宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2016年04月

ハイ、前出しの日記の通り4月19日に会ったバイク乗りSさんが、宿泊に来てくれました。

4月21日
この日は、雨だった為、早目にチェックイン。
チェックイン後は、猛烈な雨で、この日はまったりとくつろいでもらう。
天気予報では、明日の4月22日のみが晴れで、後はひったすら雨模様・・・。
梅雨の走りなのかね?
予約もしばらくは入っていないし、翌日大隅半島方面へとお付き合いする事にしました。
翌日早目に起床する予定だったけど、二人で遅くまで飲んでまして・・・。

4月22日
大隅半島は、行きも帰りもフェリーを使用。(指宿山川港⇔根占港)
行きは8時、帰りは15時の便。

Sさん、約束してた時間に起きてこない・・・。(苦笑)
チト、二日酔い気味だったのかな???(笑)
予定していた20分遅れの7時20分に宿をスタート。

ま、余裕で間に会いましたけど。
翌日が雨なので、この日に宿前で撮影。
イメージ 1
こうやって並べて見ると、新型って随分と大きいね。
実は、この方って、新型1700と旧型1200の両方を持っている。
しかも もう一台250cc所有で、計3台持ってるってさ・・・。
羨ましいね。

船上から眺めた開聞岳と指宿の街並み
イメージ 2
前日が、激しい雨でね。
当日は晴れの予報だったけど、午前中はずっと曇っていた。

下船後に鹿屋を目指す。
この日は、東周りで佐多岬までの予定で俺が先導。
鹿屋~肝付町~内之浦~錦江町~南大隅町~佐多岬のルート。
記載部分が、超気持ちの良いワインディングルート。

鹿屋から肝付町だけど、しっかり道に迷ってしまって・・・。
Sさんのナビを頼りに俺が分かる所まで、逆に引っ張ってもらう事に。
ゴメンSさん、こちら周りは初めてなんで・・・。(苦笑)
途中記憶がある道で、先導を交代。

折角来たんで、寄ってみる事に。(内之浦ロケットセンター)
イメージ 3

資料館
イメージ 4
入場料取られるかと思ったけど、ただでした。
中々、見ごたえあるよ。
今回は、先を急いでいたんで、バタバタとしか見れなかった。

イメージ 5


肝付海岸手前
イメージ 6

ここは、車が少なくて超気持ちの良いワインディングルート。
イメージ 7


本当は、ここから海岸ベタを抜けて佐多岬へ逝きたいけど、前回通りに工事中だから、太平洋側から錦江湾方面へと。

ここから先もひたすらワインディングで、楽すぃ~!!

錦江湾側へ戻った時には、結構な時間になってまして・・・。
佐多岬に行く前に腹ごしらえをしようと南大隅町「時海」へと。
この間14時前に行った時は、ネタもシャリも終了してたからね。
Sさんにココの美味い名物海鮮丼を食べてもらおうとお店の前へ。
ハイ、臨時休業でちた・・・。(苦笑)


この集落を過ぎると佐多岬までお店らしい店は無い。
仕方が無いんで、時海近くのラーメン屋へと。
イメージ 8
ラーメン屋さんだけど、定食その他にもメニューは豊富。
俺はカレー、Sさんはちゃんぽんをオーダー。
仕方なしに入った店だけど、美味かったよ。
うん、この店は良い。
結果オーライで良かったのか?(苦笑)

イメージ 9


ココから佐多岬まで行くと15時のフェリーには間に合わない。
しょうがないんで、佐多岬はパスしてフェリー乗り場へ戻る事に。

最南端の道の駅にて
イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

・・・。
イメージ 13


根占港フェリー乗り場
イメージ 14


無事帰宅
イメージ 15

チト段取りが悪くて、申し訳なかったです。
でもルート自体は楽しんで頂けた様で何よりでした。
Sさん、走行中の動画を撮っていてくれてた様でして。
パソコンの設定までして頂いて、ありがとうでした。
俺のパソコンでは動画が見れなかったモンですから・・・、ハイ。
さすがに動画は、マズイのでアップしませんよ。(苦笑)

この日は、二人で深夜2時過ぎ迄、深酒しておりやした・・・。


4月23日
Sさんチェックアウト。
大分佐賀関から愛媛岬へと四国に旅立って行きました。
Sさんも本当は、九州をメインで来たらしいけど、今回の地震で予定変更。
2泊して頂いて、ありがとうございました。
復旧後にまた必ず来てやって下さい!!

3月19日

韓国人チェックアウト後にあまりにも天気が良かったので近場を走りに。

指宿~南さつま市~坊津~枕崎~指宿。
いつもの逆周り。
枕崎のお魚センターでの昼食が、いい加減で飽きたんで・・・。(苦笑)

南さつま市でメシ食って、吹上浜寄ってから笠沙方面へと。

途中の休憩場所(高崎山展望所)
イメージ 1


イメージ 2
ガスって良く見えんけど、この先に甑島の3つが見えるとの事。


彼方に見える長い砂浜が、吹上浜。
確か、日本三大砂丘の内の一つだったはず。
中々の眺望。
北朝鮮から、鹿児島のカップルが拉致された砂浜・・・。
イメージ 3


イメージ 4



ココでしばらくぼんやりして、笠沙へと。
そういえば、前に通った時に「笠沙恵比寿」に寄る予定だったな。
ココには、地物の刺身が食える飲食店と宿泊施設がある。
すっかり忘れてた。
また、次回来てみよう。


いつもの後藤鼻近辺の休憩所
イメージ 5

ここは、いつ来ても気持ちが良い 俺のお気に入りポイント。
イメージ 6


イメージ 7

このルートの逆周りも面白い。
また、こっち周りで来てみよう。


この後は、坊津へと。
トンネル手前の道中で気になる看板があったんで、そちらへと寄道する。

丸木崎展望所
イメージ 8


ココで、出会いがありまして。
バイクの先客がこの展望所に居てね。
ナンバー確認すると関東地区からで、バイクは新型V-MAX。

ハイ、名刺渡して、しっかりと営業活動をば。(笑)
本日と明日は、既に鹿児島市で宿を予約してるけど、ウチの宿を見たいって事で、俺が先導で指宿へと向かった。

折角、こっち方面来たのならと、宿に帰る前に「絶景露天風呂」へ寄道。
バイクをいつもの山川砂蒸し「砂湯里」へ停車してから、そこからは歩き。
この日は、残念な事に男風呂が下の方で、開聞岳がよく見えない。
ココは日替わりで男風呂と女風呂が入れ替わる。


山川砂蒸し「砂湯里」にて
イメージ 9
思いっきり、逆光やね・・・。
当り前やけど、夕方なんで西方面の開聞岳へ太陽が沈む。
太陽に向けて写真撮ってるんで、逆光でつ。(苦笑)

新旧V-MAX
イメージ 10



この後は、宿にお連れして館内を見てもらう。
4月21日から宿泊してくれるって事でした。

熊本地震を受けて予約キャンセルが続出でね・・・。
ちゃんと仕事に繋がって良かったよ。

はい、熊本地震を受けて、ブログアップ自粛してたけど、再開します。

前回の日記通りですけど、地震収束の目処が中々付いていない様なので、集合施設に避難されている方で、ウチの宿の様な形式でも良ければ遠慮なく言って下さい。
無償で宿泊提供します。
鹿児島市の方も地震で若干揺れている様ですが、ココ指宿は全く地震の揺れはありません。
暖かい布団と風呂で、一旦落ち着いてから、余震が完全に収まった後に戻ったら良いですよ。
16床分全ての提供はできませんが、できるだけの事はします。

被災者の方で、無償宿泊希望者は、ホームページ内の「お問い合せ」より、ご連絡ください。

本当は、自分も被災地に行ってボランティアでもしたいけど、一人でやってるので宿を空ける訳にはいきません。
何卒ご容赦ください。


さて、チト不謹慎かもしれませんが、以下本題に入ります。

4月15日に宿泊希望者より電話連絡が入る。
日本語が、非常に変で意味不明・・・。(苦笑)
韓国人でした。
で、英語に切り替えたけど、相手の英語がまたよく分からん・・・。
とりあえずは、ウチのホームページは韓国語表記を持たせているんで、それを見てから、予約を入れてくれと伝えて、電話を切った。

しばらくして、メール確認すると、ちゃんと届いていた。
4月16~17日の一泊のみ。
バイクで来ると???
レンタルバイクなのか、それとも前回ノリさんから聞いたハングル表記のナンバープレートで来るのか不明。
ま、ガラ空きなんで、別にどっちでも良い。


4月16日
15時前に風呂から上がって1階に降りると、見知らぬバイクが駐輪場に停まっていた。
イメージ 1
カワサキW650
おや、同じバイクが続くね。(笑)

してナンバーを確認すると・・・。
イメージ 2
俺、初めて見たよ。
上が韓国のナンバープレート。
下が国際ナンバープレート。
って事は、彼等はこのバイクで韓国から日本へフェリーで来たんだな。

本人達は、どこに居るのかね?
と、辺りを見回すと近くのバス停にそれらしき格好をした男女が二人腰掛けていた。
英語で「昨日電話してきた韓国人か?」と尋ねると「そうだ。」との事。
して、チェックインさせる。

その前に当日の予約でOTAのB社より、予約が入っていた。
チェックイン時刻の記載が無かったんで、OTA経由メールを流すも返信無し・・・。
ハイ、これはいつも通りのブッチギリだろうと待つ気無しね。

韓国人を砂蒸し温泉「砂楽」まで連れて行って、18時に俺は1階で侘しい夕食を取っていた。

したらバックパック姿の白人の若い男が目の前に来てね。
OTA受けのイタリア人でした。
期待はしてなかったけど、ちゃんと来たな。

俺「携帯見てみろよ!!何でチェックイン時刻返信してこないんだよ!!」
イタリア人「申し訳なかった。確認してなかった。」 とさ。

ま、最初に謝ってきたんで、これ以上追及はしない。
謝りもせずに良い訳なんかしてきたら、承知しねぇよ。
やっぱOTAのB社で予約入れる奴等って、予約を入れるだけ入れておいて、その後は外人も日本人も全然見て無いんだよ。
疲れるね、ココの予約受けはさ・・・。

チェックインさせて、韓国人と同じように砂蒸し温泉「砂楽」まで、連れいった。

弁当とビールを買ってきて宿で食事ちう。
イメージ 3
彼等は夫婦ね。

焼酎振る舞ったけど、疲れているのか、旦那の方は早目に就寝。

イタリア人(ヤコポ)と韓国人のカミさん
イメージ 4
カミさんの方に旦那分として作った焼酎を飲ませる。(笑)
残したら、承知しねぇぞ!!(笑)

ヤコポって変わった名前だよなぁ、多分純粋なイタリア系では無いと思う。
何だか、ユダヤ人っぽい名前だよな。
このヤコポが、まぁ飲む飲む飲む。(笑)
基本は、5:5のお湯割りだと伝えたけど、生のまま逝ってたね。
そっか、と俺もロックで付き合う。
でも途中で俺の方が自制したよ、頭の中の警告ランプが点灯してたんでね。
その後のヤコポのペースは、全く落ちない。
ヤコポ、俺の負け、参ったよ。

3人で飲んで、しばらく話して、気付くと規定消灯時間を大幅にオーバー・・・。(苦笑)
ハイ、解散。


4月17日
3名共、本日チェックアウトなのに中々起きてこない・・・。
韓国人のカミさんが、ようやく起きて来て、もう一泊するとさ。

10時前なんで、ヤコポ~!!と叩き起こしに。
二日酔いなのかと思ったけど大丈夫そうやね。
昼食にリゾットを作りたいけど居ても良いか?との事だったんで、快諾。

リビングでまったり中。
イメージ 5

この後、ヤコポはスーパーへ買い出しへと。
しかし中々戻ってこない・・・。
様子を見に、車でスーパーへと逝ったが、ヤコポ見当たらず・・・。
して宿に戻って、しばらくするとヤコポが帰ってきて、ようやく調理。

うん、美味かった。
リゾットってイタリアンなのね?、知らんかったよ。
ヤコポが、今回作ってくれたのは、ガーリックとかぼちゃのリゾット。
ありがとな、ヤコポ。

ヤコポ チェックアウト
イメージ 6
一泊じゃ何も見れない。
また来いよ!! 今度はゆっくりな。

夕食は、韓国人カミさんが韓国料理を作ってくれた。
この日は、旦那の方は大丈夫のようで、二人で焼酎をたらふく飲みました。
カミさんは、ビール派みたいで、ビールばっか飲んでてね。(笑)
よくビールだけ飲めるよなぁ、腹が膨れるやろ?


4月18日
この日は雨。
カミさん翌日起きてきてから、もう一泊するとさ・・・。(笑)
俺の方は、全然OK~。

お金払ってから、彼等は二度寝。(笑)
ってか、旦那の方は寝たまま・・・。

この日は、香港から女性1名のご来宿。(Airbnbから)
香港人って、ニックネームを使用してくるね。
彼等は、イングリッシュネームって言うけど、ニックネームやんか。
俺が知りたいのは、中国名の本名なのよ。
香港人で、名前がイザベラって、一体?・・・。(苦笑)

してチェックイン。
21の学生だとさ。
う~ん、どこからどう見てもイザベラって顔付じゃないよ。(笑)
ハイ、100%中国人やね。

香港人がニックネームを使うのは、何となく分かる。
アヘン戦争って酷い戦争をイギリスから、ふっ掛けられて長い事、割譲されてたからね。

でも、台湾人も同じなのよ。
俺20年以上前に台湾は、前々職で3カ月居住した事があるけど、当時の台湾人ってニックネームなんか使わなかった。
「何で予約でニックネームなんか使うのよ?」って聞いたら、「学校の先生が付けたんで・・・。」とさ。
で、パスポート見ると何故か中国名と同時に英語名が表記されていた。
って事は、ニックネームじゃ無いのか???
サミュエルだと・・・。
なぁ、お前どう見てもサミュエルって顔じゃないよ。(笑)

イザベラはチェックイン後に雨の中を指宿徘徊へと。
韓国人は、先に指宿徘徊へ。
徘徊って・・・、歩きでの指宿近場観光ね。(笑)

夜の1コマ
イメージ 7
地震の影響で、帰路ルートを検索中。
ハイ、ちゃんと安全で確実なルートをPCで調べてあげましたよ。


イメージ 8
何か、面白い事でもあったっけ???
この日は、翌日がチェックアウトって事で、旦那の方はアルコールはセーブ気味。
カミさんは、相変わらずビールオンリーね。
この娘っ子は小さいのに、よくビールが入っていくな。(笑)

香港人のお譲ちゃんは早目に就寝。
何気に「構わないで下さい。」オーラが出ていたんで、そのように。


4月19日
この日は、昨日の雨が上がって、朝日が見れる日だった。
香港人は一泊のみでチェックアウト時刻が早かったし、韓国人夫婦も同様に地震の影響で早目にチェックアウトの予定。

「ヨシ!! 綺麗な朝日を最後に見せてあげよう。」と余計な事をしてみる。(笑)
ハイ、5時30分に全員叩き起こしました。(笑)
香港人は、朝日は見なくても良いとそのまま睡眠続行・・・。

対岸の大隅半島からの朝日と韓国人夫婦
イメージ 9


香港人のお譲ちゃんは、6時30分にチェックアウト。
彼女の写真は一切撮ってません。理由は上記の通り。


韓国人夫婦チェックアウト
イメージ 10
旦那は180cm以上、カミさんは150cmチョイの身長差カップル。
30代前半のまだ若い夫婦。
2ケツで外国をよく旅できるよなぁ。
夫婦仲が良くないと無理やね。(笑)


道中、気を付けてな。
指宿から一気に下関まで北上して、フェリーで帰国。
イメージ 11
1泊の予定が、地震の影響で3泊となったけど、俺は楽しかったよ。
阿蘇をメインで来たようだったけど、残念だったな。
熊本の復旧はしばらく時間を要するだろうけど、復旧後にまた来たらいい。

ありがとな、また来いよ!!

熊本地域で、地震が続いてますね・・・。
来週1週間は、余震が続くとの事で、これ以上被害が拡大しない事を祈るばかりです。
熊本地域に住まわれている方々は、これからも十分に注意してください。
また、被災された方々には、心よりお悔やみ申し上げます。

熊本で地震って、俺の今までの4○年の人生の中で、聞いた事無かったけどな・・・。

阿蘇地域が、かなり大きな被害が出ている様子。
阿蘇方面は、九州観光の目玉みたいなモンだからね。
バイクで走って気持ちの良いワインディングルート、温泉も多数あって、俺自身も大好きな地域でした。
何か、やり切れんね・・・。
これ以上、被害が広がらない事と早期の復旧を願うばかりです。

ここ最近、日本各地で大きな地震や噴火が続いているけど、引き金は東北大震災で日本各地のプレートのストレス状態が大きく変わった事が原因らしい。
今まで引っ張られていた箇所が押されたり、その逆もあるようです。
そうなるとプレートの歪が大きくなって、地下にあるマグマ溜まりにも変化が出てくるとの事。
それで、日本各地の山が、噴火してるらしい。

昨年の11月にNHKでやってたけど、そのシュミレーションが衝撃的でね。
阿蘇は世界最大のカルデラって言われてるけど、そのカルデラが出来たのは、カルデラ爆発によるもの。
カルデラ爆発ってのは、山単体ではなくてカルデラを取り囲んでいる山の全てが大爆発して、山の内部地盤が広範囲に渡って沈下してしまう大規模爆発の事。

もし、阿蘇でカルデラ爆発が起きれば、桜島も誘発されてカルデラ爆発を起こすらしい。
桜島って一つの単体山のようだけど、実は海底に火山があるんです。
過去にココもカルデラ爆発が起きて、地盤沈下が起きて、唯一地上に姿を残しているのが桜島のみと言う事らしいね。

阿蘇と桜島でカルデラ爆発が起きたら、九州は全滅ですよ。
このCGが、かなりショッキングだった。
火砕流と火山熱で、九州の生命体(動植物全て)は、一瞬にして全滅。
噴煙で太陽の光は遮られて、真っ暗闇の世界。
要するに一瞬で九州全体が廃墟となる。
噴煙は、関東地域にまで、広がる様子。

気になる人は、NHKオンデマンドで見てみると良い。(昨年11月放送)

ま、天災ってのは、いつ起きるか分からないから天災なんだろうけどね。

して、今朝方、早速の予約キャンセル通知が入る・・・。
こうなるだろうとは予想してたけど、随分と早いね・・・。
ウチの予約なんて、GWって言っても大した事ないけど、予約くれている方達に朝方一斉にメールを流した。
中には、熊本から来てくれるバイク乗りの団体様が居た。
俺は、楽しみにしてたんだけどね。
彼等が被災していない事を願うばかりです。
以前に宿泊してくれた熊本在住の方達も同じく、無事を祈っています。

熊本在住の方は、返信どころでは無いだろうから良いです。
だけど、九州外の予約者から返信されてきたのは、ほんの数点のみ・・・。
酷いのは、やっぱりOTA受け。

こういう状況だから、当然キャンセル規定は適用しません。
だけど、連絡できる状況の人は、ちゃんと返信してほしい。

ほぼ無断キャンセルって思っておいた方が良いだろうね・・・。
GWの予約は、恐らくブッチギリ(無断キャンセル)の嵐になるだろうな・・・。
折角、入っていた予約だけど、今はそれを言うべき時では無いだろう。
熊本地域のホテル/旅館業、観光業は、恐らく甚大な被害を受けているだろうし。

まだ、収まっていないという事なので、熊本地域にお住まいの方々はくれぐれも注意してください。

ウチの様な宿で良ければ、被災された方の希望があれば、無償で数ベッドを宿泊提供しますんで、コメ下さい。

4月10日から2泊で、HP直の男性一名が、ご宿泊でして。
で、4月11日の本日は、HP直で1泊の女性が夕方にチェックイン予定だった。

ここんとこずっと雨が続いてて、よくやく天気が回復したんで、憂さ晴らしに走りへと。
行き先は、定番のルート。

枕崎でメシ食って、坊津経由の南さつま市から指宿へと。

いつも立ち寄る坊津過ぎた休憩場所。
イメージ 6
いつもは、一人なんだけど、この時は先客が。
見え辛いけど、カワサキZ1-R。
かなりカッチョ良くイジってたよ。
Z1-Rで想像するのは、マッドマックス。(笑)


その後にCBR650が。
イメージ 7
650なんて、中途半端な排気量あるんやね?
フロント周りは、好みが別れる所、なんかホンダじゃなくて、スズキっぽい。(苦笑)
横から見た感じは、かなりカッチョ良い。
う~ん、でも最近のレプリカって重心が随分と高いなぁ。
俺だと、きっと爪先立ちになるね・・・。(苦笑)

お二方ともお話しさせて頂いたけど、二人とも地元鹿児島のライダーだった。
地元のバイク乗りだったけど、名刺渡して、しっかりと営業活動しましたよ。(笑)

あ、勝手に画像載せてますけど、マズい場合には、コメくださいね。
画像消去しますんで。

話し相手になってもらって、ありがとうございました。
泊まってくれるのが、ありがたいけど、地元の方は中々難しいよね・・・?(苦笑)
お茶でも飲みに遊びに来て下さい。
コーヒーと茶菓子くらい、ただでご馳走しますんで。


ココで話しこみ過ぎて、15時過ぎてまして・・・、ハイ。

バタバタと先を急ぐ。
前回、来た際に道中気になっていた「野間岬」へと。
看板標識があったので。

したらさ・・・。
野間岬って、逝けないんですよ・・・。
道が途中で終わってた。
イメージ 1
この先っぽが、野間岬ね。

ハイ、野間岬です・・・。
イメージ 2


ココは、風力発電所用の道路のようで、そこのどん詰まりで撮影。
イメージ 3


クジラのモニュメントが、あるけど、ココから見えるのかね?
イメージ 4

ガスっとりますな。
霞んでたけど、実際にはそれなりに景色良し。
多分、中国のPM2.5の影響だろう。
他所の国に公害垂れ流すの止めてくれよな!!
イメージ 5

それと、さも岬に行けそうな看板標識なんとかしましょうか?(苦笑)
あれ見ると、逝けると勘違いするよ。

さて、結構良い時間になったんで、さっさと帰りましょう。
夕方に一名チェックインなので。

で、ココからノンストップで、ガツガツ飛ばして指宿まで。

ハイ、2泊目の方は、寝ておりました・・・。(笑)

して、飛び込みで女性1名がチェックイン。
飛び込み大歓迎ですよ。
う~ん、チト不思議ちゃんっぽいな。(笑)


で、予約してた人間来ず・・・。(女性1名の予約者)
HP直の予約で、日本人で初のブッチギリ!!
良い歳した大人がやる事じゃないやろー!!

HP記載通りにキャンセル規定あるんで、キッチリ適用します。
ちゃんと予約返信時のメールにその旨記載してるんで、大人として支払おうな!!

↑このページのトップヘ