宿とバイクの日記帳

鹿児島県指宿市でライダーハウス(素泊まり宿)を運営しています。 泊まって頂いた方々や宿の状況、趣味のバイクの事を綴って行きます。

2013年10月

ココ最近、欠かすことなく毎週末走りにいっとります・・・。(苦笑)
今日は、魔団の定例ツーね。
この集まりですけど、最近レギュレーション?会員規約が変わって、HPに登録された人間じゃないと、定例に参加できるのは最初の一回のみって事になってます。
ま、運営上、色々とあるんでしょうな。
で、そりゃ困るなと、1か月前くらいに登録済ませておきましたよ。(笑)
 
V-MAXは、先週の鹿児島一泊ツーで、大量の火山灰を浴びたままの状態なんで、前回に引き続き異端のR1-Zで参加です。
 
今日の福岡、大分、熊本の天気予報は、曇りのち晴れで最高気温は26度となってました。
まだ、メッシュジャケット+インナーにロンTで良いっかと。
第一集合場所までは、別に寒くも何とも感じませんでしたが、第二最終集合場所の日田一品街跡地セブンに向かってると、雲行きが非常に怪しく、且つ肌寒い・・・。
大半はココで集合で、ココからは定番のファームロード使って、これまた定番の三愛を目指します。
ファームロードですけど、路面は大半ウェット&寒かったです。
完全にウェアの選択ミスやったね・・・。(苦笑)
黒川温泉付近では、濃霧&霧雨で最悪の天候状態でした。
三愛ね。
イメージ 1
ね?霧だらけでしょ?しかも寒い・・・。
ココからは、長湯方面ですけど、雲行きが非常に怪しいんで、しばらく休憩。
三愛で大分の魔団メンバー1名合流で最終人数10人でした。
この人は、大分市から参加ですけど、大分はドシャ降りだったとの事。
ちなみにバイクは、俺と同じ’03年式でした。
 
霧が一向に晴れないんで、長湯に向かう事にしました。
ココからも大半ウェット路面で、濡れ落ち葉多数なんで、ボチボチの速度です。
あんまり楽しめんかったかな。
弁当屋でメシ食って、道の駅で休憩。
すると、おマメさんと二人で来た時の丸まる太った野良猫が擦り寄ってきましたよ。(笑)
カドヤのジャケットを着た猫。(笑)
イメージ 2
カワイイ奴です。
 
さて、ココからは原尻の滝を目指します。
ず~っと霧雨・・・。
イメージ 3
ガラの悪いメンバー達です。(笑)
 
それから、どこだっけ?ここは?
原尻の滝~ココの人工滝までも快走ルートでしたが、ず~っとウェット・・・。
イメージ 4
 
 
イメージ 5
ここからは、どこをどう通ったのか?
大分の竹田から、よくこれだけの短時間で熊本の大観峰へと辿りついたモンだ。
ココも快走ルート、でも路面はウェット・・・。
大観峰からは、小国経由でまたファームロードへと。
イメージ 6
帰りのファームロードはドライで、気持ち良かったですね。
ココまで、ず~っと曇り&霧雨でウェット路面だったんで、帰りでようやくストレス解消となりましたよ。
ファーム終点の一品街跡地セブンで解散です。
いや~今日は天気予報に完全に騙されましたね。
天気が良ければ、また違った印象だったんでしょうけど、ウェット路面が殆どで寒かったんで、今一つでしたかね。
ルートは凄く良かったんで、勿体なかったかな?
 
さ、アルコール注入して寝ます。
来週末は、さすがにメンテですな。(笑)

ハイ、2日目ね。
指宿近辺には、池田湖、開聞岳、知覧特攻隊資料館 等々ありますけど、どれも既に、行ってます。
で、ココからはいつもと違うルートを採る事にしました。
指宿から北西方向で、吹上浜を目指して、いちき串木野市でマグロらーめんなるモノを食します。
吹上浜近辺の道の駅ね。
イメージ 1
 
ココから北上して、串木野市到着です。
らーめんマップなるものがあるらしいので、ローソンで聞いてみます。
が、そんなモンは知らんとの事・・・。
で、店員に一番メジャーなトコを紹介してもらいました。
イメージ 2
肝心なラーメンの画像はないけど、美味かったですよ。
とってもお上品で且つコクのあるスープでした。
チャーシューがマグロの漬けで、たたきのようになっていて、絶品です。
値段は高いけど、一度、ご賞味あれ。
 
ココからは、マップルで見て、市比野~大口市~人吉市としました。
初ルートでしたが、ココは気持ちの良いワインディングルートでしたよ。
市比野~大口市間の鶴田ダム近辺は、マップルに騙されたけど・・・。(苦笑)
ダムの真横を抜けて、曽木の滝に向かいましたが、このダムの横の道がマップルでは快走ルートって書いてあったけど、酷道でした・・・。
ま、四国の酷道よりは、数段良かったけど、快走ルートじゃないやろ?これは。(笑)
 
滝は、中々の景観でした。
イメージ 4
 
酷道抜けたら、良い道でしたね。
一本手前の道から行った方が良いですよ、ココは。
イメージ 5
 
ココから大口市~人吉市までは快走ルートでした。
また、機会があれば走ってみたいルートかな。
人吉に到着した時には、お疲れモードだったんで、ココから高速乗っても良かったんですが、乗り替えたばかりの若者(トラインフ)が超元気です。
「五木村逝って、峠越えで御船から高速乗りましょうよ。」って・・・。(苦笑)
いつもは、指宿近辺をプラプラ観光してから、指宿スカイライン~高速で鹿児島~福岡まで帰ってきてるんですけど、逝きも帰りも五木村経由は今回が初です。
ま、お付き合いして五木村の道の駅で休憩。
イメージ 6
何かお祭りでもやってたんですかね?
ヅラ被って、着物姿の小娘達が。
 
この時点で、日が暮れかかってます。
俺の方は、まだ余力あったけど、GSX-Rの若者がケツ痛と腰痛でくたばってます。(笑)
で、ポジションが楽なトライアンフと交換したら?と提案。
長めの休憩後に彼らは、バイク交換してスタート。
 
が、準備して待ってると、トライアンフがNGサイン。
バイク降りて、見に行くとキーONにしてもメーターに何の表示もされてない・・・。
メインヒューズ飛んだかなと思って、メインヒューズ確認するも異常なし。
 
で、試しにGSX-Rのバッテリーと交換してみる事に。
見事復活しました。
で、トラインフのダメバッテリーをGSX-Rに交換して繋ぐと、こちらもOK???
多分、バッテリーの電圧が規定値より低下したらインターロックが、かかるようになってると思います。
でも何はともあれ良かった、夕暮れ前で、これからロングワインディングですよ。(苦笑)
GSX-Rとストリートトリプルは、バッテリー容量が一緒で、形状も全く同じでした。
V-MAXのバッテリーは、道中で外す気にはなれんよね?(笑)
 
トラブルあったんで、バイク交換は止めて、それぞれのバイクで帰路につきました。
五木村の逆ルートは今回初めてだったけど、こちらからも面白いですね。
峠下った所で、給油&コンビニで休憩、解散です。
イメージ 3
いや~、楽しかったけど、疲れたぁ・・・。
 
ココ御船からは、高速ですが、彼ら2人は久留米だし、高速はそれぞれ速度域が違いますからね。
俺は、早く帰りたいんで、ココでお別れです。
予想はしてたけど、3連休の最終日なんで、高速は途中から激混みでした・・・。
もう既に日が暮れてますけど、高速でのすり抜けは気ぃ使いますね。
途中から、車は完全停車です。
 
大宰府インターで高速降りて、無事帰宅でした。
バイクが火山灰だらけになってるんで、洗車してエアクリーナー清掃しておきたかったんですけど、真っ暗で、且つそんな余力無しです。
汚いままカバー掛けて、シャワー浴びて、とっとと寝ました。
翌日の仕事は、筋肉痛でした・・・、もう年やね。(苦笑)

10月13日~14日で一泊ツーに行ってきました。
行先は、タイトルの通り、鹿児島の指宿ね。今回のお伴はV-MAX.。
 
どうせ、誰も来んだろうと、活動休止中のウチの板にスレ立てときました。
案の定、不参加のレスだけ・・・。
ま、放置じゃなくて不参加表明してくれるだけで良いっかと思ってたけど、仕事中に携帯に電話があり、2名参加との事でした。(俺入れて3名ね。)
半ば、諦めてたけど、企画者なんで逝く事にしました。
 
当日の天候は、バイク乗るんだったら今でしょっ!!てな感じの最高のツー日和。
最高気温が、26℃で例年のこの時期にしては、かなり高目です。
皮ジャンにすっかな~とも思いましたが、ロンT1枚にメッシュジャケットにインナー付けた状態で出発です。
集合場所は、高速 広川のSAに8時。
自宅出てから、チト肌寒いなぁ~と、大宰府インターから高速ですけど、高速乗った途端に、こりゃ完全にウェア選択間違えたなと・・・。(苦笑)
寒くて、速度上げる気になれん・・・。
で、チンタラポンタラと広川に到着。
寒いんで、ホットコーシーで体を温めます。
 
ようやく体が温まった所で、2名到着で出発です。
熊本の御船インターで高速を降ります。
 
高速降りたトコのコンビニで休憩中。
イメージ 1
V-MAX、トライアンフ ストリートトリプル、GSX-R
 
イメージ 2
ココでトライアンフのインプレを。
中々、カッチョイイ~と思います。
今回、この人間が、買い換えたんで、ツー企画したんです。
3発並列エンジンって、どんなんかいな?と道中、交換して試乗しました。
ちょっとスロットル捻っただけで、タコメーターが跳ね上がります、高回転型のエンジンですな。
車重も軽いんで、2速でガバっと開けると簡単にウィリーしそうになります・・・。(苦笑)
ただ、トルクは無いかな?適正ギヤじゃないと付いてこない。
あと、アップマフラーで、オーバーのスリップオンなんで、低速で走ると音が煩わしいかな?、回すと気にならない感じ。
これって、デイトナと同じエンジンで、フレームも一緒なんですよね。
ギヤ比は違うだろうけど、要するにデイトナのネイキッドバージョンなんだろうと思います。
これはこのバイクに限った事では無いだろうけど、最近のバイクって、重心が高いですね。
特にレプリカがそうだけど、自分世代のレプリカって重心がもっと低かったはずです。
何か、オフ車に乗ってるような感覚になってしまって、安心してバイクの内側に体を入れる事が出来ません。(リーンインね。)
コンパクトなのは良いけど、お尻が凄く上がってるでしょ?最近のバイクって。
一度は、レプリカ乗ってみたいなと思ってたけど、ロードバイクで重心が高いのは、俺はダメですね。
 
ツーに話を戻しますね。
ココから五木村までが、超気持ちの良いロングワインディングルートです。
路面は荒れてるし、速く走らせる事はできんけど、九州内のワインディングで、俺はココが一番好きですね。
頂上近辺は、ヘアピンの連続で、切り返し切り返しといったV-MAXが苦手な道のりとなります。
で、この辺りで猛烈に小便がしたくなってまして・・・。
と、後ろからバイクの排気音。
途中で停車してた連中ですね。
かなり前に抜いてきたはずだけど、凄い勢いで追いついてきたモンだ。(笑)
道を譲るまでもなく、サクっと抜いて逝かれました。
アっと言う間に見えなくなる・・・。
ココで、小便我慢しきれずに途中停車です。
ヘルメッコ被ったままで、用を足してると、後続車が続々と抜いて逝きます、15台前後のグループでしたかね?
 
オチッコ終わってから、走りだすと先頭のストリートトリプルが引き返してきました。(笑)
俺が、こけたと思ったみたいですね。
で、走ってると先ほどの中盤グループに 追いつきました。
速度から、てっきり地元民かなと思ってましたが、大分ナンバーでした。
先行者の速い3台は、全く見えません。
ココからしばらく走って、ようやく五木村の道の駅へと到着です。
 
いや~、ココはいつ来ても気持ちが良いです。
しっかし、ココでバイクがこんなに多いのは初めてだったかな?
 
ココからは、霧島を目指します。
霧島は、東北大震災の前に噴火して、この辺りも火山灰で大変だったようですね。
噴火以降来るのは、初めてです。
で、ココでいつも入る温泉(新燃荘の白濁露天風呂)に逝きましたが、復旧してました。
火山灰で埋まっているのを当時ニュースで見たけど、以前どおりでしたね。
俺は、入る気満々でしたが、他の2名がお疲れモードです。
この時点で14時、ココから指宿までは、まだ距離が相当にあります。
入浴は止めて、先を急ぐ事にしました。
 
霧島から、鹿児島市へと下っている最中に桜島からモクモクと大量に噴煙が・・・。
登って来る対向車の中の何台かは、真っ白・・・。
 
霧島下った所の鹿児島空港からは、高速で指宿を目指します。
鹿児島空港IC~指宿スカイラインね。
鹿児島空港前のスタンドで給油&コンビニで休憩です。
イメージ 3
ココで、情報収集。
どうやら、今回の桜島の噴火は、かなりの量みたいです。
で、噴煙はこれから向かう先の指宿へと続いてる模様・・・。
 
ま、気にしてもしょうがないんで、ココから高速に乗って指宿を目指しました。
いや~、凄かったですな~。
走行中に大量に火山灰を浴びましたよ・・・。(苦笑)
車が巻き上げる灰も凄かったけど、途中は霧のようで視界が効かん。
たまにニュースで見ますけど、強烈でしたね、目は痛いし・・・。
 
逝きのルートで楽しみにしてたのが、前出しの五木村のロングワインディングルート、それと今向かっている指宿スカイラインでした。
アスファルトに積もった火山灰が、滑るのかどうかの予備知識が全く無いので、折角の有料ワインディングルートでしたが、怖々で楽しむ余裕は無かったです。(苦笑)
中盤域を過ぎると、ようやく路面は通常モードへと。
指宿スカイラインは、いつも通り各自フリー走行なんで、トライアンフは遥か彼方へ。
GSX-Rと自分が少し遅れて合流です。
ところで、指宿スカイラインですけど、今回は途中から、全面通行止めとなっていて、かつて特攻隊の基地だった知覧ICで強制的に降りる事に・・・。
仕方ないんで、ココからは下道で、指宿の温泉街を目指します。
 
日暮れが早くなってますね。
温泉街到着したのは、18時前だったけど、もう薄暗いです。
 
さて、砂蒸し風呂の砂楽にバイクを停車してから、宿探しです。
2名は俺より相当に若輩者だけど、企画者が俺なんで、宿探しは自分の役目です・・・。
ま、それも楽しいんですけどね。
ソロで2回、ココの集まりで3回、指宿の温泉街には泊まってるんで、大体の目星は付いてます。
4~5年振りに来ましたけど、以前に増して寂れてますね。
でも、この寂れ具合が良いんですよ、指宿は俺の大好きな温泉街です。
雰囲気も良いですね。
 
何件か当たって、素泊まり2700円の宿を確保できました。
宿代よっか、飲み代の方が高くつくわな・・・。(笑)
飛び込みで入った割には、ココの宿は良かったですよ。
屋根付きのバイク駐輪スペースもあったしね。
 
初日、締めくくりの砂蒸し温泉で、疲れを癒しに行きました。
砂蒸し風呂って、疲れが飛びますね。
朝から晩まで、殆ど走りっぱなしだったんで、首、肩、腰が筋肉痛だったけど、元気になりましたよ。
いつも行ってる居酒屋で夕食です。
30代前半の2名のバカ者(若者)達が、全然元気がありまへん・・・。
生2杯、焼酎ロック2杯で撃沈しとります。(笑)
「もう、帰って寝ましょうよ。」って・・・。
「まだ、これからなんじゃ~!!、このバカタレがぁ~!!」って、何で40代の俺がこんなに元気が良いのさ?(笑)
仕方ないんで、帰って寝る事にしましたが、俺はちっとも飲み足りないんで、買い出しに逝く事に。
でもお店が閉まってる・・・。
先に買い出し行っとくベキやったね。
第二部へと続く。

↑このページのトップヘ