ちょうどお客さん出た後だったし、かなりのグッドタイミング。

ハイ、対岸 大隅半島のV魔乗りSさん。
イメージ 1

折角来てくれたんで、コーヒーでお相手を。
俺は初対面だったしね。

繋がりは、フェイスブック。
彼は、先月ウチに来てくれた「V-MAX CLUB 九州支部」の時に一緒に来る予定だったけど、雨で断念したとの事でした。

周りから言われて嫌々始めたフェイスブックだったけど、こうやって仕事に繋がって良かった。

今度は、泊まりに来てくださいまし。
また、「V-MAX CLUB 九州支部」で利用してくれると、俺は嬉しい。
あ、支部長さん、次回は走り8割の、飲み2割でお願いします。(笑)

ありがとね、Sさん。
道中気を付けて!!
イメージ 2
行きも帰りも陸路だとさ、マネできん・・・。
対岸の大隅半島逝く時は、行きも帰りも俺はフェリー使います。

久々に大隅走ってみたいと思ってた所なんで、その時はヨロピクでつ。
もう一枚の写真はピンボケでちた、ごめんなさい。

V-MAXに限らず、バイク乗りは歓迎します。
宿泊お待ちしとりま~す。

ハイ、タイトル通りウチに設営したツバメの経過状況をば。

4日前の巣の下・・・。
イメージ 1
これは4日前だけど、今はもっとてんこ盛りになっとります・・・。
巣立った後に高圧洗浄機で洗わなイカンな。

盆休み前後の巣立ちだと思ったけど、成長が早いね。
たったの一週間で、今はこんなに大きくなってる。
イメージ 2
中々、ベストショットを撮らせてくれない。

一匹だけ、そっぽ向いてるし・・・。
イメージ 3
コイツだけ他の兄弟達よりも一回り小さい。
遠慮せずに前に出ないと、エサ貰えんぞ!!

イメージ 4


イメージ 5


来週末くらいが、巣立ちだろう。
って事で、ツバメの巣立ちを見に泊まりに来てやってくださいまし~!!
ご宿泊、待っとりまーす!!

7月25~30日
今週は、ウチにしては珍しくバタバタしとりました。
外人が、コンスタントに入って来てくれたし、3泊以上の宿泊者が多かったんで、非常に助かったよ。

この間に泊まってくれたお客さんをざっくりと。
飛び込みの日本人と台湾人の各1名、OTAからの4泊のオランダ人1名は、撮ってません。


フランスからの3名、貸切部屋に3泊してくれて助かったよ。
イメージ 1
チェックアウト時の写真はニコやかだけど・・・。
彼等は最初にチェックインして来た時は、全員サングラス掛けててムス~っとしてた。
「何か殺し屋みたな連中が来たな。」、「否、フランスだからコルシカマフィアか?」と思った。(笑)
話して見ると、至って普通の旅行者だったよ、当り前か。(笑)
見た目とは違って、フレンドリーな良い奴等だった。
一緒に飲もうかと思ったけど、滞在中は朝から晩遅くまで出掛けてたんで、お相手はできなかった。

機会があれば、また来いよ!!
イメージ 2


日本人とベルギー人
イメージ 3


遅くに帰ってきたオランダ人カップルと日本人
イメージ 4

宿飲み中
イメージ 5


イメージ 6


オランダ人カップルチェックアウト
イメージ 7
オランダ人の旅行者は、フレンドリーなのが多いね。
また、来いよ!!

道中気を付けて。
イメージ 8
しっかし、欧米人の荷物って、何でこんなに大きいんだろうか?(苦笑)
これは、俺が15年以上前にアジアを長旅してた時と変わらない。
何を持ってきてるのかバックパックの中身を見せてもらいたいね。(笑)

ベルギー人チェックアウト
日本人スタイルだとさ・・・。(笑)
イメージ 9
彼の旅程は、中々クールだった。
ベルギーからポーランドまで列車、ポーランドからロシアまで飛行機、ロシアからウラジオストックまでシベリア鉄道、ウラジオストックから鳥取境港までフェリーで日本へと。
俺もシベリア鉄道乗ってみたいね。
「当然、仕事辞めて来てるんだろ?」と思ったけど、6週間の休暇だとさ・・・。(苦笑)
日本人は、長旅しようと思うと大半の人間は会社辞めなイカンもんね。
ヨーロッパは、羨ましい事に こういう人間がが多いよな。
日本人は働き過ぎだし、かと言って景気が良い訳でもなくで、効率が非常に悪い気がする。

境港 ⇒ 京都 ⇒ 指宿へと。
よくぞこんなマイナーな観光地へ来たモンだ。(苦笑)
4泊の予定を3泊に切り上げて、熊本阿蘇へ。
イメージ 10
もうVサイン要らんってば・・・。(苦笑)
次は、彼女連れで来たら良い。

この間に宿泊の10名の方、ありがとうございました!!
また来てやってくださいまし。

7月21日
この日は、OTAから日本人が一人だけのご予約。
来てみると、ウチでは初めての客層の出張者だった。
これは、嬉しかったね。
出張者はこういった形式の宿は嫌うだろうって事は開業当初から分かっていた事。
だけど、普通の平日で集客するには、「外国人旅行者」か「出張者」しか居ないんです。
当り前だけど、一般の日本人は、平日働いてるからね・・・。
だから、出張者が泊まりに来てくれんかなぁと思ってた所、開業から半年以上経過してから、ようやく初の出張者のお客さんが来てくれました。

ウチは客層の特化は一切しないんで、どなた様でもご利用頂けます。
但し、こういった形式って事を認識してから来て下さいね。


7月22日
当宿初の出張者のお客さんチェックアウト。
Nさん、また来てやってくださいまし~。
ルートセールスで指宿には定期的に来るって事だったんで、リピーターになってやってね!!
ありがとうございました。

この日は、OTAから2名の外人がご予約。
ホステルワールドからの予約。
OTAの中では、ここのバウチャー(予約票)が、一番見やすい。
他のOTAバウチャーでは記載が無い「性別」も「予定チェックイン時刻」も最初から記載されている
メールもOTAを通さずに直接やり取りができる。
バックパッカーを対象としたOTAだから、安宿に慣れてるお客さんが多いんで、おかしな事を言い出す人間も少ないし、ブッチギリもほぼ無い。

ネックは、管理画面が日本語はなくて英語のみって事とユーザーが欧米系オンリーって事くらい。(アジア系でのユーザーは少ない。)
でも、安宿ならば、絶対に登録しておいた方が良い予約サイトだと思う。

ほぼ記載通りのチェックイン時刻に到着。
スコットランドとデンマークからで、2泊してくれました。


7月23日
この日は、OTAのB社から1名がご予約。(台湾人)
ココは相変わらずで、こちらからメール送信しても一切の返信無し・・・。
ホステルワールドの様に最初からバウチャーに「予定チェックイン時刻」と「性別」の明記くらいしてくださいな。
部屋割と受入準備があるからさ・・・。

ココの予約者って、メール返信してくれるのは、3割弱くらいだね。
ココは、外人だけじゃなくて、日本人も使うけど日本人も返信率は同じ
このサイトは予約を入れるだけ入れておいて、あとは知らん顔決め込んでくる人間が多過ぎる。
経由メールってのが良くないんだろうと思う。
直接やり取りさせたくないってのは分かるけど、もう少し改善してほしい。
来るのか来ないのか分からん人間を待つのって、ホスト側は疲れるよ。
待つだけ待って、ブッチギリ(無断キャンセル)は多発するし・・・。

その間に飛び込みで日本人が入って来てくれた。
彼は、以前に泊まってくれたお客さん。
「知り合い」と「飲み客」のリピーターは居ても旅行者でのリピーターは、彼が初めて。
嬉しかったよ、ありがとねK山君。
立ち飲み屋「ゆのはまバル」へ行きたいってリクエストだったんで、お供してきました。(笑)
俺は、台湾人の受入があったんで、早目に帰宿。


OTAの台湾人は、結局チェックイン時刻ギリギリにご来宿・・・。(苦笑)

日本人、台湾人、スコットランド人
イメージ 1

台湾人とデンマーク人
イメージ 2

う~ん、男オンリー・・・。
イメージ 3


バウチャーの国籍がスコットランドだったんで、てっきり白人系かと思いきや移住者でした。
インド出身で家族でスコットランドに移り住んでいる。
インド人特有の灰汁の強さは、無くて物静かだったね。(苦笑)
次に行く場所を検索中。
日本を含めて旅の期間は、1年以上だとさ。
羨ましいね。
イメージ 4
日本以外の旅程を聞いたけど、危ない国にも行く様子。
先が長いんで、道中気を付けてな!!

イメージ 5


7月24日
スコットランド人、デンマーク人、台湾人、日本人の4名全員チェックアウト。
この間、宿泊の4名様、ありがとうございました。
また、来てやってくださいまし~。

7月19日
この日は、直受けで3名が貸切部屋、OTA受けで1名がMixドミの予定。
貸切部屋は稼働率が少ないんで、ありがたいね。
直受けの3名は、日本人。
OTAの方は、ドイツから。

先に日本人がチェックイン。
大阪から車をフェリーに載せてのご来宿。
鹿児島には、おばあちゃんの湯治目的で来てくれました。
本当は、2泊の予定だったけど、仕事の都合で1泊になって残念・・・。


遅い時間にチェックインしてきたドイツ人と宿飲み中。
イメージ 1
おばあちゃんと運転手のいとこは先に就寝で、予約をくれた ご本人様が良い感じに酔っ払ってます。(笑)
それが画像で伝わるやろ?(笑)

俺は、前日の酒が残っていて、付き合えず・・・。(苦笑)
コーヒーでお相手をば。(笑)
あ、お二方に宿の焼酎は、ちゃんと提供しましたよ。
ドイツ人は、あんまり芋焼酎は、口に合わなかった ご様子。(苦笑)


イメージ 2


約1名、良い感じに酔いちくれとります。(笑)
イメージ 3
日本人のお客さんは、自分が買ってきたビールとツマミをドイツ人へ大盤振る舞い。

俺は、シラフだったけど楽しかったね。


7月20日
日本人3名様チェックアウト
ありがとうございました。
今度は、ゆっくり来てやってくださいまし~。

2泊目のドイツ人は観光と温泉へと。

この日は、バイクでのお客さんが1名の予約だったけど、土砂降りでキャンセルの電話が・・・、あぅ~。
当日キャンセルは宿泊料を100%請求するけど、この理由は仕方が無いんで、当然取ってませんよ。
キチンと連絡くれたからね。

って事で、この日は2泊目のドイツ人1名のみ。
ドイツ人を誘って例の「立ち飲み屋 ゆのはまバル」へと・・・。(笑)
売上もまともに上がって無いのに、連日連夜俺は何やってるのかね・・・。(苦笑)
店長から色々サービスしてもらった。
いつも、ありがとう。
お客さん大勢連れて来れる様に頑張ります!!


7月21日
ドイツ人 チェックアウト
イメージ 4
ゲルマン系のお顔立ち。
中々の別嬪さんやろ?

宮崎高千穂へと。
イメージ 5
2泊してくれて、ありがとね。
道中気を付けて。

↑このページのトップヘ