宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2016年05月

5月22日
ハイ、前出しの日記の通り、この日は激しい二日酔いだったけど、4床分のシーツ替えと洗濯だけは、どうにか午前中に終了。
掃除せなイカンのだけど、頭が割れそうに痛い、吐き気もアリ、腹具合も良くないって事で、そのまま休息・・・。

夕方過ぎにようやく復活。
でもまだ軽~く頭が痛い・・・。
こんなに二日酔いを引き摺ったのは、こっちに来て初めて。
この日は、お客さん0だったし、こんな状態だったんで、当然禁酒です。

翌日の天気予報を確認すると5月24日からひったすら雨模様。
梅雨入り宣言はまだだけど、これは恐らく梅雨に入ったのだろうと思う。
奄美大島は、梅雨入りしとぉよね。

翌日5月23日は、かろうじて晴れ。
それを逃すと、当分晴れ間は無いって事で、課題としてた開聞岳登山を決行する事に。
この日は、酒飲まずに早目に就寝。


5月23日
朝起きると、どんより曇ってるし、パラパラと小雨が・・・。
雨雲レーダーで確認すると10時以降に雨雲が取れて、また夕方以降が微妙な空模様。
って事で、雨雲の間隙を縫って10時以降に登山開始。
どうにか晴れ間が見えてきた。

真下からの眺め
イメージ 1
真下から眺めるとこんな感じなのか?
威風堂々とした圧倒的な存在感、悪くないね。

この山って、標高は1000m以下なんで、低い山なんです。
って事で「余裕で登れるやろ!!」って思っての登山だったけど・・・。
自分の著しい体力低下を思い知らされる結果に・・・。
山自体は、高くはないけど、楽な山では無いと思う。
5合目以上は、長いはしごがあったり、ロープで斜面を登ったり、大きな岩のガレ場だったりとね。
これは、高齢者には、かなりキツイと思う。
この日に出会った「山登らー」達は、平日だったんで、殆ど高齢者だったけどね・・・。(笑)
爺ちゃん、婆ちゃんの山登らー達は、元気良いな。(苦笑)
俺が、彼らの年齢で、この山に登るのは、無理だと思う。

この山は、頂上までは、木に遮られて景色がほぼ見えない。
景色が見えないから、登っていてストレスにもなる。
5合目のテラスと8合目以降にほんの僅かに景色を見せてくれる。

5合目
イメージ 2

イメージ 4

パノラマ撮影
イメージ 3


8合目過ぎのとあるポイント
奥に霞んで見えるのは佐多岬、手前が薩摩半島(パノラマ撮影)
イメージ 5

絶景やろ!!
陸の形がはっきりと確認できる。
霞んで見える先端は、枕崎方面。
イメージ 6

角度を変えて。
こうやって上から斜面を見下ろすと、勾配が随分とキツイ事がよく分かる。
イメージ 7

もう一丁!!
イメージ 8

パノラマ撮影
右に見えるのは、池田湖。
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

佐多岬(大隅半島)
イメージ 13

指宿山川
右側の海岸近辺が、指宿山川砂蒸し温泉「砂湯里」絶景露天風呂
指宿の温泉街は、山に隠れてその一部しか見えない。
イメージ 14

池田湖と彼方に霞んで見えるのは桜島(頂上より)
イメージ 15

パノラマ撮影(頂上より)
イメージ 16

頂上
イメージ 17

自分が想像していた以上にキツかったけど、この景色が迎えてくれる。
体力低下のヨレヨレ状態だったが、2時間ジャストで登頂。
頂上近辺は、大きな岩をひたすらよじ登って行く様な形で富士山の頂上近辺とよく似てるかな?

頂上は、かなり狭いんで、なるべく平日に行った方が良いと思う。
まだ、5月だけど、何せ暑くて汗だくで頂上まで来たけど、ココは猛烈な風が吹き荒れてる。
汗が一気に冷やされていく、「こりゃ風邪引くな?」と上着代わりに持ってきたカッパを着込む。
もうしばらく頂上の景色を楽しみたかったけど、下から登山者が上がってくるんで、迷惑にならないように早々に下山。
頂上滞在時間は、約30分弱。

完全に足腰が弱ってるな・・・。(苦笑)
登りよりも下りの方が、膝と足首に負担が掛かる。

5合目近辺で、携帯着信。
当日宿泊希望者からだった。
本当は、この後に絶景露天風呂に入って行こうと思ってたけど・・・。
ま、ありがたい話なんで、当然受けますよ。
予定チェックイン時刻を確認すると、近くまで来てるとの事で、駆け下りるように速攻で下山。

開聞岳初登山の感想だけど、もう一回登ってみたいと思った。
でもこの時期で汗だくだったんで、梅雨明けの夏は無理やね。
次は寒い時期の晴れ渡った頃に来てみよう。
って事で、次は年末か年明けやね。
ガスが掛かって無い最高の状態の写真を撮ってみたい。

膝と足首が痛かったけど、バタバタと下山して、車で急いで宿に戻る。
宿に到着後、ほんの数分で予約者がご来宿、間に合って良かった。(苦笑)

ハイ、次回からはウチのお客さんの開聞岳登山予定者にちょっとだけアドバイスできると思いますんで、聞いてみて下さい。(笑)
では、各位殿宿泊お待ちしております。

ハイ、この日は貸切部屋の1組のみが、ご来宿。
男性4人での利用。

この予約が、チト分かり辛くてさ・・・。
ウチのHP直の予約だったから、お客さんの詳細は分かったんだけど。
部屋の利用目的が、体の勉強って・・・。

ここで俺が想像したのは、「男4人で貸切部屋で、体の勉強で宿泊ってのは、どうにも怪しい。」って事。(笑)
ま、チェックイン後に本人達に確認して、変な事になりそうだったら、断ろうと思ってた。

で、実際に来た4人組を見ての感想だけど、至って普通でした。
最初学生さんなんだろうか?と思ったら、いい年齢してたね。(苦笑)
体の勉強ってのを聞いたけど、職種を確認するとなるほどと納得。
彼等は、同じ職種で九州内のあっちこっちから、指宿に勉強会で来たとの事でした。
今回は、指宿の人間の元に集まっての勉強会。


良かったよ、変な利用目的じゃなくてさ。(笑)
俺、下手したら追い出さなイカンかも?ってチト憂鬱だったからね。


チェックインが遅くて、その後は食事と勉強会で、指宿の人間の元へ。
今回は、放置で大丈夫だろうと思ってたら、電話が入る。
「23時頃に地元指宿の人間を連れて、宿に戻って飲みたいんですけど、大丈夫ですか?」とさ。
23時から飲み会スタートって事は、お開きがかなり遅い時間になるけど、他にお客さん居なかったんで、「良いよ。」と快諾。


宿飲みスタート
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


楽しかったね。
彼らの業界も色々あるようで皆さん其々に熱い想いがあるようでして。
よく飲んで、よく語りました。

で、この日のお開きは3時過ぎ・・・。
して、今回の皆さんにこの場をお借りして、お詫びをば。
お客さん相手に激しく泥酔してしまいまして・・・。
後半の俺は、偉そうに講釈垂れてるし・・・。
不快な思いをさせて本当に申し訳なかったです。


開業してから、あってはいけないけど、お客さん相手に泥酔するといった失態が何度かありまして・・・。
中でも今回が一番酷くて、当日の夕方まで酒が抜けなかった。
激しい二日酔いの頭痛の中で、自分の行動を激しく反省してました。


これに懲りずに、また次回の勉強会で利用してやってください!!
次回は、絶対に今回の様な事が無い事をお約束します。
ありがとうございました!!

ハイ、お客さん少ないながらも上げて逝きますよ。
この状態が続けばチトやばい状況なんだけどね・・・。(苦笑)
薄利多売・・・、週末は来て当り前、平日の集客をどうするかって商売だけど、俺んトコは平日所か週末さえ0の日が当り前やね・・・。

ま、腐ってもしょうがないんで頑張りますよ。


5月13日
少ないながらもHP直で予約をくれたバイクのお客さん。
本当にありがたい。

このお客さんは、砂蒸し後に外飲みへと。
帰宿時刻は、23時30分だったのかな?
もっと早ければ、芋焼酎でお相手しようと待ち構えてたけどね。(笑)


5月21日
この方達は、特殊業務。
ありがたいね、この業界はウチに結構来てくれます。
俺もその引き出しは多いんで、本当は飲んで色んな話をしたかった。
イメージ 1
ま、でも俺が勧めた居酒屋で満足してもらって、俺も嬉しかった。


宮崎からのお客さん
イメージ 2
近くなんで、また来てやって下さい!!
YAMAHAボルト 実車初めて見たよ。
中々、良いね。

CB1300SB ウチのお客さんって、この車種が一番多い。(笑)
これって、熊本の大津工場で作られてる。
ココで働いてるお客さんが以前ウチに来たけど、今って国内でのバイク生産は作れば作る程、赤字なんだとさ・・・。
製造業の構図は大枠分かります。
俺は、ずっと製造業だったからね。
日本はさ、人件費が高いから、製造業は安価な労働力を求めて海外に安直に出て行くけど、苦しくても国内に拠点を置くってのは、大手企業では偉いと思うよ。
ホンダはさ、熊本/大分震災で、ポンっと大金出したやろ?
大企業にしては、偉いよ。
さすが世界のホンダやね。

あ、大幅に話が横道に逸れたけど、今回のお二方ありがとうございました。
また、来てやってくださいまし!!

俺も苦しいけど、頑張ります。
被災地支援は別問題だからね。
特にバイク乗りの皆さん、ご宿泊お待ちしております。

5月15日
当日電話予約で一名がバイクでご来宿。
GW過ぎて、客足がパッタリとね・・・。
宿泊客0で、閑古鳥がカァ~カァ~と泣き叫んどります・・・。(苦笑)

彼は、キャンパーだったけど、翌日が雨なんでウチへと避難。
「ホームページを見てきたの?」と聞くと、「ツーリングマップルを見てきた。」とさ。
へ? ツーリングマップル??? 確かに申請はしてたけど、ウチの宿が最新版に載っている!!
お~!!ありがたい!!、昭文社さん 素早い対応ありがとうでした。
って事でツーリングマップル最新版の指宿のページ見てね。
ウチの宿が載ってます。
でもさ・・・、凡例がライダーハウスの「ヘルメッコマーク」じゃないよ・・・。
一応は、ライダーハウスで申請してたと思うけど・・・、ま 載せてもらっただけでありがたい。


5月16日
高知からのお客さんチェックアウト
イメージ 1
宿泊者一人で、申し訳なかった。
また、来てやってね。

5月18日
ハイ 暇ひまなんで、南さつま市でやってる「砂の祭典」でも見に行ってみようと、車で逝ってきました。
前にテレビで見た事があって、一回見てみたかったのさ。

おや?入場料取るのね?
てっきり無料で見れる物だとばかり思ってた。
5月1日~31日迄開催、GWの集客がメインなんだろう。
イメージ 2
でも入場料は、500円だから良心的だと思う。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

メイン砂像群
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14


画像の全部は、載せきれないので、その一部ね。
今年のテーマは、海なんだとさ。
それと砂像に熊本支援のくまもんのマークが彫ってありました。
砂像に彫ってある「がまだせ熊本」って、「がまだせ」ってのは鹿児島の方言なの?それとも熊本の方言なんだろうか?(苦笑)
ま、「頑張れ」って意味なのは、何となく分かります。

これが、¥500円で見れるならば、良いと思うよ。
砂で髪の毛とかの細かい所まで、綺麗に表現してた。
大きい物は、かなり大きいけど、砂でよく作れるモンだ。
1カ月も開催してるって事だけど、よく維持できるよなぁ。
指宿もそうだけど、この辺は風が猛烈に強いし、降雨時は大抵暴風雨だからね。


南さつま市から指宿市へ帰る道の展望所にて。(頴娃)
イメージ 15
この画像、見た事ある人も多いと思う。
コマーシャルとかパンフに、よく載ってる写真がこのポイント。

パノラマ撮影
イメージ 16
普段はバイクだし、近くだから写真撮るのが面倒だったけど、この日は車だったからね。
カメラも持ってきてたんで、撮ってみました。
薩摩富士(開聞岳)、絵になる山やね。
海に張り出した こんなに綺麗な稜線の山はここだけだろう。
ウチのお客さんって、ココ登る人多いのよ。
その都度、アドバイス求められるけど、登った事無いんで・・・ハイ。(苦笑)
宿主の俺が登った事無いってイカンね。(笑)
暇なんで、今度登ってみよう。


砂像は今月末までなので、気になった人は見に行ったら良い。
その際は、ウチに泊まってくださいまし。(笑)
暇ひまなんで、宿泊お待ちしとりますよぉ~!!

5月13日
前の日テレビ見てると、今年の鹿児島の梅雨は長いらしい。
5月もほぼ雨だと。
翌日が晴れって事だったんで、憂さ晴らしにこの日は走りに逝きました。
行き先は、いつものルート。
指宿~南さつま~笠沙~坊津~枕崎~指宿
ショートって言っても、往復200km弱。
ほぼワインディング+広域農道なんで、走りっ放しでも結構な時間が掛かる。

前にも書いた通り、南さつま~笠沙~坊津~枕崎方面は、かなり遠回りになるから、鹿児島県外のバイク乗りはほぼ来ない、鹿児島県内のバイク乗りが殆どだね。
でもこのルートは面白いし、絶景なんで、県外のバイク乗りにも是非走ってもらいたい。
全然観光地化されてなくて、それがまた良い。

絶景やろ?
イメージ 1
奥に見えるのは、吹上浜。
そう言えば、この時期は砂の彫刻があるんだったな。
今月末迄なんで、見に行ってみよう。

ここから先は、ひったすらタイトコーナー。
中低速コーナーで、たまに中央線が無い狭路が出てくるので、要注意。
でも、中低速コーナーだから速度は乗らない、仮に転倒しても大した事は無いだろう。
対向車に注意しながら走れば良い。


イメージ 2

ね?中央線が無いやろ?
でも走ってて実に気持ちが良い。
イメージ 3

この辺は道路拡張工事をやっている。
イメージ 4

ハイ、前回の宿題とした「笠沙恵比寿」へと。
イメージ 5

何か、小洒落た所やね・・・。
イメージ 6

う~ん、俺とは不釣り合いやな・・・。
イメージ 7

館内(宿泊施設+食事処)
イメージ 8

折角なんで、テラスで食事したけど、暑かった・・・。(苦笑)
イメージ 9

メニューね。
イメージ 10
これ税別だよ、随分とお高い。

海鮮丼 ¥1,300(税別)也
イメージ 11
美味かったけど、高いんで当り前か?
ここって何で恵比寿って言うのかな?って思ってたけど、ここで養殖してる海老をブランド化して売りに出してる様子。
エビスって名前はそのエビから取ったんでしょう。
って事で、俺注文する品物を間違えたのカモ・・・。(苦笑)
多分、メニューの「恵比寿丼」が売りなんだと思う。

でも再訪は無いな・・・。
高くて美味いのは当たり前だもんね。
して、俺みたいなオッサンが一人で行く所では無いよ。(笑)
女の子とか連れて来たら喜ぶんじゃなかろうか?
家族連れとかでも良いと思う。
俺には不釣り合いな程に随分と小洒落てた。

刺身関係で、安くて、美味くて、ボリュームがある俺の中の断トツNo.1は、やっぱ長崎県鷹島の「よし乃屋」やね。
あそこって、税込の¥1,000よ。
米粒が感動する程、美味いし、おかわりし放題だからね。
無性に逝きたくなるけど、今はおいそれと逝ける距離では無くなった。


して目の前を見ると・・・。
きっとこちらの方が、全然安くて美味いはず。
俺の嗅覚がそう言ってます。(笑)
次は、こっちに行ってみよう。
イメージ 12

「笠沙恵比寿」
決して悪くはないです。
俺には合わなかっただけの事。
宿泊もできるんで、家族連れかカップルで来たら良いと思う。
イメージ 13


ここからもしばらくは、タイトコーナーの連続。
イメージ 14

野間岬
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

ハイ、俺が大好きな後藤鼻の休憩場所
イメージ 19
ここは、下手に整地せずに、このままの状態を保持してもらいたい。

イメージ 20
昼寝でもしていこうかと思ったけど、毛虫君達がうじゃうじゃとね・・・。
いつものようにボンヤリ考え事、煙草を2本灰にして、帰路に付く。

ここからも しばらくはタイトコーナーの連続、バイクを右に左に寝かしこんでいく。
タイトコーナーから、高速コーナーへ一気にスロットルを捻り上げて行く。


バイクは、やっぱ良いね。
加速と共にモヤモヤが一気に吹き飛んでいく。
イメージ 21
酒なんか飲んだって、俺はダメやね。
俺にはバイクが一番のストレス解消!!


このルートは、良いよ。
ぜひ鹿児島県外のバイク乗りにも走って欲しい。

対岸の大隅半島のロングワインディングルートも素晴らしい。
こちらは、かなり速度が乗る高速コーナーだから、転倒したらチトやばいけどね・・・。
ただ、指宿からだと往復のフェリー代で¥4,000弱掛かるんで、頻繁には逝けんな。

指宿は、バイク乗りにとっては、天国みたいな所だよ。
一年中乗れる環境で、ワインディングパラダイス。
バイク乗りに以外でも、十分に楽しめる地域だと思う。

観光せずにただボンヤリするってのも全然アリですよ。
沖縄とはまた異なる のんびりとした南国の雰囲気。

って事でバイク乗りに限らず、宿泊お待ちしておりますよぉ~。

↑このページのトップヘ