宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2016年02月

ハイ、細々と営業してますよ。(笑)

当宿、3台目の嬉しいバイクでのお客さん。
イメージ 1
随分とお高いバイクやね・・・。
アグスタ ストラダーレ800

車体価格聞いたけど、自動車買えるやん・・・。(苦笑)
ま、ヤボな話はすまい。

当日の当日予約で、俺のホームタウンの福岡から。
嬉しいHP直の予約。

福岡から転勤で北海道に逝く前にバイクで九州を走っておこうって事で、ご来宿してくれた。
バイクは、福岡に置いていくってさ。
ま、賢明な選択やろぅね。

ヘルメッコ取った時は、「アレ?俺より年上なのかな?」って思ったけど、随分と年下だった。(笑)
ゴメン、Kさん。(笑)

砂蒸し温泉「砂楽」に逝った後にいつも通り酒盛りね。(笑)
俺さ、バイク乗りが来ると駄目だわ・・・。(苦笑)
バイク乗り相手だと嬉しさのあまり、いっつも飲み過ぎてね。
かなり熱い論議をしたはずだけど、後半の記憶がど~も・・・。

最初は生のままじゃなくて、当然お湯割りでセーブしてた。
河岸をこたつに変えてから、ポットのお湯注ぎに逝くのが面倒臭くなってさ・・・。
後半は、芋焼酎生のままがぶ飲みしてまして・・・、ハイ。(苦笑)

規定消灯時間をかなりオーバーして、夜中の1:30過ぎにお開き・・・。

ゴメンね、Kさん。
懲りずに北海道逝く前に、家族連れでまた来てやってくださいまし。


それとさ、泥酔してKさんと同業者のHさんにおかしなメールしてまして。
俺、何て事書いてんだろ・・・。
Hさん、申し訳ありませんでした。
この場を借りてお詫び申し上げます。
翌日激しく反省モード・・・。


翌朝はコメカミをギリギリと締め上げられる様な激しい二日酔いでして・・・。
俺、よく起きれたなぁ。(苦笑)
Kさんチェックアウト時刻が早かったんでね。
対岸の大隅半島から登る朝日見てもらいたかったし。


帰路、気を付けて帰ってね。
イメージ 2
またのお越しをお待ちしてます。


次に来るバイク乗りの方に下記の通り、お願いがあります。
管理人は、バイク乗りが来ると嬉しさの余り、飲み過ぎる傾向にあります。(笑)

そんな時は、是非激しく注意してあげてください。
宜しくお願致します・・・、ハイ。



バイク乗りの皆、待っとぉよ!!

ハイ、本日は平日だけど、天気が良いのでバイクで近場をプラプラと・・・。


行き先は、いつものショートコース。
指宿~枕崎(メシ)~火之神岬(火之神公園平和祈念展望台)~指宿山川砂蒸し温泉(砂湯里)~指宿。

今日は、風が冷たかった。
こっちは風が強いね、特に枕崎方面の冬時期はいつも強風。
風が無ければ、全然暖かいんだろうけど・・・。

枕崎までは、いつもの広域農道でサクッと到着。
んで、メシ食って火之神岬へと。

ココはね、戦艦大和で戦死した方々の慰霊碑があります。
イメージ 1
オープニングの部分は、ココで撮影されたみたい。
そやったな、仲代達也と鈴木京香。
関係無いけど、鈴木京香って良いよね。(苦笑)
撮影場所まで逝ってみようと思ったけど、工事中で入れず・・・。

慰霊碑までは灯篭が続く、知覧と似てる。
イメージ 2

慰霊碑先の彼方の海に大和が沈没している。
イメージ 3

大和を含めた6隻が、この彼方の海に沈没・・・。
イメージ 4
沖縄に向かった戦艦の全てが、真っ直ぐ南下せずに、航路を西側に取っているのは陽動作戦の為。
しかし、全ては無駄な事。
大和が呉港を出航した時点で、既に米軍に情報は筒抜けだった。
これは、映画の中でも分かる。
渡哲也扮する艦長が、米軍機の攻撃に晒された時に進路を南に変える場面。
それが、上図の南下変更ポイント。
出航時点では、既に敗戦色が色濃く、乗組員たちは生きては帰れない「負け戦」だと言う事が分かっていたはず。
玉砕覚悟で、皆出て逝ったんだろう。

認識していた負け戦・・・。
なぞらえるのは、大変失礼だけど、何となく自分の今の状況と似てるか。
ゲストハウス運営で成功してるのは、大体どこも都心部だね。
田舎で運営してる安宿は、俺と同様に集客に苦しんでいる所が多い。
そんな事は分かっていた事・・・。

だけど、開業地の指宿を失敗したとは今でも思ってないよ。
これは負け惜しみでも何でもない。
九州&沖縄で40前後の物件を己の目でしかと見てきた上で、ココを開業地に選んだ。
ココを選んだのは、誰でもなく俺なんだよ。
自分が住んでみたいと思って、ココを選択した。
立地も建屋も申し分ない。
集客できないのは、全て俺のやり方が悪いだけ。
「負け戦」じゃない、絶対に巻き返してやる!!
この悔しさを必ずバネにしてみせる!!

慰霊碑を眺めながら自分の意思を再確認して、ここを後に帰路に付く。

海の彼方にうっすらと開聞岳が望める。
イメージ 5




定番の指宿山川砂蒸し温泉「砂湯里」。
イメージ 6
前の日記に書いた通り、指宿には二つの砂蒸し温泉がある。
指宿で砂蒸し温泉と言えば、通常はウチの宿のそばの「砂楽(さらく)」
こちらの「砂湯里(さゆり)」はマイナー所だし、アクセスしにくい。
だけど、俺が好きなのは、こちらのマイナーの「砂湯里」の方。
ウチのお客さんには、こちらをお勧めしている。
建屋背面の湯気が上がっている所が源泉が噴き出している場所。
階段を登っていくと源泉と旧製塩工場跡を見る事ができる。
その先を更に歩いて行くと、俺が大好きな絶景露天温泉の「ヘルシーランド 玉手箱温泉」がある。
そ、砂蒸し温泉と露天風呂は、ここから歩いていける距離なんです。
温泉好きならば、二つとも入ったら良い。
ちなみに山川は、”やまわ”と読みます。(”やまわ”ではない。)

「砂湯里」のもう一つの売り
イメージ 7
温泉の蒸気で色んなものを蒸してる。
これって「砂楽」には無いんだよね。

「すめ」説明文
イメージ 8
1コ50円だから、全種類食べると、腹一杯になる。
お勧めは、定番の卵とじゃがいも。
全部、美味いよ。


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


ココは、近場の南薩地域走った時に必ず最後に立ち寄る俺のお気に入りポイント。
ココの護岸に腰掛けて東シナ海を眺めながら、ボンヤリ考え事するのが好きなんです。

対岸(大隅半島)の佐多岬
イメージ 14


あの、ウチのそばの砂蒸し温泉「砂楽」も良いですよ。
ウチの宿から歩いて直ぐってのが当宿の売りですから。(笑)

ただね、「砂楽」に居る観光客がよく「開聞岳が見えない。」って言ってますけど、「砂楽」からは開聞岳も佐多岬も見えません。
開聞岳見ながら砂蒸し温泉に入りたければ、こちらの「砂湯里」に逝って下さい。
両方入ると違いが分かって面白いですよ。
金銭的、時間的に余裕がある人は、ぜひ両方とも入ってみて下さい。
効能は、どちらも同じなはず。

自分も地元ですけど、たまに逝きます。
砂蒸しは、体の中から老廃物が汗と一緒に出ていくから疲れが取れます。
まだ、入った事が無い方は、ぜひ。
砂蒸し温泉以外にもこの辺りは、多種多様な温泉の宝庫です。
ウチに2~3泊して、ゆっくりと温泉巡りするってのも良いモンですよ。
宿泊お待ちしております。
では~。

ハイ、連続投稿。

本日、宿泊じゃないけど、超嬉しい出来事がありまして。

俺が、こっちに移住してきた時にバイク屋で、出会った人が居てね。
陸送後のバイクチェックで発覚したフロントフォークからのオイル漏れで、昨年の10月に鹿児島市のバイク屋へと。

その後、フェイスブックで友達になってもらっておりまして。

「旅ランナー いっちー」を送り出して、シーツ替えと洗濯を終えて、一息ついてると複数台のバイクの香ばしい排気音が聞こえてきまして。

おぉ~、これはもしや!!と外に出ると見覚えのあるバイクが。
ハイ、この時のKさんが4台で遊びに来てくれました。

メッチャ嬉しかったよ!!
鹿児島市からだと指宿は宿泊する距離じゃないモンね。
でも遊びに来てくれるだけで、俺は十分!!

これからもツーで近くを通られる際には、お気軽にお立ち寄りください。
コーヒーと茶菓子くらいは、出します。


鹿児島市から
イメージ 1
Kさんはじめ4名の方、本当にありがとうざごいました。

そ、俺が切望していた本来のウチの姿
イメージ 2
泊まってくれるのが、一番嬉しいけど、こうやって遊びに来てくれるだけで、十分宣伝になる。
重ね重ね、ありがとうございました。
指宿スカイライン走った後にでもコーヒー飲みに立ち寄ってくださいね。


この後、枕崎方面へと。
イメージ 4


道中気を付けて!!
イメージ 3

集客が上手くいかずに腐ってたけど、お蔭で気が晴れた。
また来てやってくださいませませ!!

近場の人は、無理して泊まらなくても良いです。
バイク乗りがバイクで来てくれるだけで、俺は嬉しいよ。

皆さん、お待ちしておりますです。

ハイ、相変わらず閑古鳥カァ~カァ~状態の暇ヒマでつ・・・。(苦笑)
色々やってるけど、中々結果に結び付かんね・・・。
今現在は、長期宿泊の老夫婦がMixドミに居るだけ。

そんな最中だけど、単発で宿泊してくれたゲストさんをば。

2月18日
指宿観光協会から電話が入る。
「外国人の女性一名だけど、部屋空いてますか?」との事。
空いてるも何もガラガラなんで、即受けね。(笑)

31歳スペインから
イメージ 1
残念だけど後姿のみ、写真嫌なんだとさ。
24,5くらいにしか見えんかったね。
随分と若く見えた。

たださ・・・、この娘が人の言う事全く聞かないんだわ・・・。(苦笑)
しかもスペイン語と英語のちゃんぽんだから、意思疎通がうまくいかんし。
スペイン語は、俺分からんってば・・・。(苦笑)

指宿は初訪問って事だったんで、当然「砂蒸し温泉には入っておいた方が良いよ。」ってアドバイスしたけどさ。
翌日入るって言ってたのに結局入らずに、翌朝次の目的地へと・・・。

あの俺は、別に強制はしてないんですよ。
だけど、「天然の砂蒸し温泉ってのは、世界でココだけだから入っておいた方が良いよ。」って宿泊者全員にはアドバイスしてるんです。
そりゃ、ウチの風呂もゲストハウスでは、まず見られないような立派な岩風呂だよ。
シャワーも2口あるし、岩風呂の浴槽も広いんで、大人2名が入れる十分な広さもある。
だから、宿の中の風呂に入ってもらうのは、全然OKなんです。
砂蒸し温泉入ったことのある人間には、無理には勧めてないんです。

ただ指宿が初めてのゲストには、勧めてます。
天然の砂蒸し温泉は指宿の最大限の「売り」だしさ。

日本人は、俺のアドバイス通りに逝ってくれる人が殆ど。
だけど、外国人ってのは、人のアドバイスに従わない奴が多いね。(苦笑)
俺は、親切のつもりで言ってるんだけど、彼等からすると余計なお世話なんだろうよ。(苦笑)
でもさ、指宿に初訪問で、砂蒸し温泉入らないってのが、俺にはよく理解できないんです。
「一体、指宿に何しに来てるんだろう?」ってさ。(笑)

寂れた温泉地だけど、それでも白人種の観光客が来てるのは、恐らく彼等御用達の「ロンリープラネット JAPAN」に指宿が掲載されているからだと思う。
ロンリープラネットってのは、白人種が好んで使うガイドブックの事。
これは、欧米もオセアニアも中南米も一緒。
このガイドブックにウチの宿が載ってくれれば、OTAとか要らないんだけどね・・・。(苦笑)
これには、必ず砂蒸し温泉の事が書かれているはず。

で、チェックアウト時に「何で入らなかったの?」って聞くと、決まって言うセリフが「Next time.」ってさ・・・。
何が、Next time.(次回)じゃ!!
お前等、どうせ二度と来んやろぅが!!と言いたくなるよ。(苦笑)
思ってるだけで、さずがに言いはせんけどね。(笑)

ま、いいよ・・・。
で、この娘は次の目的地について色々とアドバイスを求めてきたから、「そこは、アンタ等外国人が逝っても、楽しめる場所じゃ無いと思うよ。」と俺は言ってた。
だけど、結局人のアドバイス無視して、次の目的地へと・・・。
好きにしたら良い。
この他にも色々とあってね・・・、詳細はもう書きません。

こういう手合いを相手にすると何気に疲れる。


2月19日
OTA経由の予約で香港から。
イメージ 2
何やってんのよ? 俺の写真とか撮らんで良いってば・・・。(苦笑)

20前後の学生にしか見えんけど、28の社会人だとさ。
彼は、応対が非常に気持ち良かったね。
二週間の休みで、バタバタと九州を回ってるってさ。
遅くまで一緒に飲んで楽しかったよ、またおいで!!


2月20日
OTA経由からの日本人
イメージ 3
画像右下の「虫眼鏡」クリックしてボードを見てやってください。
大々的にネット掲載しているようなので、実名フルネームで宣伝しておきます。

「旅ランナー いっちー」こと一ノ枝 亮輔
「旅ランナー いっちー」で検索してやってください。
彼のブログ、フェイスブック、ツイッターが出てくるはず。
自画撮りのユーチューブも見れるけど、動画と本人のギャップ有り過ぎやろ・・・。(笑)
動画では、ハキハキと物を喋る好青年だけど、実際は暗くて今一つハッキリしない青年でね・・・。(苦笑)
なぁ いっちー、これって詐欺やろ?(笑)

彼は、走って全国一周の旅をしてるとさ。
色々と悩みがあるようで、人生の先輩として飲みながら俺なりにアドバイスをば。(笑)
ま、大いに悩みなさい!!
して自分なりに納得のいく結果を出すと良い。

もう一丁!!
イメージ 4


開聞岳へと
イメージ 5


イメージ 6
敢えて、頑張れとは言わん。
旅の途中で、何かが見つかったならば、途中下車もアリやろ。

もう少し、明るく逝こうな!!(笑)
また、来いよ!!

皆、応援してあげてください。

ハイ、まずはロケット発射からね。
予定してた日時が変更になって、本日17:30に種子島よりロケットが発射された様子。
何のロケットなのかは、自分達でググってみてね。

ここ指宿から、はっきりとその姿を捕えられたので、画像をどうぞ。
ココは、ウチの宿から歩いて目の前の海岸ベタね。

ロケット画像1
イメージ 1

ロケット画像2
イメージ 2

ロケット画像3
イメージ 3

ロケット画像4
イメージ 4

ロケット画像5
イメージ 5

ロケット画像6
イメージ 6

ロケット噴煙
イメージ 7


順を追って、撮影。
画像6では、ロケットの機影は見えない。
画像1~5までは、機影を見る事ができますよ。(先端の光がロケット)
初めて見たけど、最後の噴煙見る限りでは、真っ直ぐに飛んで無いんやね?
思いっきり蛇行して、斜めに大気圏突入した様子。

成功したんだろうか?

あっと言う間に飛んで逝った。
初めて見た、一瞬だけど面白かったよ。

って事で、ウチのすぐそばでもロケット発射を見る事は可能です。
次回のロケット発射見物で宿泊にどうですか?(笑)


ハイ、営業トークお終い。(苦笑)

本題の「同業者へのお役立ち情報」でも書きます。
ま、愚痴ばかり書いても仕方が無いし、たまには人の役に立つ事でも書いてみます。
前回の課題にしてたOTAについて。
OTA(オンライン トラベル エージェント)

要するに平たく言えば、ネット上での旅行代理店ね。
自前のホームページだけだと駄目だから、集客目的で殆どの安宿が採用してる。
俺んトコも、当然やってます。

でさ、今まで散々っぱら文句言ってきたけど、他所も困ってると思うからさ。

これは、宿の形態にもよると思うんで、各自で自分の宿に最適なOTAを選択したら良いと思う。
それと、俺のトコみたいにくだらないブログじゃなくて、このOTAについて詳しく書いたブログがあるんで、そちらを参考にされたら良いと思います。
彼のブログは、非常に的を得ています。
敢えて、ブログ名は晒しません。
各自でググってみてください。

で、俺は何を書くのかと言えば、OTAを使ってみての率直な感想。
俺は、何でも単刀直入に書いてしまうから、場合によっては不快に感じる表現が多発するはずなので、不快な思いをしたくない人は、ここから読み飛ばして下さいね。
ネットの世界だろうが、嘘は書きたくないし、自分が感じた事をそのまま書きます。

以下は、俺なりの同業者(安宿運営業者)へのお役立ち情報。
OTAってのは、どこも一緒だけど、一般的に成約手数料を取られるんです。
大体、宿代金の10~15%だね。

で、一番注意しなきゃいけないのは、「確定方式」と「問い合せ方式」の二つがある。
確定方式:ゲストから予約が入った時点で、予約が確定してしまう。
問い合せ方式:ゲスト側からホストに空きを確認した上でのやり取りで、予約を決定。

OTAの大半は、海外サイトでも国内サイトでもほぼ確定方式が採用されている。
十中八九が、確定方式。
これって、ホスト側は非常に困る。
確定方式を採用してる所ってのは、ホストよりゲストの意向が反映されていると思ってもらって良い。
例えば、複数のサイト(OTA)に登録していた場合、売り止めにしていなかった場合は、どうなりますか?
ハイ同時期に予約が入った場合は、必ずオーバーブッキングが発生します。
で、オーバーブッキングの場合は、100%ホスト側が悪くなります。
ホストがお金を払って、周辺の宿泊施設を手配しなければならない。
周辺に外国人を受け入れてくれるような安宿(ゲストハウス等)があれば、良いでしょうが、外国語非対応の安宿があっても仕方ないでしょ?
ハイその場合は、必然的に高い料金を払って、ホテルを手配しなければならない訳です。
ウチの場合は、安宿はあるけど、外国語非対応の民宿が大半なので、オーバーブッキングをやらかした場合には目も当てられない訳です・・・。
どんだけ、ゲスト寄りの仕組みなんだろうか?と思わないですか?(苦笑)

しかも、入金方法にも問題があります。
安宿の場合は、どこもそうだろうけど、クレジット決済ではなく、現地現金決済を採用してる所が殆どだと思う。
クレジット機能を持たせるとそれだけお金が掛かるよね?
で、予約が入ったは良いけど、現地での現金決済ってのは、ゲスト側からするといくらでもブッチギリできる訳です。
これって、前の日記にも散々書いてるけど、困るでしょ?
要するに、オーバーブッキングはできないは、不確かな予約の為に待ってなければならないんです。
はっきり言うけど、外国人はこの辺りはかなりラフだと思ってもらって良いよ。
だから、OTA経由で外国人から予約が入ったからと言って、この時点で喜んではいけません。
予約自体が不確かな物だから、実際に来るまでは、分からないのです。
来ない(ノーショー)からと言って、腹を立てても仕方が無いのです。

では、複数サイト(OTA)を使用して、且つオーバーブッキングを避けるにはどうしたら良いのか?です。
サイトコントローラーなる物があります。
これは、複数登録したOTAと自分のHPサイトを一括で管理できる物です。
但し、サイトコントローラー使用にもお金が掛かります・・・。(苦笑)
安宿の場合は、どこもお金をなるべく掛けずに集客したいよね?

で、どうするか?だけどね。
楽天トラベルに登録してください。
ココのOTAに登録すれば、サイトコントローラーの「ねっぱん」が無償で使えます。
但し、気を付けなければならないのが、「ねっぱん」でも全てのOTAを網羅している訳ではありません。
詳しくは、「ねっぱん サイト」で調べてみてください。
それと、「ねっぱん」を使用すれば、絶対にオーバーブッキングが起きないか?だけど、万全ではありません。
一定時間にサイト間の巡視時間があるから、その間に入った物については、可能性としてかなり低いものの、オーバーブッキングとなる可能性はあります。
でも、お金を掛けずに複数のOTAを使って集客したい場合には有益な方法だと思います。


で、個別にOTAを見て逝きたいと思います。
実際に自分が使ってみての感想ね。

Airbnb(エアービーアンドビー)
海外予約サイト。(※OTAではない)
ココは絶対に登録しておいた方が良い。
利点は、登録してから販売開始までが早い事。
前出しの「確定方式」と「問い合わせ方式」を選択できる事。
入金は、手数料を引いた分を指定口座へ入れてくれるので、不泊(ノーショー)が、限りなく少ない。
(ゲストは事前入金が必要だから、不泊にはしないでしょ?)
但し、このサイトは、かなりグレーです。(笑)
大半のOTAは、「営業許可」が必要な所が大半です。
ところが、ココはその「営業許可」すら不要。(苦笑)
従って、許可を取っていない宿泊施設でも簡単に販売できるから、「旅館業組合」から、かなりのバッシングが入っています。
余談ですが、今現在規制緩和で「民泊」などと言われてますが、これは真面目に営業許可を取った宿泊施設からすれば、とんでもない話だと思う。
大なり小なり、許可を通す為にお金を使っている訳だからね。
ウチは、許可を通すのに、相当な資金をつぎ込んだよ。
ま、他所のやり方について、どうのこうのは言わない。
登録して、損は無いサイト。


B社、E社(海外大手OTA)
名前は敢えて伏せます。
同業者ならば、イニシャルで分かるはず。
登録してるけど、非常に不満
まずは、販売開始までが、時間が掛かり過ぎる。
一番不満なのは、確定方式オンリーだし、対応も宜しくない。
はっきり言えば、安宿向けのサイトではなく、ホテル、大型旅館向けのサイトだと思ってもらえれば良い。
何度か不泊(ノーショー)になりかけた時に電話したけどね。
本国の共通ルールを絶対に通そうとするし、こちらの提案は全く聞き入れてもらえないと思って、まず間違いない。
俺は、良くも悪くも物をはっきり言うからね。(苦笑)
その時に引き合いに出したのは、Airbnbね。
入金方式を替えれば、不泊などは起きないだろう?とさ。
大体、国によって価値観、やり方が異なる訳だから、国によってやり方を替えるべきじゃないのか?ってさ。
あまりにもホストへのペナルティが大き過ぎだし、ゲストオンリーな売り方が気に食わない。
安宿向きのサイトではありません。
一度、登録してから感触を確かめてみてください。
※「ねっぱん」は両方とも対応しています。

Hostelworld
海外OTA。
一応は、安宿向けのサイトとされている。
だけど、確定方式オンリー、且つ安宿を相手にしているくせに手数料が15%と相当に高い。
安宿って、宿泊料金が安い訳だけど、そこから15%も持っていくってどういう算段なんだろ?って思う。
安宿向けサイトならば、10%が良い所じゃないのかね?
ま、これも登録するしないは、各自で判断してください。
※「ねっぱん」は非対応。’16年4月以降対応予定との事。

楽天トラベル
国内OTA。
これについては、前述の通りです。
但し、郵送なので登録までに相当な時間が、掛かります。
販売開始までは、ココが一番時間が掛かります。(苦笑)
また安宿向けのサイトではないし、国内旅行者で安宿に宿泊するような人間が見るサイトではない。
こちらのサイトからの集客を見込むというよりは、「ねっぱん」を無償利用するのに登録しておくのもアリだと思います。


以上、自分が感じたOTAについて、ざっくりと書いてみました。
同業者の方で困っている事や質問があれば、お気軽にコメントください。
私が、分かる範囲の事は、お応えします。

俺は人の心配してる場合じゃないんやけどさ・・・。
相変わらず激しく閑古鳥が泣き叫んでる状態だモンなぁ。(苦笑)
儲かってるトコは別だけど、ウチみたいに集客に苦しんでる安宿さん、お互い頑張ろうや!!

自分なりの感想だけど、国内の安宿同士の横の繋がりがあればなと思う。
国内の安宿だけが登録できるOTAがあれば良いよね?
手数料は10%くらいで、「確定方式」か「問い合わせ方式」かを選べるような物があればと思う。

ま、集客には相変わらず苦しんでるけど、頑張りますです・・・、ハイ。

↑このページのトップヘ