宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2014年04月

4/23~24
 
体調不良により、4月23日のフェリーで帰る事にしました。
行きと同じ、本部港からの乗船。
 
沖縄本部港(9時着 9時20分発) ⇒ 鹿児島新港(翌日8時30着)
泊まってる所は、那覇で、かなりの距離があります。
行きの鹿児島からすると、乗船手続きは、多分7時~8時の間。
って事で、下道で逝ってたら、間に合わんなと5時起きして、洗濯物片付けてパッキング済ませて6時過ぎにスタートです。
 
沖縄で初めて乗る高速。
平日早朝の沖縄の高速って、多分ガラガラじゃないのかなと勝手な想像してましたが、結構な車走ってましたね。
宿から那覇インターまでが遠くて、乗り場所も良く把握してなかったってのもあって、高速乗ったのが、6時30分くらいでしたかね?
後で、地図見て調べたら、宿からだと豊見城インターの方が近かったみたい。
道路標識に従って走ってたんでね・・・。
 
で、こりゃ乗船手続きが間に合わんって事で、覆面を気にしつつも、オリャ~!!っと飛ばしまくってました・・・。(笑)
北部最終インタ-の許田で降ります。
許田からは、本部半島の乗船場までは下道だけど、また距離があります・・・。
朝の通勤渋滞が始まってたけど、お構い無しにガンガン抜いて逝きます。
本部半島入ってから直ぐだけど、大きな採石場?が2~3箇所くらいあって、路面が砂だらけ、しかも滑りやすい白いアスファルト・・・、路面清掃車で掃除しようや。
 
で、7時30分に乗船場へと到着。
ふぃ~、何とか間に合ったなと、窓口に逝くと明いてない・・・。
「乗船手続きは、8時からです。」って貼り紙が・・・。
高速乗る必要無かったわな。(笑)
ま、良いです、間に合わんよりはね。
それよりも、歯は痛いは、腰は痛いはで、満身創痍でした。
埠頭から眺めた瀬底島と瀬底大橋。(この日も空模様が怪しい。)
イメージ 1
この橋の下をフェリーがくぐります。
う~ん、満潮時は大丈夫なんだろうか?
この瀬底島って、良い所ですよ。
ビーチが3箇所くらい?あるのかな?
 
埠頭から眺めた本部半島。
海の色が南国特有の綺麗な青でしょ?、終始曇りか雨で、晴れた時に来たかった。
イメージ 2
 
 
V-MAXと瀬底島。
到着時刻が早過ぎて、ポッツンと1台だけの停車・・・。(苦笑)
イメージ 3
 
V-MAX 瀬底島&瀬底大橋。
イメージ 4
 
造成途中の展望所。
フェリー待ってる人間が使うのかね?
階段があったんで、近づいてみると、ロープと板で塞がれてました。
暇なんで、乗り越えてベンチで一服です。(笑)
イメージ 5
 
勝手に入った展望所(ベンチ)から望む瀬底島。
イメージ 6
 
待ち時間長かった~。
ようやく沖縄新港からフェリーが到着。
イメージ 7
 
間近で見ると、でかいっすね~。
よく橋の下を潜れるモンだ。
イメージ 8
 
腰痛と歯痛が酷かったんで、乗船後に、それを紛らわせる為にウィスキーのミニチュアボトルとオリオンビールを流し込みます。
痛みが麻痺した所で、爆睡・・・。
 
翌朝の下船時には、痛みが和らいでいたんで、指宿に一泊してみるかなとも思いましたが、さっさと帰って病院に逝く事にしました。
帰りは、鹿児島~福岡までひったすら高速です。味気ないけどね、療養優先です。
12時過ぎに帰宅、その後は病院へと・・・。
 
う~ん、今回はチト不完全燃焼だったかな?
沖縄って大きな島なんで、それぞれの街に特徴があるんですよね。
大きく分けて、北部、中部、南部だけど。
ま、大まかな雰囲気は掴めましたよ、自分が住んでるイメージですかね?
住んでみたいけど、仕事次第です。
 
街の雰囲気を掴む事と第二の目的がバイクで走る所ですが、これは俺の主観なんで、沖縄在住のバイク乗りの方 気を悪くしないでくださいね。
気持ちの良い飛ばせるロングワインディングルートってのは皆無かなと思いました。
ま、予想はしてましたが、海を眺めながらゆっくり流すってな感じが沖縄バイカースタイルかな?
アメリカンとかが、沖縄は良いんじゃなかろうかと思います。
V-MAXは分類で逝くと、アメリカンなんで良いのかな?
でも、V-MAXでもワインディング走りたいじゃないですか?
そういった意味では、チト不満足だったかと思います。
レプリカとかでガンガン走る地域ではないですね。
 
移住計画が今後、どうなるかは、分かりませんが、最有力候補地の中の一つです。
機会があれば、更新しますよ。
以上、お坊チャマの沖縄レポでした。(笑)

4月22日~23日
 
北部~中部は、ほぼ周ってきたんで、本日は南部~中部周りです。
昨日は、雨の予報だったけど、結局は殆ど降りませんでした。
朝起きてみると、屋根無し駐輪だったけど、バイクは濡れてなく良かった。
今日の予報は、午前中までは晴れで午後から雨です。
で、宿探しが面倒になって、今日は屋根付き駐輪ができるって事で、ビジホ連泊です。
ツーリングネットでカッパを固定してからスタート。
 
那覇~糸満~八重洲町~南城~与那原町~中城村~北中城村~うるま~沖縄(コザ)~嘉手納~北谷~宜野湾~浦添~那覇 のルート。
 
う~ん、今回は観光じゃないけど、折角来たんでね。
道中、名所を見ながら、其々の街の雰囲気を確認です。
前回、来た時にバイクで走って気持ちの良かった平安座島に掛かる海中道路と平安座島、伊計島、浜比嘉島を目的地としました。
海中道路での一コマ。(奥に見えるのが、浜比嘉島)
イメージ 1
中々の景色でしょ?(天候は、はっきりしませんが・・・。)
橋自体が凄く低くて、道路の両脇は海です。
ホームタウンの福岡にも同じような道あります(志賀島海の中道ね)が、こちらの方が、絶景ですな。
 
 
角度を変えて。 奥は、与勝半島(うるま市)
イメージ 2
 
 
もう一丁。意味の無いバックショット。(笑)
う~ん、天気が今一つやね。
前回来た時には、好天に恵まれて、南国の青い空に青い海で最高でしたが・・・。
イメージ 3
 
この後、平安座島、伊計島、浜比嘉島にも逝ってみようと思ってたんだけど、今にも降り出しそうな天候で断念しました。
浜比嘉島に掛かる橋も絶景ですモンね。
其々の島の雰囲気も見ておきたかったけど、残念。
 
ココ(うるま市)からは、コザを経由して西海岸側に戻ります。
コザから那覇まで多少パラパラとやられましたが、本降りには合わず宿に到着。
2日をかけて、ほぼ全域を周りましたが、でかいっすね~。
本島って、長いんですよね。大体中央部が山になっています。
長いけど東西が細くて山を登りきると両左右に海が見渡せるような感じですかね?
 
ま、其々の大まかな街の雰囲気は掴めましたよ。
住む事が可能であれば、俺は北部が良いかな?
利便性は、那覇を中心とした南部ですけど、これじゃ街中に住んでる今と変わらんよな~。
ま、熟考してみます。
 
宿から望む那覇の風景。(本降りですな。)
イメージ 4
観光らしい事してないよなぁと、雨が小康状態になったのを見計らって、首里城を目指しましたが、途中で雨が本降りになって断念・・・。
 
国際通りに徒歩でいってみようかとも思ったんですが、洗濯物が溜まっていたので、宿で飯食って、洗濯する事に・・・。
この時点で、腰痛と歯痛で25日予定のフェリーを変更して、翌日の23日に帰る事にしました。
腰痛がここまで続くのは、初めてで、本当はもっとゆっくりしたかったんだけどね。
前屈みと立ったり座ったりすると、ビリっと電気が走ったような状態でして・・・。
それと歯痛って馬鹿にできないですね、右下の奥歯近辺がパンパンに腫れ上がっていて、右側では物が噛めない状態・・・、はぁ~。
 
ま、自分が目的とした所は、ほぼ確認できたんで、良しとします。
第四部へと続く。

ハイ、2~3日目ね。
前日の夕方にフェリー乗って、翌日の夕方に沖縄本部港で降りました。
時間は、ほぼ予定通りでしたかね?(16時30分過ぎ)
鹿児島から、南西諸島へは、これまでに何度も乗った事があるので、時間の過ごし方は慣れたモンです。
週刊誌じゃ、時間が持たんので、俺の場合は、大体分厚い文庫本を持って逝きますね。
それと、フェリーの前日の睡眠時間を少なくする事です。
そうすると、長く感じないんですよ。
 
で、下船後は、大まかな安宿の下調べしてたんで、プラプラと宿に出向きました。
今回、下船した場所は、沖縄の北部なんですよね。
那覇からは、随分と離れた場所です。
何件か回りましたが、どうにもシックリ来ない・・・。
でも、日が暮れかかってる。
最後に寄った古宇利島の安宿に泊まる事にしました。
何か、ココってネットのHPで見た雰囲気と違うよなぁと、宿泊客は俺一人・・・。
ゲストハウスに一人って初めてカモ。
宿の周りは見事なほどに、な~んも無し。(コンビニは当然、飲食店も閉店。)
着いて荷解きしたのが、18時過ぎで疲れてたけど、バイクにガス入れるついでに名護の街中に繰り出しました。
で、迷って結局は本部半島に戻ってきてて、船着き場近辺の居酒屋へと・・・。(苦笑)
あ、飲んでないよ。(笑)
ノンアルビールで、地元料理を食べました。
美味しかったですね、ココは。
 
で、ココから宿までは結構な距離あるんで、安全運転で途中のコンビニで買い出しでつ。
バイクで、ツリーングネットは宿に置いたままなんで、買い出しの量は限られるはな。
ウィスキーの一人呑み用(500ml)と簡単なスナックを買って、宿へと。
 
道中、路面が濡れてましたね。
良かったのは、ヘッドライトをLEDに替えてた事で路面は問題なく見えました。
沖縄をバイクで走った事ある人は分かるでしょうが、とにかく滑るんですよ。
真偽は定かじゃないけど、サンゴ礁をアスファルトに混ぜてるとかでね。
路面が白っぽいトコは要注意で、これが濡れると凄く滑ります。
そんな状況だったんで、帰りはゆっくりと帰宿です。
 
宿のオーナー(年下のおぢさん)と俺の二人だけなんで、それから酒盛りです。
おぢさん二人じゃ、盛り上がらんですな。(笑)
ま、色んな話は、しましたが・・・。
 
で、翌日起きると雨・・・。
チェックアウトが11時だけど、俺は早くココを出たい、けど雨・・・。
で、11時過ぎまでダラダラと。
12時前にようやく雨が上がったので、パッキングを済ませて出発です。
とりあえず、最北端の辺戸岬を目指します。
何故か?
沖縄のバイカーは、北部を走るみたいなんで、どんなルートなのか見ておきたかったんですよ。
で、10年振りの辺戸岬。
イメージ 1
最北端の左側。
 
最北端の右側。
イメージ 2
う~ん、天気が今一つですかね。
ここまでは、道中西海岸ベタを走りましたが、中々気持ちの良いルートでした。
 
最北端の碑とV-MAX。
イメージ 3
ところで、久々にココに来たけど、店が無くなってますね。
確か、以前は飲食店があったはず。
な~んも無い。(笑)
 
ココからは、東海岸沿い(東村)を抜けます。
関係無いけど、プロゴルファーの宮里兄妹は、東村出身ね。
このルートが、沖縄バイカーの定番ルートのようなんですけど、ま確かにワインディングではあるけど、とある看板が目に付いて飛ばす気になれん・・・。
ココって森林地帯(沖縄で言うトコのヤンバル)なんですよ。
気になる看板ってのが、「ヤンバルクイナ注意!!」。
飛ばせんはな・・・。(苦笑)
天然記念物引き殺したら、後味悪いしさ。
で、名護までゆっくりと、戻りました。
スタンドもお店も無い道を延々何km走ったかな?
俺の場合は、以前にバイクで走った事があるので、給油は済ませてました。
 
以前に辺戸岬から東周りした時は、夜でね。
日中走ると、当時よくあんなスピードで走ってたなと思いました。(苦笑)
当時は、若かくて体力もあったし、視力も良かったんだけど、全然見えない道を延々とね。
今考えると、夜で例の看板が見えなかったんで、あんな事してたんだと思います。
あ、ちなみに何も引いてませんよ。(笑)
スモークシールドで見えないんで、開けて走ってたけど、シールド開けると羽虫が凄い量で飛び込んできて、「ひぃ~!!」ってな具合でして・・・。(笑)
もう、ほんっと泣きそうになりながら、走った記憶があります。(笑)
 
名護に戻ってから、今日の宿どうすっかなぁと。
って言うのが、予報では明日から2日間雨でした。
で、安宿(ゲストハウス)は、屋根無しの野ざらしが殆どなので、距離はあるけど、那覇のビジホに泊まる事に決定。
いや~、名護から那覇まで、かなりの距離でしたね、まぢで疲れました。
 
10年振りに見る那覇の感想ですけど、「アレ?こんなに大きかったっけ?」ってくらい都会です。
 
那覇近辺(浦添辺り?)から片側3車線なんですけど、渋滞が凄かったですね。
片側3車線は、別に驚く事じゃないけど、車線の幅が広いんですよ。
これは、米軍の車両が通る関係だと思います。
あと、街の規模、賑やかさだけど、福岡なんかよりも大きく感じましたね。
 
中心部に逝って、宿を探すも安いビジホは、満室・・・。
この時点で、かなり疲れてたんで、屋根無し駐車だけど、安いビジホに泊まる事にしました。
荷解き終わってから、夜の街に繰り出します。(笑)
元気良いでしょ。
 
ビジホのお姉さん(オバさん)に聞いて、安くて美味しい居酒屋紹介してもらいました。
ココのお姉さん、良い人だったなぁ。
色んなトコに泊まりに逝くけど、対応が腹立つコトってあるでしょ?
特に観光地ね。
沖縄って観光客が物凄く多いけど、このお姉さんって、全然観光客擦れしてないんですよ、気持ちの良い応対でした。
機会があれば、また泊まりたいですね。
 
今日は、寝るだけなんで、普通に呑みます。
俺は、沖縄料理 口に合いますね。
大体、定番のチャンプル食いますけど、今回気に入ったのが、「島らっきょう」でした。
コレって酒のつまみに最高です。(泡盛との相性最高!!)
生で鰹節かけて醤油かけて食うも良し、天ぷらと天然塩で食うも良しです。
 
居酒屋の後は、フラフラと飲み屋街の松山へと。(笑)
あ、さすがにココはお散歩しただけですよ。(笑)
客引きは、色んな街の繁華街と同じですな。
う~ん、違うと言えば、黒服がやたら多い、ホスト?スカウト?
その黒服の年齢がやたらと若い洟ったれが目立ったかな?
 
この日は、深夜徘徊終わって、ホテル帰って、倒れるように爆睡でした。
第三部へと続く。

先週末から今週中盤まで沖縄にバイクで行って来ました。
数少ないでしょうけど、このブログ読んでてくれてる人からは、「平日に何だぁ?}と思われるでしょうから、一応説明しておきますね。
薄々は気付いているだろうけど、カミングアウトしますよ。(笑)
別にココでオープンにする事でも無いけどさ。(苦笑)
ハイ、俺 先月の3月末で退職しました。で、今月の4月は有給消化ね。
で、しばらくバイクに乗れないってのは、環境面の変化(退職)以外に健康問題もあった訳ですよ、ハハハ。(笑)
俺もいい歳してるけど、多分「勇気あるよなぁ。」と思われるカモですけど、何せ仕事が嫌だったのかなぁ?。
とにかく、休みは取らしてくれないわ、拘束時間は長いわで、このまま続けると俺頭おかしくなるなと思った訳ですよ・・・。(苦笑)
残りの人生は、自分の好きに生きようとね。
体も、きつかったけど、体よりは精神的にきつかったかな?
体の方ですけど、俺って身長低くて165cmなんだけど、一時期体重47kgまで逝きましたからね・・・。(苦笑)
きつくて、メシが食えなかったんですよ。
 
ま、他にも退職理由は色々ありますけど・・・。
さて、本題に入りましょうかね。(笑)
何故にバイクで沖縄かって?
単純なツーリング(旅)ではないんですよ、この後自分が何をやるかなんですけど、そういった目的があってのツーです。
ま、沖縄で何をやるかは追々、気が向けば綴って逝こうと思います。
分かり易く言えば、沖縄に住む事が可能かどうかの見極めです。
予定してたのは、4月19日~27日ですが、行先で予定が変わって4月19日~24日となりました。
 
バイクで沖縄に行くには、当然フェリーなんすけど、以前は3便あったんですよね。
不景気で、今は一便しかありません。
前は、琉球海運、マリックスライン、マルAフェリーの3便ね。
10年近く前に沖縄は、バイクで逝った事があります。(琉球海運でね。)
琉球海運は、以前は福岡からも出てましたが、今は旅客業は中止していて、鹿児島からも出ていません。(貨物のみね。)
マリックスラインは、今でもやってるみたいだけど、今はマルAラインと合併してるのかな?(以前は本島~宮古島~石垣島もでてましたけど、海路はマルAと全く同じで鹿児島~奄美大島~徳之島~沖永良部島~与論島~沖縄(本部港)~沖縄(沖縄新港)です。)
これも不確かですが、マルAは鹿児島経営で、マリックスラインは沖縄経営だと思います。
(ちなみに、マリックスラインで与論島、沖永良部島、奄美大島も逝った事があります。)
 
で、今回は選択肢がなかったんで、マルAを使いましたが、これって下り線(鹿児島~沖縄)の時間帯が変な時間なんですよね・・・。(苦笑)
鹿児島新港(18時出発)の沖縄本部港(翌日16時40分着)。
鹿児島から沖縄にバイク乗っけて、フェリー乗るには、フェリー内で一泊しなきゃダメなんですよ。
帰りも同じね。
 
何故に本部港にしたかは、沖縄新港だと19時着なんですよね。
それから宿探すとなると大変でしょ?
俺の旅のスタンスだけど、宿を予約していくのが、嫌なんでね。
 
とりあえず、何時もの通り、大ざっぱなルートだけ決めて、旅立つ前に週間天気予報をネットでググってました。
予報は、超微妙な感じ・・・。(沖縄滞在中が殆ど、曇りか雨・・・。)
 
雨の中をバイクで走るのは、通常だとしませんが、今回は目的があるんでね。
普段は用意しない、カッパも持参です。(苦笑)
前日にあらかたのパッキングしたけど、やっぱり一週間も行くとなると荷物が大量になりますな。
以前にバックパッカーやってた時期もあるんで、着替えは必要最小限です。
洗剤と洗濯ロープ持参ね。
 
19日の早朝に、福岡を立ちました。
う~ん、微妙な雲行きで、とりあえず福岡は晴れでしたが、下って行くに従って、降り出しそうな感じでした。
福岡~鹿児島間をずっと高速で逝っても面白く無いんで、下記のルートを辿りました。
筑紫野インター(福岡)~御船インター(熊本)~五木村~えびの高原~霧島~鹿児島新港としました。
御船インター下りたトコのコンビニで休憩ね。
バイクで走るのに、荷物が多いのは嫌いなんですが、今回はしょうがないね。
タンクバック前と後ろに二つ、カッパとサンダルです。
イメージ 1
でも、綺麗にまとまってるでしょ?
 
五木村からえびの高原に向かういつも休憩所(うどん屋)ね。
イメージ 2
この辺走った事のある人だったら分かるだろうけど、ココってポッツンと一軒だけあって、五木村の道の駅からだとちょうど良い距離なんですよね。
で、肝心な味ですが・・・。
あまり美味しくない、しかも高いし。
ま俺は、美食家でも何でもないんで、ココで十分です。
 
さ、メシ食って、まだ時間があるんで、えびの高原越えた所で、お気に入りの霧島の新湯温泉に入ります。
イメージ 3
 
新湯温泉「新燃荘」ね。
イメージ 4
ココは、最高に露天が気持ち良いですよ。
ただ、硫黄臭がキツ過ぎて、タオル、衣服の臭いがしばらくとれません。
行った時は、広い露天が貸し切りで最高でした。
40分くらい入ってたかな?本当は露天風呂の写真も撮りたかったけど、撮影禁止の立看板で、写真は撮らず終いです。
ココは白濁色で硫黄臭がキツクて、今まで入った事のある温泉で近いのは、秋田県の乳頭温泉(鶴の湯)かな?
温泉好きな方には、お薦めですよ。
 
指宿行く時は、ココから下って、鹿児島空港インターから高速乗りますが、まだ時間があったので、下道で鹿児島新港を目指しました。
18時発だけど、16時~17時の間で乗船手続きしてくれと・・・。
16時前に到着です。(鹿児島新港ね。)
イメージ 5
雲行きが怪しいでしょ?
何とか降られずずに、ココまで辿り着きました・・・。(苦笑)
バイクの奥に桜島がうっすらと見えるけど、分かりますかね?
乗船手続き後に、あとはフェリーに乗って寝るだけです。
第二部へと続く。

また、メンテです。
今回の内容は、ヘッドライトLED化とウィンカー取付ステー、カウルステー、ヘッドライトアンダーステーの塗装、フロントウィンカー交換。
 
俺んトコは、フロントもリヤもウィンカーは「C.G.C(チヨダ)製」です。
形はこれが一番好きでね。
ウィンカー本体&ウィンカーステーともにメッキで、いつものごとく錆び錆びになってました・・・。
メッキって錆びるんやね?
防錆の意味でのメッキじゃないの?
ウィンカーもLEDに変えようかとも思ったけど、今回はパスです。
フロントは、ウィンカーとポジション時の点灯もあるんで、バルブは2線。
LEDにした場合にその辺を考えるのが面倒になって、それとハイフラ防止のリレー噛まさなきゃなんないでしょ?
イメージ 11
ウィンカーステーは錆び取り後に自家塗装しました。
ウィンカー本体は、黒塗装された物を新たに購入。
ウィンカー本体を取り付ける部分ですが、正式名称は「ウィンカー取付ステー」で良いのかな?(ヘッドライトの上の部分ね。)
ココって誰の見ても錆びてますよね?(笑)
ヤマハってアルミ部分が直ぐに腐食するけど、アルミって腐食する(錆びる)と汚いでしょ?
白くなって、チンゲが生えてるようになってね。(笑)
チンゲって・・・。(苦笑)
ココもついでに黒の缶スプレーで自家塗装です。
 
で、メインのヘッドライトのLED化。
購入先は、オークションの新品です。
最近は、HIDじゃなくてヘッドライトもLEDみたいですね。
イメージ 1
バナー、LEDバラスト、ファンの一式で、結構安かったです。
ところで、このオークションの画像にはバラストが写って無かったんで、LEDはバラスト要らないんだと思ってました。
交換手順の画像には一切バラストの説明無し・・・。
ファンは写ってましたけど。
ま、良いです。
 
LEDバナー。
上下にLED発光チップが付いていて、LOWで上が点灯、HIGHで下と上が同時点灯する仕組み。
イメージ 2
 
 
外したバルブ(ハロゲン球)とLEDバナーの比較。
本体自体の長さは変わんないけど、LEDバナーはこの下にファンが付きます。
バナーの根元にネジ溝切ってあるでしょ?ココにファンをネジ込みます。
イメージ 3
 
バナー組み付け後。(ファンを外しておきます。)
バナー組んだ後にラバーキャップを取り付けます。
バナーから出た配線を90°曲げるのでラバーキャップの一部を切除します。
イメージ 12
 
その上にファンをネジ込みます。
LEDって発熱しないのが利点じゃなかったっけ?
何で、ファンが要るんだろ? ま、良いや。
イメージ 4
 
 
バラストと繋げてみます。
線短っ!! バラスト何処に設置しましょうか?
それとファンの部分が出っぱてるんで、ヘッドライトケース内部に収まるかいな・・・?
V-MAXは、ヘッドライトケースが小さいもんね。
イメージ 5
 
 
皆、V-MAXのHIDバラストはココに設置してますね。例外なく。(笑)
HIDの取付ブログは、よく見るけど、LEDをV-MAXに付けたブログは無いんですよね・・・、で俺が人柱になります。(苦笑)
他人のレイアウトと何か違うよなぁ、俺のは何か余分な物があるような気がする。
ブーストコントロールユニットは、除外しても何かが多いよなぁ・・・。
どのみち、バラスト~バナー間の配線が短いんで、ココには設置できません。
暫く眺めて、あっちこっち外したりしてましたけど、諦めてダミーダクト取り付けました。(苦笑)
イメージ 6
 
バラスト自体は、薄くて小さくて良いんですがね、如何せん配線が短過ぎ。
線を延長すれば良いんだけど、面倒でね・・・。(苦笑)
イメージ 7
 
 
行き着いた先は、下画像の緑枠内。
最短で設置できる場所、右側のメインS/Wカバー内部としました。
本当は、取付穴があるんで、ボルトで固定したかったけど、タイラップで固定。
(ココに辿り着くまで、色んなトコ外して、考えてで約2時間程消費。)
後付けのタコメーターやら色んな電装関係付けてるんで、こっち側も配線でゴチャゴチャしてますな。全て自分でイタズラしとります。(苦笑)
イメージ 8
 
カバーは一部を切除しなきゃダメでした。
カバーからバラストがはみ出してますね。
ま、良いです、何となく納得してみました。(笑)
イメージ 9
 
線全てを繋いで、後はヘッドライト本体をケース内部に収めるのみです。
こうやって見るとV-MAXのヘッドライトケース内部って浅いし小さいよね?
ファン部分が出てるんで、無事収まるかなと思いましたが、どうにか成功。
苦労しましたけど・・・。
ライト固定用の両サイドのネジが何故か最後まで締まらず、短い物で代用。
イメージ 10
ヘッドライトアンダーステー(YAMAHA文字の刻印部分)もアルミの腐食が酷かったんで、こちらも黒に塗装。
それとインスツルメンタルカウルステーもついでに塗り直し。
腐食してる部分は、全て黒塗装しとります。
(シャーシコートブラックの油性。)
本当はプロにお願いしたいけどさ、勿体なくてね。(笑)
いつもの超雑な素人仕上げですけど、ま今回は良かった方かな?
 
V魔で一番腐食が目立つのは、ダミーダクトですかね?
俺は、磨いてクリア吹くのが面倒っちくなって、ココは手間の掛からないカーボン製に替えてますけど。
ヤマハのアルミ製品は詰めが甘いよね?直ぐあっちこっちが腐食して白くなるんで嫌になります。
アルミの防錆処理(クリア塗装)は、新車出荷時にされてるんだろうけど、その防錆が非常に甘いんですよ、YAMAHAさん!!
最初から黒塗装しといてくれよなぁって思います。
他車はどうなんだろうか?
 
LEDの効果の程を確かめるべく、この後ナイトランに逝ってきました。
結果ですけど、めっちゃ明るい!
スモークシールドで街灯がない所をわざと選んで走りましたが、何の支障も無い程でした。
省電力とか謳ってるけど、結局はバラストやらファンがあるから電圧はどうなんだろ?って電圧計で確認してきましたが、電圧低下は通常のバルブ(ハロゲン球)より少ないです。
ま、俺のはバルブ自体がホワイトバルブの高ケルビンタイプに替えてたんで、電圧低下が大きかったってのもあるでしょうけど。
明るさは直視できんほどです、車に迷惑になってないだろうか?(苦笑)
これって、光軸調整できないんでね・・・。
 
よく皆さんが撮ってる使用前、使用後の画像は無いですけど、これは絶対に体感できますよ、費用対効果絶大!!。
ちなみに出品者は、同じ福岡県下ですけど、決して俺はサクラではないです。(笑)
俺の評価は、結構辛口ですけど、コレは超お勧めです。
耐久性がどのくらいあるのかは、分かりませんが、夜走られる方にはお勧めのカスタムですね。
あ、明る過ぎる(光量オーバー)のと光軸調整不可なんで、車検は通りませんよ。(笑)
車検の時には戻さなきゃなんないけど、戻すのは簡単だもんね。
興味がある方は、コメ下さいね、メーカー教えます。

↑このページのトップヘ